- 国内最大の総合テニス専門サイト テニス365 - 錦織圭、フェデラー、ナダル、ジョコビッチなどテニスニュース満載。全豪オープン、ウィンブルドン、全仏オープン、全米オープンなどテニス大会特集も!

- 国内最大の総合テニス専門サイト -

HOMEニュースTOP今日のニュース(一覧)今日のニュース(詳細)

錦織はロディックに敗れ、連勝が9でストップ SAPオープン

SAPオープン(賞金総額43万6千ドル)のシングルス2回戦が21日、アメリカ、カリフォルニア州サンノゼのHPパビリオンで行われ、先週のデルレイビーチ国際で日本人男子として16年ぶりのツアー優勝を飾った錦織圭(日本)が第1シードのA・ロディック(アメリカ)と対戦したが、2-6, 4-6で敗れ、ベスト8進出はならなかった。

デルレイビーチ国際の予選から数えて9連勝中だった錦織だが、この日は世界ランク6位と格上のロディックに、トップレベルの男子テニスの厳しさを教えられる格好となった。

第1セットの第1ゲーム、錦織はロディックのサービスゲームで序盤からネットプレーやリターンエースなど積極的な姿勢を見せていく。しかし第2ゲームではデュースからミスを重ねて、この試合最初のブレークを許すと、その後は攻め急ぎからかエラーを重ね、得意のフォアハンドでも凡ミスを量産。第4、第6ゲームをキープしたものの、2−5で迎えた第8ゲームを再びロディックに破られ、1度もブレークポイントを握れないまま第1セットを2−6で落とした。

第2セットでは、調子を取り戻した錦織が第3ゲームで先にサービスブレークを決めたが、元王者ロディックがすぐさまブレークバックに成功し、2−2に追いつく。その後は両者ともに自らの持ち味を出し、錦織はフォアハンドで、ロディックはサーブで試合を組み立ててキープを続けていったが、こう着状態が破られたのが第10ゲーム。最後は錦織のショットがアウトし、ロディックがサービスをブレーク、1時間3分の試合に幕が下りた。

この試合でロディックは7本のサービスエースを決め、ファーストサーブ成功率では72パーセントと高い確率を残し、ファーストサーブが入ったときは74パーセントをポイントにつなげた。
一方、錦織のファーストサーブ成功率は60パーセントに止まり、サーブからのポイント獲得率ははファースト、セカンドサーブともに50パーセント台だった。

この結果、同大会3度目の優勝を狙うロディックは、準々決勝で同胞のM・フィッシュ(アメリカ)と対戦することになった。フィッシュはD・グレメルマイヤー(ドイツ)に6-7 (7-4), 6-3, 6-3で逆転勝ちした。

シード勢の試合では、第2シードのJ・ブレーク(アメリカ)J・レヴィン(アメリカ)に6-3, 6-4で快勝したが、第3シードのT・ハース(ドイツ)J・アイズナー(アメリカ)に6-4, 6-7 (8-10), 3-6で逆転負けを喫した。

その他の試合では、ルー・イェンスン(台湾)W・オディスニク(アメリカ)に6-4, 6-4で勝ってベスト8進出を決め、準々決勝での第4シードのR・シュティエパネック(チェコ共和国)との対戦を決めた。

(2008年2月22日16時15分)
その他のニュース

7月19日

全米賞金GS史上最高額に (15時19分)

第1シードは2回戦で敗退 (12時31分)

世界121位に苦戦もガスケ8強 (11時15分)

ニューポートは雨で順延 (11時00分)

地元チョリッチは初戦敗退 (7時08分)

7月18日

ジョコ 初Vハレプを称賛 (21時56分)

元世界4位ガルシア 8強逃す (21時40分)

「毎試合良くなっている」 (20時52分)

フォニーニ 体調不良で途中棄権 (19時57分)

HEAD GRAVITY販売 (17時30分)

大坂ら 全米OP出場予定選手 (17時01分)

好調の21歳アンベール 8強へ (15時59分)

内山 綿貫破りCH初戦突破 (15時09分)

松井俊英が現役最年長ランクイン (12時39分)

ティームら ハンブルグ出場一覧 (11時06分)

同国対決制し8強 ベルダスコ撃破 (9時11分)

イズナー 25本エースで初戦突破 (7時36分)

7月17日

ゲルゲス 手首負傷で途中棄権 (21時29分)

3時間の死闘の末に逆転勝ち (20時19分)

大坂なおみ「自分が幸運」 (18時58分)

守屋、綿貫がCH初戦突破 (17時09分)

ダニエル太郎 初の2回戦ならず (15時44分)

「とても興奮」シード撃破で16強 (13時13分)

大坂 最終戦ランク6位に後退 (11時12分)

イズナー「長い間動けなかった」 (9時25分)

23歳ジャリー 初戦突破で16強 (7時53分)

7月16日

逆転で約3時間の死闘制す (21時28分)

15歳ガウフ 自己最高141位 (20時48分)

MPしのぎ逆転で激闘制す (20時01分)

20歳対決制し初戦突破 (18時49分)

内田海智 快勝でCH初戦突破 (17時30分)

チェッキナート 初戦で完敗 (16時30分)

ジョコ 獲得総数フェデラーに並ぶ (15時13分)

19本エース決めるも敗退 (13時26分)

錦織6位浮上、15日付最終戦ランク (11時02分)

錦織7位 15日付の日本勢ランク (9時09分)

メドヴェデフ 自己最高10位へ (8時05分)

←ニューストップへ
←前のページに戻る



テニスの総合ポータルサイトテニス365
テニスのことならテニス365へ。テニスの総合ポータルサイトテニス365はテニス用品の通販やテニスニュースからテニスコート、テニススクールなどのテニス施設を探す方まで、便利なテニスの総合ポータルサイト、テニス情報の検索サイトです。プレイスタイルやテニス歴など、テニス用品を様々な角度から探すこともできます。テニスの総合ポータルサイトをお探しなら、テニスニュースやテニス施設の情報が豊富なテニスの総合ポータルサイトのテニス365をお使いください。テニスの総合ポータルサイトのテニス365であなたのテニスをもっと楽しく!