- 国内最大の総合テニス専門サイト テニス365 - 錦織圭、フェデラー、ナダル、ジョコビッチなどテニスニュース満載。全豪オープン、ウィンブルドン、全仏オープン、全米オープンなどテニス大会特集も!

- 国内最大の総合テニス専門サイト -

HOMEニュースTOP今日のニュース(一覧)今日のニュース(詳細)

フェデラーが16度目のグランドスラム制覇◇全豪オープン

テニスのグランドスラムである全豪オープン(オーストラリア/メルボルン、ハード)は大会最終日の31日、男子シングルス決勝が行なわれ、第1シードのR・フェデラー(スイス)が第5シードのA・マレー(英国)を6-3, 6-4, 7-6 (13-11)のストレートで破り、通算16個目となるグランドスラムタイトルと共に、優勝賞金210万豪ドルを手に入れた。

昨年の決勝でフェデラーはR・ナダル(スペイン)とのフルセットの接戦の末に敗れ、当時P・サンプラス(アメリカ)が保持していたグランドスラム最多勝記録である14勝に並ぶチャンスを逃し、表彰式で涙を流していた。

しかし、その後の全仏オープンで初優勝を飾りサンプラスの記録に並ぶと共に生涯グランドスラムを達成すると、続くウィンブルドンでも優勝し歴代1位となるグランドスラム15勝目を獲得していた。さらにその後、双子の父親にもなっている。

今回の決勝では、1936年以来となる英国人チャンピオンになるチャンスを逃したマレーが無念の涙を飲むこととなった。

通算22度目となるグランドスラム決勝進出を果たし、メジャー16勝目をあげたフェデラーは、「似ている感じだよ。不意に全てが終わって、押し寄せてくるんだ。感情のローラーコースターさ。マッチポイントが終わったとき、“何てことだ、勝ったんだ。すごい。”って感じだったよ。」と、今回の優勝と昨年のウィンブルドンでの優勝を比較した。

一方のマレーは話し始める前に深く息を吸い込むと「まずは、おめでとうロジャー、あなたがテニスで達成したことは信じられないことです。今夜の彼は、僕よりとても優れたプレーをしていました。」と勝者を称えた。

続けてマレーは「出来るならば、いつかここに戻ってタイトルを取りたいです。この数週間、素晴らしいサポートを受けてきました。今夜は君達のために勝てなくてごめんよ、だけど」と言ったところで涙をこらえ切れず、「ありがとう」とだけ続けてスピーチを打ち切った。

このことについてマレーは「ロジャーのように泣く事はできるけど、彼のようにプレーできないから恥ずかしかったんだ。」と述べている。

そのときの観衆とフェデラーは、マレーの感情をしっかりと受け止めていた。「見るのも辛いことだけど、テニスのことを考える選手を見ることは好きだよ。とても良い事だよ。だから彼のために出来ることは、ベストを祈るだけなのさ。」

さらにフェデラーは「素晴らしい大会を良くやりました。君のプレーはファンタスティックでした。君はグランドスラムを勝ってない選手としては良すぎるから、心配することはないよ。」と、マレーにエールを送った。

また、この試合で46本のウィナーを決め、マレーに2度しかブレークを許さなかったフェデラーは「またここで勝てて、とても嬉しいよ。この2週間は、僕のキャリアの中でもベストのテニスが出来ました。」と大会を通して最高のパフォーマンスが出来たことを喜んだ。

第3セットのタイブレークで5本のセットポイントをしのいだフェデラーは、2本のマッチポイントを無駄にしたものの、3本目でマレーがバックハンドをネットにかけると、両腕を天に突き上げ喜びを表した。

フェデラーを相手に2セットダウンとなりながらも、マレーは第3セット第6ゲームでこの試合2度目となるブレークに成功すると、続く自らのサービスゲームをキープ、ゲームカウント5-2とリードしていた。しかし、そこからフェデラーに逆転を許し、2時間41分で力尽きていた。

「とても良い気分じゃないよ。試合の終わり方以上だと思う。明らかに感情的な終わりだったけどね。もしこれが、完敗に近かったらあんな風にはならなかっただろうね。だけど、僕には試合をひっくり返すチャンスがあった。それで感情的になったと思う。」

フェデラーは2008年のUSオープン決勝でも、マレーからストレート勝ちを収めていた。両者がグランドスラムで対戦するのは、今回が2度目のこと。

22歳のマレーは、ツアーでも数少ないフェデラーに勝ち越している選手の一人で、その通算戦績は6勝5敗でリードしているものの、直近の対戦では3連敗を喫している。

昨年のウィンブルドン後に父親になっているフェデラーは、USオープンで決勝に進出したものの、J・M・デル=ポトロ(アルゼンチン)に敗れており、父親としてグランドスラムを制するチャンスを逃していたが、今大会の優勝によりA・アガシ(アメリカ)以来となる父親としてのメジャー制覇となった。

