- 国内最大の総合テニス専門サイト テニス365 - 錦織圭、フェデラー、ナダル、ジョコビッチなどテニスニュース満載。全豪オープン、ウィンブルドン、全仏オープン、全米オープンなどテニス大会特集も!

- 国内最大の総合テニス専門サイト -

HOMEニュースTOP今日のニュース(一覧)今日のニュース(詳細)

クレイステルスが最優秀選手賞を受賞

女子プロテニス協会(WTA)は水曜日、2010年の主な受賞者を発表し、最優秀選手賞には2005年に続き2度目の受賞となるK・クレイステルス(ベルギー)が選ばれたことを伝えた。27歳のクレイステルスは昨年、結婚と出産を挟み8月に現役復帰を果たし、今年はUSオープンを含め5大会で優勝を飾る活躍を見せていた。

加えて、今季獲得ポイントの上位8選手しか出場できないツアー最終戦である『WTAチャンピオンシップス』で優勝を飾りシーズンを締めくくったクレイステルスは、女子プロテニス選手会やその他の取り組みを通じて、ツアーで戦う選手達へ最も貢献するなど、オフコートでの活動を称えて与えられるプレーヤー・サービス賞も受賞した。

「復帰からわずか1年で、最優秀選手賞と言う名誉ある賞を受賞でき、本当に光栄に思います。こんなに早く受賞できるとは思ってもいませんでしたし、その知らせを聞いた時は驚きで興奮しました。他の選手達から選ばれるプレーヤー・サービス賞をいただけたことは、自分にとってとても意味のあるものです。なぜなら、常に他の選手達との交流を大切にして来たからです。今年は数多くの新しい選手と知り合い、そのほとんどの選手が娘のジェイダへとても好意的な態度を示してもくれました。そんな選手達やメディアへ感謝の意を表したいし、来年オーストラリアで再会することを楽しみにしています。」と喜びを語った。

その他、各賞の受賞者は以下の通り。

最優秀ダブルス賞にはG・ドゥルコ(アルゼンチン)F・ペネッタ(イタリア)の二人が受賞した。両者は、今季獲得ポイントの上位4ペアしか出場できないツアー最終戦でも見事な優勝を飾ってシーズンを終え、今季のペア・ランキングも1位と7大会で優勝を飾る活躍を見せた。今季序盤では、プレミア大会であるマイアミ、シュトゥットガルト、ローマの3大会連続優勝を飾り、続くマドリッドでも準優勝するなど、17試合連続勝利を記録する活躍だった。後半でもバスタード、モントリオール、モスクワでもタイトルを獲得していた。

新人賞にはP・クヴィトバ(チェコ共和国)が選ばれた。彼女はウィンブルドンでV・アザレンカ(ベラルーシ)C・ウォズニアキ(デンマーク)を下して自身初となるグランドスラムのベスト4進出を果たし、その後発表になった世界ランキングでトップ30入りを果たしていた。

カムバック賞はクレイステルスの同胞であるJ・エナン(ベルギー)が受賞した。復帰戦となった開幕戦のブリスベン大会では、マッチポイントを握るもののクレイステルスにファイナルセットのタイブレークで敗れたが準優勝、復帰後初めて出場したグランドスラムである全豪オープンでも決勝の舞台へ勝ち上がっていた。その後、シュトゥットガルト、シュヘルトヘンボッシュと2大会で優勝を飾った。ウィンブルドンの4回戦で痛めた右肘のため、その後はツアー離脱を余儀なくされたにも関わらず、世界ランク12位でシーズンを終えた。

スポーツマンシップ賞には10月に引退を表明したE・デメンティエワ(ロシア)に贈られた。この賞は、その選手の態度や行動、試合に対して最もフェア・プレーをしていたと思われる選手に贈られるもので、デメンティエワはこれが2度目の受賞となった。

