国内最大

総合テニス専門サイト「テニス365」

tennis365.net

HOMEニュースTOP今日のニュース(一覧)今日のニュース(詳細)

望月慎太郎「のんびり応援して」

望月慎太郎
トークイベントに登場した望月
画像提供: tennis365.net
男子テニスの木下グループ ジャパンオープンテニス チャンピオンシップス(日本/東京、ハード、ATP500)の会場で22日、同大会でツアー初のベスト4進出を果たした世界ランク215位の望月慎太郎のトークイベントが開催され、集まったファンに大会期間中の感謝の言葉を語った。

>>望月 慎太郎が4強進出 ジャパンOP組合せ<<

20歳の望月は今大会にワイルドカード(主催者推薦)で出場。1回戦で世界ランク31位のT・M・エチェベリー(アルゼンチン)をストレートで破りツアー初白星を飾って初戦突破すると2回戦では昨年王者で第1シードである同10位のT・フリッツ(アメリカ)を0-6, 6-4, 7-6 (7-2)の逆転で撃破。大金星を挙げると勢いそのままに準々決勝で同41位のA・ポピリン(オーストラリア)をフルセットで下しツアー初のベスト4進出を決めた。

21日の夜にA・カラツェフとの準決勝に敗れた望月だが、一夜明けた22日に会場に再び姿を見せ、ウエアとシューズの契約を結んでいるアシックスのブースでトークイベントを開催し、駆けつけたファンに応援の感謝を述べた。

「体力的には今日(22日)も試合できたので、勝ってやりたかったですけど、ベストを尽くして負けてしまったのが結果です。次の大会はまだ決まっていないですけど、すごい自信になったことも大きいので、次の試合も頑張ります」

「1回戦を突破することが目標だったので、1回戦勝ったあとは自然と涙も出てきてしまいました、そのあとは勢いに乗って自分のプレーをしようと思っていたので、素晴らしい選手たちに通用して良かったです」

また、今大会最大の番狂わせともいえる2回戦のフリッツ戦を振り返った望月。0-6で落とした第1セットや、その後のカムバックについて改めて語った。

「(フリッツには)勝てないだろうなと(笑)。周りの人全員そう思っていたんじゃないかと思います。自分的には楽しみなところが大きくて、今の自分がどれだけ通用してやり合えるのかが1番気になるところでした。どうして勝ったのかよくわからないですけど、なんとか勝ち切れたのは『自分も成長しているんだな』と感じることができました」

「第1セットを0-6で落としたときは『あーやっぱり無理だな』と(笑)。緊張も本当にしていましたし、思うようにボールも打てなかったので、正直恥ずかしい思いをしていました。見に来てくださっている方々に1時間で終わるのはよくないなと思っていたので、なんとか長くできるだけコートに立ってプレーしようと思っていました」

「いけると思いだしたのは1ゲーム取ったくらいですかね(第2セットの第2ゲームで初めてサービスキープ)。ファーストセットからそれが難しくて取れていなかったので、1ゲーム取れた段階でこのまま何ゲームも取りたいなと欲は出てきていました」

最後に望月は会場で応援していたファン、そしてテレビやネットなどで試合を見ているファンにメッセージを送った。

「今年は残り数大会で、そこをやり切って1週間くらい思い切り休みたいです。まずはできるだけ次の大会に向けて休憩して、今シーズンを良いかたちで終われるようにしたいです。結果はそんなに求めていないので、出た大会、試合に1つ1つ100パーセントでやりたいと思います」

「今大会はポジティブなことしかないと思っているので、この経験をいかして、コート上での気持ちや準備の仕方に使っていけるように自信を持ってやっていきたいです。(会場に集まったファンに向け)これからも応援が必要ですし、自分だけの力だけではトップにいけないと思っています。うまくいかないときもありますけど、期待しすぎずのんびり応援してくれたらうれしいです。ありがとうございました」

[PR]西岡 良仁、綿貫 陽介、島袋 将、望月 慎太郎、小田 凱人ら出場予定!
10/16(月)~10/22(日)「木下グループジャパンオープンテニス」WOWOWで連日独占生放送&WOWOWオンデマンドでは全コート配信予定!


