- 国内最大の総合テニス専門サイト テニス365 - 錦織圭、フェデラー、ナダル、ジョコビッチなどテニスニュース満載。全豪オープン、ウィンブルドン、全仏オープン、全米オープンなどテニス大会特集も!

- 国内最大の総合テニス専門サイト -

HOMEニュースTOP今日のニュース(一覧)今日のニュース(詳細)

セリーナが復帰後初のビッグタイトル◇ロジャーズ・カップ

女子テニスツアーのロジャーズ・カップ(カナダ/トロント、賞金総額205万ドル、ハード)は日曜日に決勝戦を行い、足の怪我や肺血栓からの復帰途上にあるS・ウィリアムズ(アメリカ)が第10シードのS・ストザー(オーストラリア)を6-4, 6-2のストレートで下し、見事、復帰後初となるビッグタイトルと優勝賞金36万ドルを獲得した。

トップ20の選手全員が参加した今大会で優勝したのは、現在世界ランクが80位にまで落ちてしまっている元世界女王のセリーナだった。セリーナは1年ほど休養した後、今季の芝のシーズンからWTAツアーに復帰。そして復帰第3戦となる2週間前に出場したスタンフォード大会で復活優勝を飾っている。

今週のセリーナは3回戦の鄭潔(中国)戦、そして準々決勝のL・サファロバ(チェコ共和国)戦で第1セットを落としていたが、いずれもその後は2セットを連取する逆転で勝利し、難関を乗り越えていた。

決勝では4−4からの第9ゲーム、ストザーのサービスゲームが試合の鍵となった。セリーナは目の覚めるようなバックハンドのダウンザラインでブレークポイントを奪うと、ブレークポイントではフォアハンドのボレーを決めてブレークに成功、そのまま5−4とリードする。その後、第10ゲームをしっかり締めたセリーナは、第1セットを6−4で先取する。

勢いに乗ったセリーナは第2セットも5−1と大きくリードする。第7ゲームはストザーが何とか奪うものの、第8ゲームのセリーナは合計4本のサービスエースを叩き出し、試合に幕を下ろした。

セリーナは試合後、コート上のインタビューでカムバックがうまく行っていることについて聞かれ「本当に興奮しています。こんなにいいプレーができるとは思っていませんでした。」と答えた。「テニスを再びプレーすることができて本当にうれしいです。まして優勝はなおさらうれしいです。最高です。」

セリーナが今大会で優勝したのは2度目のことで、初優勝は10年前の2001年のこと。その際は決勝でJ・カプリアティ(アメリカ)を下してのトロフィー獲得だった。

ちなみに当時のトロフィーは現在のものと異なっており、それについてセリーナは「ずっとこの新しいトロフィーを持ちあげたいと思っていました。とてもかわいいトロフィーです。」と話している。

今回の優勝でセリーナはツアー39勝目を決めた。この数字は現役選手の中では第3位に位置し、1位は姉のV・ウィリアムズ(アメリカ)で43タイトル、2位はK・クレイステルス(ベルギー)の41タイトルとなっている。

これで月曜日に発表される最新の世界ランキングでセリーナは30位台りに大きくジャンプアップする見込みだ。

一方、敗れたストザーはこれでツアー決勝での戦績を2勝9敗とした。大舞台での弱さを再び露呈してしまったストザーだが、最新の世界ランクではトップ10への返り咲きを決めている。ストザーは今週、2010年4月以来初めてトップ10から脱落していたが、今大会の活躍で早々と復帰を決めた。

(2011年8月15日9時15分)

その他のニュース

7月20日

ガスケ 激闘の末に4強ならず (10時48分)

イズナー 逆転で5度目の4強 (10時08分)

7月19日

全米賞金GS史上最高額に (15時19分)

第1シードは2回戦で敗退 (12時31分)

世界121位に苦戦もガスケ8強 (11時15分)

ニューポートは雨で順延 (11時00分)

地元チョリッチは初戦敗退 (7時08分)

7月18日

ジョコ 初Vハレプを称賛 (21時56分)

元世界4位ガルシア 8強逃す (21時40分)

「毎試合良くなっている」 (20時52分)

フォニーニ 体調不良で途中棄権 (19時57分)

HEAD GRAVITY販売 (17時30分)

大坂ら 全米OP出場予定選手 (17時01分)

好調の21歳アンベール 8強へ (15時59分)

内山 綿貫破りCH初戦突破 (15時09分)

松井俊英が現役最年長ランクイン (12時39分)

ティームら ハンブルグ出場一覧 (11時06分)

同国対決制し8強 ベルダスコ撃破 (9時11分)

イズナー 25本エースで初戦突破 (7時36分)

7月17日

ゲルゲス 手首負傷で途中棄権 (21時29分)

3時間の死闘の末に逆転勝ち (20時19分)

大坂なおみ「自分が幸運」 (18時58分)

守屋、綿貫がCH初戦突破 (17時09分)

ダニエル太郎 初の2回戦ならず (15時44分)

「とても興奮」シード撃破で16強 (13時13分)

大坂 最終戦ランク6位に後退 (11時12分)

イズナー「長い間動けなかった」 (9時25分)

23歳ジャリー 初戦突破で16強 (7時53分)

←ニューストップへ
←前のページに戻る



テニスの総合ポータルサイトテニス365
テニスのことならテニス365へ。テニスの総合ポータルサイトテニス365はテニス用品の通販やテニスニュースからテニスコート、テニススクールなどのテニス施設を探す方まで、便利なテニスの総合ポータルサイト、テニス情報の検索サイトです。プレイスタイルやテニス歴など、テニス用品を様々な角度から探すこともできます。テニスの総合ポータルサイトをお探しなら、テニスニュースやテニス施設の情報が豊富なテニスの総合ポータルサイトのテニス365をお使いください。テニスの総合ポータルサイトのテニス365であなたのテニスをもっと楽しく!