- 国内最大の総合テニス専門サイト テニス365 - 錦織圭、フェデラー、ナダル、ジョコビッチなどテニスニュース満載。全豪オープン、ウィンブルドン、全仏オープン、全米オープンなどテニス大会特集も!

- 国内最大の総合テニス専門サイト -

HOMEニュースTOP今日のニュース(一覧)今日のニュース(詳細)

ガルビスがフェデラー破る波乱◇BNLイタリア国際男子

男子テニスツアーのマスターズ1000シリーズであるBNLイタリア国際男子(イタリア/ローマ、賞金総額275万ユーロ、クレー)は27日、シングルス2回戦4試合が行われ、ノーシードのE・ガルビス(ラトビア)が第1シードのR・フェデラー(スイス)に2-6, 6-1, 7-5の逆転で勝利する大波乱が起きた。

世界ランク40位のガルビスに敗戦を喫したフェデラーは、5月23日に開幕する全仏オープン前に、エストリルとマドリッドの大会に出場する予定となっている。

「ここから立ち直れることを願っているよ。いつも負けた後にしていることなんだ。時々、次の大会にむけて目覚めて奮起するために敗戦が必要な時もある。いつも勝っている時は、それがどれだけ大変なことか忘れてしまう。それが今日の敗戦にもそれほど心配していない理由だよ。」とフェデラー。

一方、大金星となったガルビスは「英語では言い表せない。とても説明できないよ。」と喜びよりも驚きが大きい模様だった。

この日の試合は、フェデラーにとっておよそ1ヶ月ぶりとなるシングルスの試合であった。フェデラーは3月下旬に行われたソニー・エリクソン・オープン4回戦で敗れた後、1ヶ月ほどの休養していた。

フェデラーはこの日、ガルビスの73%に対し56%の確率でしか第1サーブを決められず、第3セットでは単調なミスが続いた。

「明らかにスピード不足だった。サーブが全く効果的ではなかったね。クレーでは感覚を失うことがあるんだ。4分の3くらいのスピードで打とうとしても駄目だった。だから、とりあえず頑張ってみて取り返せたら良いなと思っていたけど、出来なかったよ。」と、フェデラーは自身の調子について分析した。

マッチポイントでダブルフォルトを犯すなどしたガルビスであったが、7本目でようやく王者から勝利を手にすることができた。「サーブを入れることすら出来なかった。震えていたし、何をすれば良いか分からなかったんだ。怖かったよ。」

まさかの敗戦を喫したフェデラーであるが、今大会はY・アレグロ(スイス)とのペアでダブルスにもエントリーしており、2回戦で第6シードのS・アスペリン(スウェーデン)/P・ハンリー(オーストラリア)組と対戦する予定となっている。「今日のことを忘れる良いチャンスだし、前に進めると思う。」

試合途中で軽く雨が降り出したものの、そのことについてフェデラーは「序盤は良かったし、昨年の全仏オープン決勝のようなコンディションだった。球足が遅くなるのは、早くポイントを決めたい選手にとっては良いことではないよね。」とコメントを残した。

ガルビスとフェデラーは今年1月のドーハ大会でも対戦しており、その時はフェデラーがフルセットで勝利を収めていた。その1ヵ月後のデルレイビーチ選手権で、ガルビスはキャリア初のツアー優勝を飾っている。

21歳のガルビスについてフェデラーは「彼はフォア、バックともに計り知れないパワーを持っているし、強力なサーブもある。彼には素晴らしい未来が待っているだろう。」と最大限の賛辞を送っていた。

昨年9月にコーチを変えていたガルビスは、「テニスにもっと集中して、仕事として捉えるようになったんだ。去年の僕はテニスを仕事ではなく、趣味のようにしていたし、システムを持っていなかった。」と昨年までを振り返った。

さらにガルビスは「以前だと3日間だけ練習して、2日間は友達と遊びに行ってしまうような生活だったんだ。まだテニスに熱中しているわけではないけど、前より良いシステムがある。僕のチームは完璧で、コーチ、フィットネスコーチ、そして父がいる。」と、技術向上の秘密を明らかにした。

この他の2回戦では、第2シードのN・ジョコビッチ(セルビア)がJ・シャーデを6-1, 6-1で一蹴しているほか、第4シードのA・マレー(英国)A・セッピ(イタリア)に6-2, 6-4で勝利、またV・ハネスク(ルーマニア)が第16シードのJ・モナコ(アルゼンチン)を7-6 (7-4), 6-4で下し、それぞれ3回戦に進出している。