■WOWOWオンデマンドはこちら>




■関連ニュース

・大坂 なおみらの全豪OP参戦を明言
・大坂コーチの再就任「倫理に反する」
・“ボールの重さ”に意見「悪化の一途」

■おすすめコンテンツ

・テニス体験レッスン受付中
・無料ドロー作成ツール
・世界ランキング
(2023年10月22日14時45分)

その他のニュース

2月23日

37歳モンフィス 大会最年長で4強入り (11時03分)

マレー&ルブレフ撃破の18歳が4強へ (10時02分)

母国への侵攻 歌で苦しみ表現 (8時29分)

綿貫「治療に専念」膝の負傷明かす (7時19分)

2月22日

レジェンド審判が死去、悲しみ広がる (23時10分)

フェデラー 華麗なプレー公開にファン歓喜 (22時05分)

完敗の西岡良仁「苦しい試合」 (20時05分)

元世界4位に罰金850万円、賭博規則違反 (19時08分)

【出場選手一覧】ジョコらマイアミOP (17時44分)

【出場選手一覧】大坂なおみらマイアミOP (16時50分)

20試合目で”天敵”以外に初黒星 (15時30分)

対トップ20は13連勝 上位勢に負けないシフィオンテク (14時54分)

西岡良仁 ズベレフに完敗で8強ならず (13時24分)

【1ポイント速報】西岡良仁vsズベレフ (11時58分)

【特典あり】アンケート開催中 テニスとストレッチ (11時55分)

17歳 期待の逸材がツアー初勝利 (11時19分)

捻挫で離脱へ Pt失効多い来月に間に合うか (10時44分)

年齢差2倍 マレーとの死闘制し8強 (9時09分)

錦織「Working hard!」練習動画公開 (8時00分)

ルーネとムラトグルー 再タッグ発表 (7時22分)

2月21日

ハレプ「1年半の悪夢が終わった」 (22時35分)

世界10位が手首の手術成功を報告 (19時05分)

ツアー10連敗阻止 ガスケ初戦突破 (18時01分)

44歳カルロビッチ 正式に現役引退 (17時06分)

前週V ワウリンカ撃破「うれしい」 (16時03分)

勝負分けた1ポイント「これがテニス」 (15時38分)

西岡 ズべレフ戦へ「反省踏まえる」 (14時47分)

アルカラス 2ポイント目で転倒し棄権 (13時04分)

ダニエル太郎 好調世界44位に屈する (12時03分)

西岡良仁 失ゲーム1の圧勝で初戦突破 (10時43分)

ご乱心 重要ポイント手放すまさかの行動 (10時26分)

【1ポイント速報】ダニエル太郎&西岡良仁 1回戦 (9時38分)

マレー 連敗脱出、全身で喜び表現 (8時44分)

杉田祐一【引退コメント全文】 (7時28分)

日比野菜緒、善戦も16強ならず (0時08分)

【1ポイント速報】日比野菜緒vsジェン (0時00分)

2月20日

大波乱 全豪Vの世界2位が初戦敗退 (20時51分)

世界11位が全豪OP以来の勝利 (19時13分)

ワウリンカ 前週Vと激突「挑戦」 (18時32分)

3時間死闘制し今季マッチ2勝目 (17時43分)

ダニエル62位 西岡は84位 (16時30分)

シナーを称賛「優勝しても驚かない」 (12時55分)

今季2度目の途中棄権で涙 (11時12分)

強風ものともせず快勝 中国選手初の白星 (10時13分)

好調プリスコバ 要因は新コーチ就任 (8時36分)

フリッツ 大会史上2人目の連覇達成 (7時23分)

【動画】ヤストレンスカの新曲「Hearts」 (0時00分)

【動画】フェデラーが公開した華麗なストローク (0時00分)

【動画】勝負を分けた運命の「1ポイント」 (0時00分)

【動画】セットポイントを逃がし"ご乱心" (0時00分)

←ニューストップへ
←前のページに戻る


テニスの総合ポータルサイトテニス365
テニスのことならテニス365へ。テニスの総合ポータルサイトテニス365はテニス用品の通販やテニスニュースからテニスコート、テニススクールなどのテニス施設を探す方まで、便利なテニスの総合ポータルサイト、テニス情報の検索サイトです。プレイスタイルやテニス歴など、テニス用品を様々な角度から探すこともできます。テニスの総合ポータルサイトをお探しなら、テニスニュースやテニス施設の情報が豊富なテニスの総合ポータルサイトのテニス365をお使いください。テニスの総合ポータルサイトのテニス365であなたのテニスをもっと楽しく!