国内最大

総合テニス専門サイト「テニス365」

tennis365.net

HOMEニュースTOP今日のニュース(一覧)今日のニュース(詳細)

杉村太蔵 崖っぷちから死闘制す

杉村太蔵
大会初勝利をあげた杉村太蔵
画像提供: tennis365.net
100年を超える歴史を誇り、「毎トー」の愛称で親しまれるテニストーナメント「毎日テニス選手権」は1日、45歳以上の男子シングルスが行われ、元衆院議員でタレントの杉村太蔵(ここはれて)が橋本朋幸(東京都TA)を6-3, 2-6, [12-10]のフルセットで破って初戦の2回戦を突破し、3回戦進出を果たした。

>>YouTube 杉村太蔵が死闘!難敵との対決で崖っぷちに?!大熱戦の末に勝利を手にしたのは?!毎トー初戦<<

この日、杉村は第1セットを先取する好スタートを切ったが、第2セットではミスを重ねてセットカウント1-1に追いつかれる。

ファイナルセット(10ポイント制のマッチタイブレーク)では橋本に2本のマッチポイントを握られる崖っぷちに追い込まれたが、ここからサーブ&ボレーやリターンエースを決める攻めのテニスでポイントを重ねてピンチをしのぐ。最後は橋本のボレーがアウトし、大会初勝利を手にした。

試合後、杉村は「橋本選手が本当に良いプレーだった。最後まで集中力を切らさず、粘り強いプレーでした」と対戦相手の橋本を称えた。

試合については「第2セットに入った2ゲーム目くらいから第1セットほど(体が)動かないと感じ始めていて、かなり早い段階からファイナルセットのタイブレーク勝負だと頭には入れていました。(マッチポイントを握られた時は)サーブ&ボレーに出て抜かれるのも脳裏をよぎったんですけど、気がついたらバックボレーで決めれていた」と振り返った。

続けて「ちょっとテンションをおさえていますけど、めちゃくちゃうれしいです。今までのテニス人生で1番うれしいです」と喜びをかみしめた。

一方、惜敗を喫した橋本は「(第2セットの)勢いで勝っちゃうかなと思ったんですけど、(ファイナルセットに入ると杉村が)急に元気になってきて、その流れを押し返せなかった」とコメント。

「生涯スポーツとしてテニスを広めたい」の観点からテニスを再開している杉村は、高校時代に国体で優勝するほどの腕前を誇る。

「記録がある公式戦の勝利は高校3年生の国体決勝以来。43歳からまたテニスをはじめましたけど、成長すると実感しています。試合に出る・出ないは、天と地の差。週1回のプレーと、年1回大会に出るのはまったく違います。みなさんも大会に出て公式戦の緊張感を味わっていただくと、違った生涯テニスが味わえると思います」と述べた。

大接戦の末に勝利した杉村は次戦で、第1シードの向和彦(アポロコーストテニスクラブ)と綱川健⼀朗(ルネサンス港南台)の勝者と対戦する。

杉村は「必ず勝つという気持ちでやりたいと思います」と意気込んだ。

[PR]錦織 圭 出場!ウィンブルドンテニス
7/15(月・祝)までWOWOWで連日生中継!
WOWOWオンデマンドでは日本人選手の全試合をライブ配信予定!


■WOWOWオンデマンドはこちら>


【ディアドラ】この夏「必ず」手に入れたいアイテム登場!
■公式ストアで発売中>


■関連ニュース

・四大大会V経験者4名に主催者推薦
・大坂 なおみ ウィンブルドン前哨戦欠場
・世界2位撃破「大変な試合だった」

■おすすめコンテンツ

・テニス体験レッスン受付中
・無料ドロー作成ツール
・世界ランキング
(2024年7月2日11時59分)

その他のニュース

7月24日

元世界1位マレー 現役引退を表明 (7時34分)

7月23日

西岡86位 22日付日本勢世界ランク (15時43分)

柴原瑛菜 シングルスツアー初白星 (14時45分)

大坂102位、内島は自己最高位へ (13時43分)

東京五輪銀メダリストがパリ欠場へ (11時50分)

ダニエル、ジョコと練習「夢みたいな貴重な経験」 (11時03分)

20歳が初のトップ20へ (9時56分)

世界7位が五輪欠場、傷癒えず (8時27分)

西岡良仁 ストレート勝ちで初戦突破 (7時29分)

7月22日

30歳で悲願のツアー初優勝 (22時02分)

第2シードの本玉真唯が初戦突破 (21時01分)

西岡良仁 初戦は予選勝者に (19時07分)

熱戦制し2連覇「厳しい試合」 (17時59分)

飛躍の20歳 全サーフェスV達成 (14時24分)

復帰後早くも2度目V「信じられない」 (12時14分)

ダニエル太郎 ジョコと五輪に向け練習 (11時10分)

20歳フィスがズベレフ破り2度目V (9時35分)

ナダル撃破しツアー初V「感動」 (8時42分)

ナダル準Vも「満足できない」 (7時42分)

7月21日

19歳 リターン無双、2年連続決勝進出 (20時02分)

今井慎太郎V 高額賞金「ありがたい」 (19時20分)

西郷里奈が高額賞金大会V (18時21分)

チチパス下し今季3度目の決勝進出 (13時31分)

ナダルと決勝「夢のよう」 (11時53分)

望月慎太郎 6連敗 遠い白星 (10時42分)

ズベレフ 快勝で2連覇王手 (9時01分)

ナダル 131度目の決勝進出、復活V王手 (8時20分)

←ニューストップへ
←前のページに戻る


テニスの総合ポータルサイトテニス365
テニスのことならテニス365へ。テニスの総合ポータルサイトテニス365はテニス用品の通販やテニスニュースからテニスコート、テニススクールなどのテニス施設を探す方まで、便利なテニスの総合ポータルサイト、テニス情報の検索サイトです。プレイスタイルやテニス歴など、テニス用品を様々な角度から探すこともできます。テニスの総合ポータルサイトをお探しなら、テニスニュースやテニス施設の情報が豊富なテニスの総合ポータルサイトのテニス365をお使いください。テニスの総合ポータルサイトのテニス365であなたのテニスをもっと楽しく!