- 国内最大の総合テニス専門サイト テニス365 - 錦織圭、フェデラー、ナダル、ジョコビッチなどテニスニュース満載。全豪オープン、ウィンブルドン、全仏オープン、全米オープンなどテニス大会特集も!

- 国内最大の総合テニス専門サイト -

HOMEニュースTOP今日のニュース(一覧)今日のニュース(詳細)

ツォンガが決勝進出、フェデラーと対決◇ATPツアー・ファイナル

男子テニスツアー最終戦であるATPワールドツアー・ファイナル(英国/ロンドン、賞金総額507万ドル、ハード)は大会7日目の26日、シングルス準決勝が行われ、JW・ツォンガ(フランス)T・ベルディフ(チェコ共和国)に6-3, 7-5のストレートで勝利、決勝に進出した。

自身初となるツアー最終戦での決勝進出を果たしたツォンガは、R・フェデラー(スイス)とタイトルを争うこととなった。フェデラーはこの日、D・フェレール(スペイン)を7-5, 6-3で下し、キャリア通算100度目となる決勝進出を決めている。

「本当に緊張していたので、良い勝利です。」とツォンガ。「良いテニスではありませんでしたが、勝ちました。これが、このスポーツの目標です。だから、決勝に進出できて満足しています。」

今大会のラウンドロビンではフェデラーにフルセット負けを喫しているツォンガは「ロジャーとの試合はいつでもエキサイティングです。初めての決勝なので、とても特別なものになるでしょう。コートは素晴らしい雰囲気になるでしょうし、そういうのは好きです。ロジャーのことはとても尊敬していますし、自分のベストでプレーするでしょう。」と意気込みを語っている。

ラウンドロビンを2勝1敗で勝ち抜けていたツォンガは、第1セット第6ゲームでブレークに成功して4−2とリードを奪うと、そのリードを守りきりセットを先取する。

第2セットに入ってもツォンガの勢いは止まらず、第7ゲームでブレーク、4−3とリードを奪う。しかしベルディフはすぐさま第8ゲームでブレークバックに成功、ゲームカウント4−4に追いつく。

ゲームカウント5−5で迎えた第11ゲーム、ベルディフはネットプレーなども織り交ぜながらポイントを奪おうとするが、ここでツォンガがこのセット2度目のブレークに成功する。続く第12ゲーム、40−15とマッチポイントを迎えたツォンガが、この日7本目となるサービスエースを決めてゲームセット、決勝進出を決めた。

「彼は本当に堅実なプレーだったし、サーブも良かった。」とベルディフ。「彼は全くチャンスをくれませんでした。第1セットであったブレークチャンスを生かしていれば、展開は違ったかもしれません。今週は素晴らしい経験でした。ここに戻ってくるために、また頑張ります。」

この日の試合で30本もの凡ミスを犯しているベルディフは、今シーズンを53勝22敗で終えた。またベルディフは、1992年のP・コルダ(チェコ共和国)以来となるチェコ勢として2年連続トップ10でシーズンを終えることとなる。

(2011年11月27日13時18分)

ウインザーラケットショップ



テニスの総合ポータルサイトテニス365
テニスのことならテニス365へ。テニスの総合ポータルサイトテニス365はテニス用品の通販やテニスニュースからテニスコート、テニススクールなどのテニス施設を探す方まで、便利なテニスの総合ポータルサイト、テニス情報の検索サイトです。プレイスタイルやテニス歴など、テニス用品を様々な角度から探すこともできます。テニスの総合ポータルサイトをお探しなら、テニスニュースやテニス施設の情報が豊富なテニスの総合ポータルサイトのテニス365をお使いください。テニスの総合ポータルサイトのテニス365であなたのテニスをもっと楽しく!