- 国内最大の総合テニス専門サイト テニス365 - 錦織圭、フェデラー、ナダル、ジョコビッチなどテニスニュース満載。全豪オープン、ウィンブルドン、全仏オープン、全米オープンなどテニス大会特集も!

- 国内最大の総合テニス専門サイト -

HOMEニュースTOP今日のニュース(一覧)今日のニュース(詳細)

錦織はロディックに敗れ、連勝が9でストップ SAPオープン

SAPオープン(賞金総額43万6千ドル)のシングルス2回戦が21日、アメリカ、カリフォルニア州サンノゼのHPパビリオンで行われ、先週のデルレイビーチ国際で日本人男子として16年ぶりのツアー優勝を飾った錦織圭(日本)が第1シードのA・ロディック(アメリカ)と対戦したが、2-6, 4-6で敗れ、ベスト8進出はならなかった。

デルレイビーチ国際の予選から数えて9連勝中だった錦織だが、この日は世界ランク6位と格上のロディックに、トップレベルの男子テニスの厳しさを教えられる格好となった。

第1セットの第1ゲーム、錦織はロディックのサービスゲームで序盤からネットプレーやリターンエースなど積極的な姿勢を見せていく。しかし第2ゲームではデュースからミスを重ねて、この試合最初のブレークを許すと、その後は攻め急ぎからかエラーを重ね、得意のフォアハンドでも凡ミスを量産。第4、第6ゲームをキープしたものの、2−5で迎えた第8ゲームを再びロディックに破られ、1度もブレークポイントを握れないまま第1セットを2−6で落とした。

第2セットでは、調子を取り戻した錦織が第3ゲームで先にサービスブレークを決めたが、元王者ロディックがすぐさまブレークバックに成功し、2−2に追いつく。その後は両者ともに自らの持ち味を出し、錦織はフォアハンドで、ロディックはサーブで試合を組み立ててキープを続けていったが、こう着状態が破られたのが第10ゲーム。最後は錦織のショットがアウトし、ロディックがサービスをブレーク、1時間3分の試合に幕が下りた。

この試合でロディックは7本のサービスエースを決め、ファーストサーブ成功率では72パーセントと高い確率を残し、ファーストサーブが入ったときは74パーセントをポイントにつなげた。
一方、錦織のファーストサーブ成功率は60パーセントに止まり、サーブからのポイント獲得率ははファースト、セカンドサーブともに50パーセント台だった。

この結果、同大会3度目の優勝を狙うロディックは、準々決勝で同胞のM・フィッシュ(アメリカ)と対戦することになった。フィッシュはD・グレメルマイヤー(ドイツ)に6-7 (7-4), 6-3, 6-3で逆転勝ちした。

シード勢の試合では、第2シードのJ・ブレーク(アメリカ)J・レヴィン(アメリカ)に6-3, 6-4で快勝したが、第3シードのT・ハース(ドイツ)J・アイズナー(アメリカ)に6-4, 6-7 (8-10), 3-6で逆転負けを喫した。

その他の試合では、ルー・イェンスン(台湾)W・オディスニク(アメリカ)に6-4, 6-4で勝ってベスト8進出を決め、準々決勝での第4シードのR・シュティエパネック(チェコ共和国)との対戦を決めた。

(2008年2月22日16時15分)
その他のニュース

7月22日

崖っぷちから第5シード撃破 (16時59分)

第1シード 準々決勝で敗退 (15時31分)

フェレール 激闘制し4強へ (14時09分)

八百長疑惑 全仏など四大大会も (11時22分)

ベルダスコ 昨年覇者にリベンジ (10時51分)

20本エース決め快勝で4強 (9時07分)

ゴファン 世界412位に敗れる (8時04分)

7月21日

錦織、米に戻り練習開始 (21時06分)

元世界1位 ズベレフのコーチに (17時01分)

逆転勝ちでツアー初4強 (15時38分)

第1シード 世界140位に敗れる (13時38分)

30本のエース放つも4強ならず (11時46分)

錦織ら 全米本戦出場者発表 (11時00分)

番狂わせ モンフィス初戦敗退 (8時10分)

2本のMPしのぎ逆転勝利 (7時12分)

7月20日

錦織 NBAスターと対面 (21時43分)

快進撃 二宮真琴の素顔に迫る (20時51分)

二宮真琴 快進撃の裏側明かす (17時32分)

錦織出場の大会にトップ2選手 (15時40分)

錦織 イベントにサプライズ登場 (10時59分)

全仏悲劇から復帰し8強 (10時02分)

世界4位コンタが東レ初参戦 (9時01分)

途中棄権 全仏OPの怪我響く (8時02分)

7月19日

伊達公子 逆転許し初戦敗退 (21時31分)

錦織 東京五輪へ意気込み (20時59分)

錦織「恥ずかしいの一言。笑」 (16時55分)

全米OP 賞金が過去最高額へ (15時59分)

プロ転向12年で通算200勝達成 (13時32分)

錦織 全米へ「しっかり準備」 (12時20分)

世界1位マレー 2年連続出場 (9時20分)

LLのチャンス活かし初戦突破 (8時26分)

今井慎太郎 初戦突破ならず (7時15分)

←ニューストップへ
←前のページに戻る





テニスの総合ポータルサイトテニス365
テニスのことならテニス365へ。テニスの総合ポータルサイトテニス365はテニス用品の通販やテニスニュースからテニスコート、テニススクールなどのテニス施設を探す方まで、便利なテニスの総合ポータルサイト、テニス情報の検索サイトです。プレイスタイルやテニス歴など、テニス用品を様々な角度から探すこともできます。テニスの総合ポータルサイトをお探しなら、テニスニュースやテニス施設の情報が豊富なテニスの総合ポータルサイトのテニス365をお使いください。テニスの総合ポータルサイトのテニス365であなたのテニスをもっと楽しく!