国内最大

総合テニス専門サイト「テニス365」

tennis365.net

HOMEニュースTOP今日のニュース(一覧)今日のニュース(詳細)

2年間コーチ→チャレンジャー制覇の“夢物語”

クレーコート
イメージ
画像提供: tennis365.net
男子プロテニス協会のATPは10日、6月のアスピリア・テニスカップ(イタリア/ミラノ、クレー、ATPチャレンジャー)でチャレンジャー大会初優勝を果たした27歳のF・ゴメス(アルゼンチン)を特集。2年間、テニスクラブでコーチを務めていた経験やキャリアを見直すきっかけとなった新型コロナウイルスの感染拡大の期間などチャレンジャー大会初優勝までの道のりを振り返った。

>>ルバキナ、クレチコバらウィンブルドン組合せ<<

>>ジョコビッチらウィンブルドン組合せ<<

2019年にアメリカのケンタッキー州にあるルイビル大学を卒業したゴメスはプロへの道に進むことを諦めきれないなか、朝から夜までオフィスで働く選択肢をとらず、テニスコーチとなることを決意する。しかし、2019年冬から2020年前半は新型コロナウイルスが全世界で猛威を振るい、いつか大学レベルを超えてテニスをプレーしたいというゴメスの思いが崩れ落ちていくこととなった。

約2年間、テニスコーチとして毎日11時間球出しとコーチングを行っていたゴメスだったが、競技としてのテニスが恋しくなってくる。そして、新型コロナウイルスのプロトコルが徐々に緩和され始めた2021年9月に友人であるペドロ・カニサに頼み、キャリアを始動させるための資金援助を受けることとなった。

「(当時は)コーチとして働いていたし、幸せだった。泊まるところもあるし、車だってあった。すべてが順調だったけど、それ以外の何かが欠けていたんだ」

「ペドロは僕が試合をしているのを見て『おい、何をしているんだ?教えるのはその後だ!今は教える必要はない。もう1度、自分にチャンスをあげたらどうだ』って言ってくれた。僕が今ここにいるのは、彼の存在が大きかったね」

そして今年、ゴメスはITF大会とチャレンジャー大会を中心に16大会出場。そのすべてがクレーコートの大会だった。そして17大会目となった6月のアスピリア・テニスカップでは予選2試合を勝ち抜き本戦入りすると、さらに5試合に勝利し優勝。7試合のうち5試合にストレート勝ちをおさめ、フルセットとなった2試合はいずれも逆転勝ちだった。

「僕はただ教え、(コーチングで)生計を立てようとしていた。フィットネスをやっているだけで、健康を維持しようとしていた。でも“テニス”は全然だったんだ。この2年間、両手でバックハンドを打ったことはなかったと思う。午前中か午後の遅い時間にフィットネスをしていただけ。時間がなかったし、ツアー全体のメンタリティから切り離されていたんだ」

それでもチャレンジャーツアーを勝ち抜いたゴメスは得意とするクレーコートで優勝。27歳でのチャレンジャー大会初優勝は今シーズンの最年長記録となる。

アルゼンチンにいる両親とミラノから連絡を取っていたゴメスだったが、時差もある。予選1回戦を勝利したゴメスの試合を、母は早朝のためライブで見ることはできなかった。

ゲンを担いだ母はその後もゴメスの試合を見ないという選択をとり、試合がある日は早起きしてスコアのみを追っていた。最後まで両親は試合を見ずに過ごしたが、優勝後にゴメスが電話すると文字通り“叫び”ながら喜んでくれたと明かした。

「両親にとっては物凄く早い時間だったから、最初の試合を見ることができなかったんだ。予選の1回戦で僕は1試合目だったんだけど、両親は見てなかった。僕が勝ったから、母は試合を見ないようにしようとした。もう試合は見てくれなかった。ただスコアを追っていたんだ」

「(優勝したあと)僕が電話して、少し会話をした。彼らは叫んでいて、とても喜んでくれた(笑)。彼らの顔を見るのが本当に楽しかった。僕が目標に到達するために、彼らが何年も費やしてきた努力のすべてをね。前に進むための大きな一歩を踏み出せたんだ」

ミラノでの優勝後、キャリアハイとなる世界ランク224位に浮上したゴメスは現在もその順位をマークしている。

[PR]ウィンブルドンテニス
7/15(月・祝)までWOWOWで連日生中継!
WOWOWオンデマンドでは日本人選手の全試合をライブ配信予定!


