国内最大

総合テニス専門サイト「テニス365」

tennis365.net

HOMEニュースTOP今日のニュース(一覧)今日のニュース(詳細)

「信じられないショット」披露

ナルディ
ナルディ
画像提供: ゲッティイメージズ
男子テニスの21歳以下最終戦Next Gen ATPファイナルズ(サウジアラビア/ジッダ、ハード)は11月30日に予選ラウンドロビン第3戦が行われ、第7シードのL・ナルディ(イタリア)が第5シードのF・コボリ(イタリア)を3-4 (4-7), 4-2, 4-3 (7-1), 1-4, 4-3 (7-3)のフルセットで破り、今大会初白星を挙げた。この試合でナルディは自身も「何が起こったのか分からない」と語るスーパーショットを放った。

>>【動画】ナルディが放ったスーパーショット!<<

Next Gen ATPファイナルズは21歳以下の選手で年間の獲得ポイント上位7選手と、ワイルドカード(主催者推薦)が与えられた選手の8名が出場する大会。4名ずつに分かれ予選ラウンドロビンを戦い、各グループの上位2名が準決勝に駒を進める。

試合形式は4ゲーム制の5セットマッチで、2017年から新型コロナウイルスの影響を受けた2020年を除き過去5度開催されており、過去にC・アルカラス(スペイン)J・シナー(イタリア)S・チチパス(ギリシャ)らが優勝を果たした登竜門となっている。

20歳のナルディは今季チャレンジャー大会で2度の優勝と1度の準優勝を飾るなど好成績を残し今大会の出場権を獲得したものの、第1戦では第1シードのA・フィス(フランス)、第2戦では第3シードのD・ストリッカー(スイス)に敗れ第3戦を迎えた。

この試合、ナルディは28本のウィナーを奪い、ネットプレー20回のうち16回をものにする積極的なプレーを続けると、ファイナルセットのタイブレークの1ポイント目ではコート後方から右手一本でバックハンドのパッシングショットを放つスーパーショットでポイントを獲得。これにはコボリも苦笑いをするしかなかった。その後、ナルディはこのタイブレークで3度のミニブレークを奪い、2時間13分の熱戦を制し、大会初白星を挙げた。

男子プロテニス協会のATPは試合後のナルディのコメントを掲載。ファイナルセットで放ったスーパーショットについて語った。

「何が起こったのか分からないよ。怪我をしていてそんなに調子も良くなかったし、ただ走っていただけなのに信じられないようなショットを打ってしまった。ラッキーだったからごめんなさいと(相手に)言ったよ」

「嬉しかったし、後で見返したいね」

なお、今大会初勝利を挙げたナルディだったが得失セット数の差で準決勝進出とはならなかった。

この日行われた第3戦の結果、グリーングループは1位でフィス、2位でストリッカー、レッドグループは1位でH・メジェドビッチ(セルビア)、2位でL・ヴァン・アッシュ(フランス)がベスト4進出を決めた。

【予選ラウンドロビン第3戦の結果と準決勝組み合せ】

・グリーングループ
フィス 4-2, 3-4 (3-7), 4-2, 4-3 (7-5) ストリッカー
ナルディ 3-4 (4-7), 4-2, 4-3 (7-1), 1-4, 4-3 (7-3) コボリ

・レッドグループ
ヴァン・アッシュ 4-3 (7-0), 3-4 (4-7), 3-4 (4-7), 4-1, 4-3 (8-6) A・ミケルセン(アメリカ)
メジェドビッチ 3-4 (6-8), 4-2, 4-3 (7-5), 4-2 A・シェルバイ(ヨルダン)

【予選ラウンドロビン順位】

・グリーングループ
フィス 3勝0敗
ストリッカー 1勝2敗
コボリ 1勝2敗
ナルディ 1勝2敗

・レッド・グループ
メジェドビッチ 3勝0敗
ヴァン・アッシュ 2勝1敗
シェルバイ 1勝2敗
ミケルセン 0勝3敗

【決勝トーナメント組み合わせ】

フィス vs ヴァン・アッシュ
メジェドビッチ vs ストリッカー

[PR]第59回島津全日本室内テニス選手権大会開催!