「父親として最初のグランドスラム優勝は、とても特別なものです。」とチャンピオン・スピーチで語ったフェデラーを、妻であるミルカさんは笑顔でスタンドから見守っていた。

(2010年2月1日10時58分)
その他のニュース

4月22日

第1シードはシナー マドリッド組合せ決定 (19時35分)

西岡78位 ダニエル85位に (18時31分)

大坂なおみ 5つ下げて197位 (17時31分)

33歳で悲願達成「長い間待ってた」 (16時33分)

無免許ルバキナ、ポルシェの使い道は? (16時09分)

世界1位通算100週 史上9人目快挙  (12時15分)

初優勝から6年、2度目のツアーV (11時06分)

大坂なおみ 初戦は予選勝者 (9時25分)

ルード 悲願V、雪辱果たす (8時04分)

4月21日

33歳シュトルフがツアー初V (22時43分)

69分完勝で今季ツアー3度目V (21時49分)

ナダル「徐々に負荷を」マドリッドへ (19時03分)

今季2人目の単複制覇に王手 (18時06分)

クレー初決勝へ「本当に素晴らしい」 (17時01分)

アルカラス 史上初3連覇なるか (16時07分)

追い上げ許すも逃げ切り決勝へ (15時01分)

経験値UP&豪華景品付?!テニス365大会情報 (13時59分)

「完璧な試合」2連覇中のルーネ撃破 (13時20分)

あと1勝でポルシェ獲得も「免許ない」 (11時27分)

2週連続決勝進出、リベンジへ (10時09分)

最高の選手は3人「おそらく私と…」 (8時42分)

チチパス10連勝 2週連続V王手 (7時35分)

ジョコ 2年連続マドリッド欠場 (6時19分)

元世界1位ムグルサ 現役引退 (5時29分)

大激闘の末に3連覇阻止し決勝へ (0時09分)

【1ポイント速報】シフィオンテクvsルバキナ (0時00分)

4月20日

日比野ペア 逆転負けで決勝逃す (21時55分)

スコア操作&賭博、審判が永久追放 (18時35分)

17歳新星を撃破「現実離れしてた」 (17時23分)

ズベレフ「この天候では勝てない」 (16時26分)

高級リゾートで団体戦、非日常体験 (15時00分)

全チーム賞金獲得!団体戦が開催 (15時00分)

女王シフィオンテク 3連覇へあと2勝 (14時32分)

極寒の戦い制す、7度目の正直なるか (13時54分)

大坂なおみ以来の珍記録 (11時47分)

無敗記録を継続 3連覇へ前進 (10時34分)

世界3位撃破「信じられない結末」 (9時11分)

大苦戦チチパス、逆転勝ちで4強 (8時06分)

【動画】ルード 雪辱果たし悲願の優勝! (0時00分)

4月19日

ズベレフ 世界106位に敗れ4強逃す (22時55分)

先月負傷のマレー 練習再開 (21時19分)

ルバキナ 接戦制しクレー初戦白星 (18時58分)

西岡良仁、世界40位とバスケ対決 (17時58分)

わずか48分、母国大会で圧勝し8強 (17時13分)

弧を描く“バナナショット”披露 (15時34分)

世界1位 今季クレー初戦白星で8強へ (14時32分)

フェデラーも協力 新作テニスゲーム (13時53分)

島袋将 元世界31位ハリスに敗北 (12時21分)

【1ポイント速報】島袋将vsハリス (10時53分)

17歳フォンセカ、ツアー2度目の8強へ (10時16分)

デミノー撃破の19歳フィスが8強へ (8時35分)

ダニエル太郎 オジェに屈し8強ならず (7時19分)

【動画】ポルシェに乗り表彰式に登場したルバキナ (0時00分)

←ニューストップへ
←前のページに戻る
ウインザーラケットショップ

>>動画をもっと見る<<




テニスの総合ポータルサイトテニス365
テニスのことならテニス365へ。テニスの総合ポータルサイトテニス365はテニス用品の通販やテニスニュースからテニスコート、テニススクールなどのテニス施設を探す方まで、便利なテニスの総合ポータルサイト、テニス情報の検索サイトです。プレイスタイルやテニス歴など、テニス用品を様々な角度から探すこともできます。テニスの総合ポータルサイトをお探しなら、テニスニュースやテニス施設の情報が豊富なテニスの総合ポータルサイトのテニス365をお使いください。テニスの総合ポータルサイトのテニス365であなたのテニスをもっと楽しく!