- 国内最大の総合テニス専門サイト テニス365 - 錦織圭、フェデラー、ナダル、ジョコビッチなどテニスニュース満載。全豪オープン、ウィンブルドン、全仏オープン、全米オープンなどテニス大会特集も!

- 国内最大の総合テニス専門サイト -

HOMEニュースTOP今日のニュース(一覧)今日のニュース(詳細)

トップ2入りのマレーが今季5勝目◇ロジャーズ・マスターズ

男子テニスツアーのロジャーズ・マスターズ(カナダ/モントリオール、賞金総額300万ドル、ハード)は16日にシングルス決勝を行い、第3シードのA・マレー(英国)が第6シードのJ・M・デル=ポトロ(アルゼンチン)を6-7 (4-7), 7-6 (7-3), 6-1の逆転で退け、今季5度目の優勝を飾った。

前日の準決勝を勝ち上がると同時に、17日発表の最新ランキングで自己最高の世界2位へと上がることが決まっていたマレーは「大会で優勝することは大好きさ。どの選手も同じだと思う。世界2位になったことがないから、これまでと違って新しい気分。マスターズ・シリーズでの優勝経験はあるけど、より一層嬉しいね。世界ランク2位になることはもっと違った意味もあるはずさ」とトップ2入りへの喜びも語っていた。

ウィンブルドンの準決勝でA・ロディック(アメリカ)に敗れたあと、マレーはアメリカはフロリダでトレーニングに明け暮れた。そして万全の態勢でこのUSオープン・シリーズへと乗り込んで来たのだった。

「完璧な形でツアーに戻ることができた。2つの道のどちらかだった。ウィンブルドンでロディックに敗れて、それを恥じることなく再びスタートしたんだ。あのままどこかへ消え去ってしまって、もっと下手な選手になって練習もしないか、練習に明け暮れてより良い選手になって、同じ間違いを繰り返さずにコートへ戻ってくるか」と、自分の選択が正しかったことを再確認していた。

デル=ポトロは先週のレッグ・メーソン・テニス・クラシックに続く2大会連続優勝を狙ったが、好調マレーに阻まれる形となった。

第1セットをタイブレークで先取したデル=ポトロだったが、第2セット6-5とリードしたところで、右肩の張りが激しくなりトレーナーに治療を受けた。その後の第12ゲームをラブゲームでマレーがキープし、第2セットもタイブレークへともつれた。サーブの調子が落ちたデル=ポトロのすきを突き、マレーが試合をフルセットへと持ち込んだ。

デル=ポトロは今大会で優勝を果たすと、ロディックを抜いて今年4月に記録した自己最高位の世界ランク5位に並ぶはずだったが、先送りになった。彼はまだマレーやR・ナダル(スペイン)R・フェデラー(スイス)のトップ3のレベルに達しているとは感じていない。

「彼等の仲間入りをするにはまだまだ練習が必要なんだ。彼等と対等に試合をすることができるかも知れないけど、世界のトップ4、トップ2、そしてトップ1になるにはもっと自分のテニスを高めなければならない」と高い向上心を語った。

第2セットが終わって、しばらくコートから姿を消していたデル=ポトロは、第3セットでは精彩を欠いた。肩の負傷に加え、13日間で9試合をこなし、加えてこの日のモントリオールは晴天から気温も上昇していた。この過酷な状況では、例え20歳の若者でも乗り越えることはできなかった。

「(第3セットでは)かなり疲れてしまっていた。第2セットのタイブレークでチャンスがあったけど、それを取りきることができなかった」と、第1、第2セットだけで2時間17分を要し、力尽きてしまったことを明かした。

比べて第3セットはわずか25分で一蹴したマレーは、長期戦に持ち込めば勝機があることを承知していた。

「試合前、自分の方が肉体的には有利だと思っていた。彼(デル=ポトロ)は明らかに疲労していたし、これまで以上に良いリターンができた。彼のサーブの調子が落ちてからはより良いリターンができたんだ。第3セットのスタートで、自分のサーブが好調だったからリードを保つことができた。それが今日の二人の違いだった。」

この日もスタジアムは満員で、1万1490人を動員した。今大会は2007年に記録した1週間のATP大会の総動員数の記録だった18万5252人を抜いて、20万77人の最高記録を更新する盛況ぶりだった。

この日の優勝で、優勝賞金44万3500ドルに加え優勝ポイントの1000ポイントを獲得したマレーは、総合ポイントを9250ポイントとし、フェデラーの11040ポイントに次いで2位。ナダルは8665ポイントで3位へとランクを下げた。