男子
本戦 12/13(水)〜12/17(日)

女子
本戦 12/20(水)〜12/24(日)

全日本選手権ファイナリストの白石 光や加治 遥らがエントリー
24日(日)はデ杯日本代表監督の添田 豪さんとバモスわたなべさんによるテニスクリニック開催


■大会・チケット詳細はこちら>




■関連ニュース

・故人に捧げる勝利でV貢献 涙
・恋人同士が公式戦で対戦「まさか」
・大坂 なおみ 復帰まで1ヵ月 練習公開

■おすすめコンテンツ

・テニス体験レッスン受付中
・無料ドロー作成ツール
・世界ランキング
(2023年12月1日16時38分)

その他のニュース

2月28日

島袋将 今季初CH8強ならず (21時51分)

ディアドラ 春夏アイテム第1弾が勢揃い (20時55分)

トップ10復帰へ チチパス初戦突破 (19時50分)

元1位を逆転で撃破「クレイジー」 (19時02分)

再タッグ後初戦で白星「いい感じ」 (18時05分)

3時間超え死闘制し2回戦へ (17時07分)

波乱 ズベレフが初戦敗退 (16時14分)

干物プレゼント!初中級~中級 混合ダブルス大会開催 (15時44分)

干物プレゼント!初級 混合ダブルス大会開催 (15時31分)

西岡良仁、深夜終了に見解 (15時00分)

ポルトガルテニスのパイオニアが引退 (13時42分)

イレギュラーに不満「プレー不可能」 (12時39分)

派手な雄叫びに激怒「黙ってろクソ野郎」 (11時14分)

躍進の18歳 6試合で4人トップ50撃破 (10時06分)

本玉真唯 予選突破も世界43位に完敗 (8時40分)

メド初戦突破、元世界6位新コーチ帯同 (7時45分)

【1ポイント速報】本玉真唯vsシニアコバ (6時55分)

2月27日

モンフィスにリベンジ成功、次戦マレー (22時56分)

予選勝者コボリがオジェ撃破 (22時04分)

ダニエル太郎「ベストは尽くした」 (19時00分)

通算2度目 トップ10撃破の金星 (18時03分)

西岡良仁「なんとか乗り切った」 (17時06分)

3時間死闘制し6連敗阻止 (16時37分)

30年前の父の記録目指し2回戦へ (15時25分)

西岡良仁 逆転勝ちで初戦突破 (14時36分)

【1ポイント速報】西岡良仁vsボルジェス (14時05分)

ダニエル太郎 デミノーに完敗で初戦敗退 (13時48分)

【1ポイント速報】ダニエル太郎vsデミノー (12時09分)

エース1本で15万円の寄付を表明 (11時03分)

2度のMP凌ぎ3度のタイブレーク制して初戦突破 (9時56分)

2年ぶり出場へ ナダルがIWで練習開始 (8時13分)

マレー 史上5人目の大台到達「悪くないね」 (7時18分)

2月26日

ジョコらテニス界から5名ノミネート (22時13分)

日本勢トップ日比野菜緒 順位9上げる (19時38分)

準V全豪OP以来の出場 ポイント防衛へ (18時22分)

ダニエル64位 西岡は82位へ (14時38分)

西岡良仁 アカプルコ本戦入りならず (13時17分)

【1ポイント速報】西岡良仁vsモウ (11時17分)

本玉真唯 予選勝ち抜き「WTA500」本戦へ (10時02分)

ツアー5勝目で「ATP500」初制覇 (8時28分)

1日3試合 5時間戦いツアー単複2冠達成 (7時32分)

【動画】チリOPのイレギュラーバウンド (0時00分)

【動画】相手のガッツポーズに激怒「黙ってろクソ野郎」 (0時00分)

2月25日

復帰迫るナダル 練習動画公開 (19時05分)

錦織圭の新コーチ”ヨハンソン”とは (18時21分)

29歳でツアー初V「奇跡だと思う」 (16時07分)

ダニエル太郎 初戦でデミノーと激突 (15時31分)

予選勝者が第2シード撃破し決勝へ (14時57分)

マレー 南米テニスに「MSやるべき」 (14時09分)

西岡良仁 完勝でアカプルコ本戦に王手 (12時54分)

望月慎太郎 ヒジカタと熱戦も予選敗退 (12時38分)

【1ポイント速報】西岡良仁、望月慎太郎 予選1回戦 (9時51分)

逆転勝ちでキャリア最大タイトル獲得 (9時19分)

激闘の第1セット制しツアー6勝目 (8時34分)

錦織 新コーチは元全豪王者に (7時31分)

←ニューストップへ
←前のページに戻る


テニスの総合ポータルサイトテニス365
テニスのことならテニス365へ。テニスの総合ポータルサイトテニス365はテニス用品の通販やテニスニュースからテニスコート、テニススクールなどのテニス施設を探す方まで、便利なテニスの総合ポータルサイト、テニス情報の検索サイトです。プレイスタイルやテニス歴など、テニス用品を様々な角度から探すこともできます。テニスの総合ポータルサイトをお探しなら、テニスニュースやテニス施設の情報が豊富なテニスの総合ポータルサイトのテニス365をお使いください。テニスの総合ポータルサイトのテニス365であなたのテニスをもっと楽しく!