■WOWOWオンデマンドはこちら>


【ディアドラ】最新テニスウエア・シューズ
■公式ストアで発売中>


■関連ニュース

・西岡 良仁「今年一充実した」
・17歳の齋藤 咲良 ITF大会で優勝
・ウィンブルドン賞金 10年で2倍に

■おすすめコンテンツ

・テニス体験レッスン受付中
・無料ドロー作成ツール
・世界ランキング
(2024年7月11日10時31分)

その他のニュース

7月13日

ジョコ「ここで止まりたくない」 (6時52分)

決勝は2年連続同カード、究極の対戦に (5時37分)

ジョコ 最多タイ8度目Vに王手 (3時54分)

【1ポイント速報】ジョコビッチvsムセッティ (1時01分)

アルカラス、メド破り2連覇王手 (0時38分)

【1ポイント速報】アルカラスvsメドベージェフ (0時30分)

小田凱人 ウィンブルドン準決勝敗退 (0時17分)

7月12日

上地結衣 2年ぶり決勝ならず (22時15分)

本田尚也 ウィンブルドンJrで4強 (20時30分)

参加者全員に賞金付き大会?!テニス365大会情報 (20時02分)

ナダルと練習「特権であり名誉」 (19時02分)

昨年VシェルトンがジャパンOP出場へ (18時09分)

大坂なおみ 東レPPO2024出場表明 (12時00分)

準決勝敗退も「ポジティブな2週間」 (10時56分)

ウィンブルドンで決勝へ「想像していなかった」 (10時21分)

島袋将、快勝でチャレンジャー8強 (9時15分)

セリーナ以来の快挙でウィンブルドンV王手 (7時47分)

上地 逆転勝ちで3年連続4強 (6時47分)

本田尚也 ウィンブルドンJrで8強 (5時34分)

逆転勝ちで四大大会3年ぶりV王手 (3時46分)

【1ポイント速報】ウィンブルドン女子 準決勝 (1時00分)

大躍進 四大大会で2大会連続決勝へ (0時51分)

小田凱人 2年連続ウィンブルドン4強 (0時23分)

7月11日

柴原組 ウィンブルドン混合4強ならず (22時13分)

ディミトロフ 左脚外転筋肉離れ (20時12分)

全チーム景品付き!男女混合団体戦 (18時53分)

ジョコ4強 フェデラーに並び最多タイ (18時08分)

ウィンブルドン男子4強出揃う (12時59分)

女王バーティ、ウィンブルドンに帰還 (11時23分)

2年間コーチ→チャレンジャー制覇の“夢物語” (10時31分)

清水悠太 今季5度目のチャレンジャー8強 (9時02分)

シナー 五輪前哨戦を欠場 (8時01分)

上地結衣 ウィンブルドン初戦突破 (6時39分)

‘21年全仏女王がウィンブルドンで初4強 (5時30分)

錦織圭 パリ五輪前哨戦を欠場 (3時04分)

激闘制し初4強、次戦ジョコ (2時44分)

【1ポイント速報】フリッツvsムセッティ (0時55分)

7月10日

2022年女王が61分完勝で4強 (23時16分)

負傷で無念の棄権「大きな音が...」 (21時53分)

ジョコ 相手棄権で13度目4強 (20時41分)

【中止】ジョコビッチvsデミノー (20時35分)

小田凱人 完勝で連覇へ好発進 (19時57分)

【1ポイント速報】小田凱人 ウィンブルドン1回戦 (19時05分)

不調時の解決策 ビッグ3参考に (18時59分)

島袋 カナダチャレンジャーで初戦突破 (12時47分)

逆転勝ちで連覇まであと2勝「難しい試合だった」 (10時51分)

シナー「今朝すでに調子悪かった」 (9時27分)

メド 5連敗脱出「とてもいい試合」 (8時05分)

逆転勝ちで四大大会初の4強 (6時39分)

躍進の7位 四大大会2連続の4強 (5時23分)

アルカラス 逆転勝ちで2年連続4強 (3時05分)

世界1位シナー 死闘の末に敗退 (2時01分)

メド 死闘制し世界1位シナー撃破 (1時48分)

【動画】世界4位ルバキナ撃破!クレチコバ勝利の瞬間! (0時00分)

【動画】大躍進!パオリーニ 四大大会で2大会連続の決勝進出を決めた瞬間! (0時00分)

【動画】バーティがウィンブルドンセンターコートに帰還 (0時00分)

←ニューストップへ
←前のページに戻る


テニスの総合ポータルサイトテニス365
テニスのことならテニス365へ。テニスの総合ポータルサイトテニス365はテニス用品の通販やテニスニュースからテニスコート、テニススクールなどのテニス施設を探す方まで、便利なテニスの総合ポータルサイト、テニス情報の検索サイトです。プレイスタイルやテニス歴など、テニス用品を様々な角度から探すこともできます。テニスの総合ポータルサイトをお探しなら、テニスニュースやテニス施設の情報が豊富なテニスの総合ポータルサイトのテニス365をお使いください。テニスの総合ポータルサイトのテニス365であなたのテニスをもっと楽しく!