この日に行われた1回戦の結果は以下の通り。

L・ヒューイット(オーストラリア) ○-× M・ヨージニ(ロシア) (9), 6-4, 4-6, 6-3
D・フェレール(スペイン) (13) ○-× E・コロレフ(ロシア), 6-4, 6-1
S・ボレッリ(イタリア) ○-× S・グロイル(ドイツ), 6-4, 6-1
F・ロペス(スペイン) ○-× B・ベッカー(ドイツ), 6-4, 6-3
S・ワウリンカ(スイス) ○-× J・メルツァー(オーストリア), 6-1, 6-2
N・アルマグロ(スペイン) ○-× L・クボット(ポーランド), 6-7 (3-7), 6-2, 6-3
V・トロイキ(セルビア) ○-× T・デ=バッカー(オランダ), 3-6, 6-1, 1-0, 途中棄権
T・ベルッチ(ブラジル) ○-× L・メイヤー(アルゼンチン), 6-4, 3-6, 6-1

今大会の優勝賞金は43万4000ユーロ。

(2010年4月28日12時37分)
その他のニュース

10月30日

全日本選手権 男女4強出揃う (16時18分)

第1シードのペール撃破で8強 (12時19分)

メドヴェデフ8強「うれしい」 (11時51分)

ロックダウンでパリは無観客 (10時54分)

ズベレフが父親に DVは否定 (7時55分)

ディミトロフ、チチパス撃破 (7時06分)

10月29日

杉田祐一 完敗で8強ならず (18時35分)

【1ポイント速報】杉田vsマナリノ (18時31分)

元王者ヒューイットが殿堂入りへ (16時58分)

14本エースでアンダーソン8強 (14時30分)

ベルダスコ 今季終了を発表 (13時40分)

ダニエル太郎 熱戦制し8強入り (12時04分)

チチパス 苦戦も逆転で勝利 (12時04分)

ジョコ8強 4本のSPしのぐ (7時44分)

錦織、今季終了を発表 (0時28分)

10月28日

約9カ月ぶりに大会8強入り (22時49分)

日比野 全日本選手権で初戦突破 (20時50分)

第2シードに快勝で8強入り (19時04分)

ジョコ「子どもは夢持つべき」 (19時03分)

ハチャノフ/ルブレフが勝利 (17時37分)

ワウリンカ 熱戦も初戦敗退 (15時00分)

ハチャノフ撃破で初戦を突破 (12時51分)

シード破り2回戦へ「タフ」 (12時05分)

今季終了と全豪OP欠場を発表 (10時53分)

「圭との戦いに準備していた」 (8時51分)

ジョコ 同胞に苦戦も初戦突破 (8時04分)

10月27日

錦織、右肩負傷で再び棄権 (23時40分)

ジョコとティームが練習 (23時21分)

ディミ/ワウリンカ組 初戦敗退 (21時01分)

杉田祐一 熱戦制し初戦突破 (20時07分)

全日本選手権が無観客で開幕 (18時02分)

元世界12位が第1子を妊娠 (16時38分)

杉田祐一 激闘制し本戦入り (16時33分)

ナダル ゴルフ大会は6位で終了 (14時52分)

ティアフォー 新大会初戦突破 (14時05分)

シャポバロフ撃破で初戦突破 (12時27分)

ダニエル太郎 独大会で初戦突破 (11時38分)

「厳しい戦い」とメドヴェデフ (10時23分)

完勝で2回戦へ「良いスタート」 (9時01分)

←ニューストップへ
←前のページに戻る
ウインザーラケットショップ

>>動画をもっと見る<<




テニスの総合ポータルサイトテニス365
テニスのことならテニス365へ。テニスの総合ポータルサイトテニス365はテニス用品の通販やテニスニュースからテニスコート、テニススクールなどのテニス施設を探す方まで、便利なテニスの総合ポータルサイト、テニス情報の検索サイトです。プレイスタイルやテニス歴など、テニス用品を様々な角度から探すこともできます。テニスの総合ポータルサイトをお探しなら、テニスニュースやテニス施設の情報が豊富なテニスの総合ポータルサイトのテニス365をお使いください。テニスの総合ポータルサイトのテニス365であなたのテニスをもっと楽しく!