- 国内最大の総合テニス専門サイト テニス365 - 錦織圭、フェデラー、ナダル、ジョコビッチなどテニスニュース満載。全豪オープン、ウィンブルドン、全仏オープン、全米オープンなどテニス大会特集も!

- 国内最大の総合テニス専門サイト -

HOMEニュースTOP今日のニュース(一覧)今日のニュース(詳細)

元世界ランク3位のデメンティエワが引退◇WTAツアー

女子テニスの世界ランク9位で、現在開催されているWTAチャンピオンシップスにも出場中のE・デメンティエワ(ロシア)が、突如、現役からの引退を発表。29日に行われた試合後のコートで、引退セレモニーが執り行われた。

29歳でその12年のキャリアに幕を下すデメンティエワは、これまでに16個のツアータイトルを獲得し、2度のグランドスラム決勝進出を果たしている。

セレモニーに集まったライバル達に向かってデメンティエワは「とても感情的になっています。さよならを言うのは辛いです。みんなに会えなくて、寂しくなるでしょう。」と別れを告げた。

さらにデメンティエワは、いつも観客席から彼女を見守っていた母親のベラさんに対し「母はとても協力的で、いつも励ましてくれました。彼女にも感謝しています。愛しているわ、ママ。」と感謝の意を述べた。

セレモニーに参加した選手達は、こぞってデメンティエワこそ本当のプロフェッショナルだったと、その功績を称えた。

元世界ランク1位で、今季のUSオープン女王であるK・クレイステルス(ベルギー)は「彼女は、私がジュニアの頃から対戦を繰り返し、一緒に成長してきた選手の一人です。彼女が新しい人生に向けて前進することは、良いことです。彼女はこれまで、最もプロフェッショナルな一人でしたし、コートでも素晴らしい人でした。」と、別れを惜しんだ。

また母国ロシアの後輩であるV・ズヴォナレーワ(ロシア)は「エレーナは素晴らしい選手でしたし、ロシアの若者に多くのインスピレーションを与えてきました。彼女こそお手本でしたし、私も彼女に憧れていました。彼女はこんなにも素晴らしい実績を残しましたし、国中が惜しむことでしょう。」と、最大級の賛辞を送った。

デメンティエワは、自身でもっとも印象深い勝利として2008年の北京オリンピックを挙げている。その大会でデメンティエワは、S・ウィリアムズ(アメリカ)、ズヴォナレーワ、そしてD・サフィーナ(ロシア)を下して金メダルを獲得している。

またデメンティエワは、2004年の全仏オープン決勝でA・ミスキナ(ロシア)と史上初となるロシア勢同士のグランドスラム決勝を戦ったほか、翌年のUSオープン決勝でもS・クズネツォワ(ロシア)とロシア勢対決を行っている。しかし、A・モレスモ(フランス)J・カプリアティ(アメリカ)から劇的な勝利を収めて決勝に進出しつつも、どちらも準優勝に終わっている。

さらにデメンティエワは、今年のウィンブルドンを欠場するまで46大会連続でグランドスラムに出場していた。

1998年にプロデビューを果たしていたデメンティエワは今季、シドニーとパリでタイトルを獲得しており、9月に行われた東レ・パン・パシフィック・オープンでも決勝に進出していた。

2003年からはトップ20をキープし続け、昨年は自己最高となる世界ランク3位になっていたデメンティエワは、生涯成績576勝273敗と、この8年間で7度目となる年度末トップ10という記録を残し、コートを去った。

(2010年10月30日9時19分)

その他のニュース

8月22日

錦織ら全米OPシード発表 (7時35分)

大坂ら全米OPシード順一覧 (7時18分)

内山靖崇 全米OP本戦へ王手 (7時02分)

8月21日

錦織 ジョコら楽天出場一覧 (20時15分)

ティアフォー相手棄権 3回戦へ (16時04分)

3カ月でコーチ契約解消へ (14時20分)

シャポバロフ「会心の勝利」 (14時16分)

ジョコら全米OP会場で練習 (11時57分)

ダニエル太郎ら予選1回戦敗退 (11時54分)

日比野 逆転で予選2回戦へ (11時51分)

元世界8位 今季限りで引退へ (11時45分)

松岡修造、全米OPを語る (10時54分)

ベルディヒ 復帰戦は2回戦敗退 (8時27分)

8月20日

チョン 全米OP予選2回戦へ (18時09分)

インカレ 単複決勝の結果一覧 (17時07分)

マレー 2週連続の初戦敗退 (16時29分)

フェデラーら全米会場で練習 (14時55分)

錦織 最終戦ランクは8位 (11時19分)

清水綾乃 全米OP予選2回戦へ (11時15分)

杉田ら全米OP予選2回戦へ (8時51分)

8月19日

インカレ 今村と山尾が決勝へ (21時56分)

インカレ 佐藤南帆が単複決勝へ (21時34分)

メドヴェデフ 初のトップ5へ (19時16分)

錦織7位 西岡は59位へ浮上 (16時45分)

西岡59位へ 自己最高目前 (15時21分)

テニス365とウインザーが提携 (15時13分)

キーズV トップ10返り咲き (14時46分)

大坂1位 全米は第1シード (13時29分)

メドヴェデフ「最高の1週間」 (12時01分)

錦織 世界ランク7位へ後退 (11時13分)

メドヴェデフ マスターズ初V (7時29分)

←ニューストップへ
←前のページに戻る



テニスの総合ポータルサイトテニス365
テニスのことならテニス365へ。テニスの総合ポータルサイトテニス365はテニス用品の通販やテニスニュースからテニスコート、テニススクールなどのテニス施設を探す方まで、便利なテニスの総合ポータルサイト、テニス情報の検索サイトです。プレイスタイルやテニス歴など、テニス用品を様々な角度から探すこともできます。テニスの総合ポータルサイトをお探しなら、テニスニュースやテニス施設の情報が豊富なテニスの総合ポータルサイトのテニス365をお使いください。テニスの総合ポータルサイトのテニス365であなたのテニスをもっと楽しく!