(2009年8月17日13時56分)
その他のニュース

2月23日

37歳モンフィス 大会最年長で4強入り (11時03分)

マレー&ルブレフ撃破の18歳が4強へ (10時02分)

母国への侵攻 歌で苦しみ表現 (8時29分)

綿貫「治療に専念」膝の負傷明かす (7時19分)

2月22日

レジェンド審判が死去、悲しみ広がる (23時10分)

フェデラー 華麗なプレー公開にファン歓喜 (22時05分)

完敗の西岡良仁「苦しい試合」 (20時05分)

元世界4位に罰金850万円、賭博規則違反 (19時08分)

【出場選手一覧】ジョコらマイアミOP (17時44分)

【出場選手一覧】大坂なおみらマイアミOP (16時50分)

20試合目で”天敵”以外に初黒星 (15時30分)

対トップ20は13連勝 上位勢に負けないシフィオンテク (14時54分)

西岡良仁 ズベレフに完敗で8強ならず (13時24分)

【1ポイント速報】西岡良仁vsズベレフ (11時58分)

【特典あり】アンケート開催中 テニスとストレッチ (11時55分)

17歳 期待の逸材がツアー初勝利 (11時19分)

捻挫で離脱へ Pt失効多い来月に間に合うか (10時44分)

年齢差2倍 マレーとの死闘制し8強 (9時09分)

錦織「Working hard!」練習動画公開 (8時00分)

ルーネとムラトグルー 再タッグ発表 (7時22分)

2月21日

ハレプ「1年半の悪夢が終わった」 (22時35分)

世界10位が手首の手術成功を報告 (19時05分)

ツアー10連敗阻止 ガスケ初戦突破 (18時01分)

44歳カルロビッチ 正式に現役引退 (17時06分)

前週V ワウリンカ撃破「うれしい」 (16時03分)

勝負分けた1ポイント「これがテニス」 (15時38分)

西岡 ズべレフ戦へ「反省踏まえる」 (14時47分)

アルカラス 2ポイント目で転倒し棄権 (13時04分)

ダニエル太郎 好調世界44位に屈する (12時03分)

西岡良仁 失ゲーム1の圧勝で初戦突破 (10時43分)

ご乱心 重要ポイント手放すまさかの行動 (10時26分)

【1ポイント速報】ダニエル太郎&西岡良仁 1回戦 (9時38分)

マレー 連敗脱出、全身で喜び表現 (8時44分)

杉田祐一【引退コメント全文】 (7時28分)

日比野菜緒、善戦も16強ならず (0時08分)

【1ポイント速報】日比野菜緒vsジェン (0時00分)

2月20日

大波乱 全豪Vの世界2位が初戦敗退 (20時51分)

世界11位が全豪OP以来の勝利 (19時13分)

ワウリンカ 前週Vと激突「挑戦」 (18時32分)

3時間死闘制し今季マッチ2勝目 (17時43分)

ダニエル62位 西岡は84位 (16時30分)

シナーを称賛「優勝しても驚かない」 (12時55分)

今季2度目の途中棄権で涙 (11時12分)

強風ものともせず快勝 中国選手初の白星 (10時13分)

好調プリスコバ 要因は新コーチ就任 (8時36分)

フリッツ 大会史上2人目の連覇達成 (7時23分)

【動画】ヤストレンスカの新曲「Hearts」 (0時00分)

【動画】フェデラーが公開した華麗なストローク (0時00分)

【動画】勝負を分けた運命の「1ポイント」 (0時00分)

【動画】セットポイントを逃がし"ご乱心" (0時00分)

←ニューストップへ
←前のページに戻る
ウインザーラケットショップ

>>動画をもっと見る<<




テニスの総合ポータルサイトテニス365
テニスのことならテニス365へ。テニスの総合ポータルサイトテニス365はテニス用品の通販やテニスニュースからテニスコート、テニススクールなどのテニス施設を探す方まで、便利なテニスの総合ポータルサイト、テニス情報の検索サイトです。プレイスタイルやテニス歴など、テニス用品を様々な角度から探すこともできます。テニスの総合ポータルサイトをお探しなら、テニスニュースやテニス施設の情報が豊富なテニスの総合ポータルサイトのテニス365をお使いください。テニスの総合ポータルサイトのテニス365であなたのテニスをもっと楽しく!