ヒューマニタリアン賞はM・シャラポワ(ロシア)が受賞した。シャラポワは国連親善大使を務めており、今年はチェルノブイリを訪れ、1986年に起きた原子力発電所の事故の影響を受ける児童と多くの時間を過ごし、25万ドルの寄付を国連開発計画へ誓った。シャラポワはこの賞以外にも、最も好かれる選手賞のシングルス部門や最もファッショナブルな選手に贈られるファッショナブル賞も受賞している。

WTAツアーの選手達が選ぶ最も好きな大会には、プレミア大会ではシュトゥットガルトが、インターナショナル大会ではパタヤ・シティが選出された。

最優秀選手賞、最優秀ダブルス賞、カムバック賞などは、世界中のメディアから選ばれた。最も好きな大会、スポーツマンシップ賞、プレーヤー・サービス賞は、ツアーに参加している選手達から選ばれている。

(2010年12月2日10時08分)

その他のニュース

2月17日

【速報中】錦織vsワウリンカ (3時37分)

2月16日

大坂らドバイ組み合わせ発表 (22時14分)

錦織らABNアムロ4強出揃う (22時09分)

4本MPしのぎ3時間死闘制す (21時23分)

ワウリンカ4強、錦織戦へ (20時24分)

錦織vsワウリンカ 対戦一覧 (15時49分)

錦織 ワウリンカは「素晴らしい」 (12時05分)

錦織4強「完璧プレーできた」 (9時58分)

錦織 フェデラー抜き6位が確定 (7時54分)

錦織 快勝でロッテルダム4強 (6時48分)

ハレプ「幸せ」5年ぶり決勝へ (6時33分)

【1ポイント速報】錦織vsフチョビッチ (5時21分)

ワウリンカ 4年ぶり4強へ (5時15分)

メドヴェデフ、ツォンガ破り4強 (1時28分)

中学生チャレンジジュニア 開催 (0時46分)

圧勝モンフィス 4強入り (0時14分)

2月15日

ティーム8強 フェレール敗退 (19時47分)

錦織らABNアムロ8強出揃う (18時03分)

「誤報」と米メディアに怒り (16時42分)

全豪8強ティアフォー初戦敗退 (15時41分)

大坂、新体制でドバイに挑む (13時10分)

デ杯 日本は仏とセルビアの組 (11時41分)

錦織8強「かなりよかった」 (7時01分)

錦織 次戦は世界38位と初対戦 (6時40分)

錦織8強、元世界10位撃破 (4時57分)

【1ポイント速報】錦織vsガルビス (1時57分)

ケルバー 序盤苦戦も4強入り (1時55分)

メドヴェデフ 2年連続8強入り (0時10分)

2月14日

8強ズムル 次戦モンフィス (21時36分)

27本エースで今季初勝利 (16時24分)

シャラポワ 右肩負傷で欠場 (15時14分)

37本エース放つも初戦敗退 (11時46分)

錦織圭、池江璃花子にエール (10時49分)

ワウリンカ、ラオニッチ下し8強 (5時36分)

ハレプ8強「今日は良い日」 (4時32分)

【1ポイント速報】ラオニッチvsワウリンカ (3時15分)

20歳チチパス 初戦で姿消す (2時52分)

快勝ツォンガ 5度目の2回戦へ (0時46分)

←ニューストップへ
←前のページに戻る



テニスの総合ポータルサイトテニス365
テニスのことならテニス365へ。テニスの総合ポータルサイトテニス365はテニス用品の通販やテニスニュースからテニスコート、テニススクールなどのテニス施設を探す方まで、便利なテニスの総合ポータルサイト、テニス情報の検索サイトです。プレイスタイルやテニス歴など、テニス用品を様々な角度から探すこともできます。テニスの総合ポータルサイトをお探しなら、テニスニュースやテニス施設の情報が豊富なテニスの総合ポータルサイトのテニス365をお使いください。テニスの総合ポータルサイトのテニス365であなたのテニスをもっと楽しく!