国内最大

総合テニス専門サイト「テニス365」

tennis365.net

HOMEニュースTOP今日のニュース(一覧)今日のニュース(詳細)

圧勝2連覇でレーバー杯終幕

ベン・シェルトン
優勝を決めたシェルトンとティアフォー
画像提供: ゲッティイメージズ
男子テニスのレーバーカップ2023(カナダ/バンクーバー、室内ハード)は24日、大会3日目となる最終日を迎え、チーム・ワールドがチーム・ヨーロッパに初戦のダブルスで勝利し、チーム・ヨーロッパが逆転不可能な点差となったため、1試合で終了した。チーム・ワールドは昨年の初勝利から2年連続の優勝となった。

>>日比野、土居、シフィオンテクら東レPPO組合せ<<

>>西岡 良仁vsカラツェフ 1ポイント速報<<

レーバーカップはB・ボルグ(スウェーデン)率いるチーム・ヨーロッパとJ・マッケンロー(アメリカ)率いるチーム・ワールドが単複で3日間かけて対戦するエキシビションマッチ。毎日4試合が行われ、1勝するごとに初日は1ポイント、2日目は2ポイント、最終日は3ポイントを獲得する仕組みで勝敗を決める。

過去5度行われてきた同大会、チーム・ワールドは第1回から第4回まで全敗だったものの昨年は初勝利。そして昨年はイギリスのロンドンにあるO2アリーナで開催され、R・フェデラー(スイス)の現役最後の試合が行われた。

22日に行われたシングルス3試合とダブルス1試合はチーム・ワールドが4戦全勝。23日はシングルス2勝1敗、ダブルス1勝をあげたチーム・ワールドが10ー2とチーム・ヨーロッパを大きく離し最終日を迎えた。

1勝すれば3ポイント入るため依然逆転可能なチーム・ヨーロッパはダブルス1試合目にH・フルカチュ(ポーランド)A・ルブレフのペアを投入。この試合に勝利すれば大会自体の勝利が決まるチーム・ワールドはB・シェルトン(アメリカ)F・ティアフォー(アメリカ)のアメリカコンビが登場した。

試合はシェルトンとティアフォーが2セット連続のタイブレークを制し7-6 (7-4), 7-6 (7-5)のストレートで勝利。13-2と残り3試合でチーム・ヨーロッパが全勝をあげても逆転できないポイント差となり、打ち止めとなった。

大会初参加となったシェルトンは「僕にとってクレイジーな経験となったし、チームの環境にいることを楽しんでいる。ジョニー(マッケンロー)のためにプレーするのは楽しかった。チームも本当に良いエネルギーをもたらしてくれたと思う。ベンチから僕を盛り上げてくれた。僕も彼らを鼓舞できたと思う。フランシス(ティアフォー)と一緒にプレーするのはそれを物語っているね」とコメントを残した。

【全3日間の試合結果】

22日[チーム・ヨーロッパ 0ー4 チーム・ワールド]
A・フィス(フランス) 6-7 (4-7), 1-6 シェルトン
A・ダビドビッチ フォキナ(スペイン) 3-6, 5-7 F・セルンドロ(アルゼンチン)
G・モンフィス(フランス) 4-6, 3-6 F・オジェ アリアシム(カナダ)
ルブレフ/ フィス 3-6, 6-4, [6-10] ティアフォー/ T・ポール(アメリカ)

23日[チーム・ヨーロッパ 2-10 チーム・ワールド]
ルブレフ 2-6, 6-7 (3-7) T・フリッツ(アメリカ)
C・ルード(ノルウェー) 7-6 (8-6), 6-2 ポール
H・フルカチュ 5-7, 3-6 ティアフォー
フルカチュ/ モンフィス 5-7, 4-6 オジェ アリアシム/ シェルトン

24日[チーム・ヨーロッパ 2-13 チーム・ワールド]
フルカチュ/ ルブレフ 6-7 (4-7), 6-7 (5-7) シェルトン/ ティアフォー

[PR]9/25(月)~10/1(日)東レ パン パシフィック オープンテニス WOWOWで連日生放送・ライブ配信!
第1日は無料放送・無料配信!!

10/16(月)~10/22(日)「木下グループジャパンオープンテニス」連日生放送・ライブ配信!


■WOWOWオンデマンドはこちら>




■関連ニュース

・錦織・マレーら参戦【ジャパンOP出場選手】
・フェデラー 引退試合の対戦相手と再会
・アンダーサーブ連発で相手を翻弄!

■おすすめコンテンツ

・テニス体験レッスン受付中
・無料ドロー作成ツール
・世界ランキング
(2023年9月25日7時56分)

その他のニュース

6月18日

小田凱人 2週連続Vで世界1位返り咲き (15時55分)

6月末で終了「ディアドラ」プレゼントキャンペーン実施中 (15時41分)

世界10位も五輪欠場「膝を危険にさらす」 (15時11分)

【告知】ダニエル太郎vsフリッツ (14時10分)

完勝ディミ 好調維持し芝シーズンスタート (12時13分)

世界3位が五輪欠場「休養を…」 (11時07分)

メド 序盤苦戦も芝初戦は白星 (10時02分)

ラオニッチ 1試合の最多エース記録樹立 (8時20分)

【告知】大坂vsジェン (7時07分)

6月17日

日比野菜緒 世界24位に屈し初戦敗退 (22時58分)

【1ポイント速報】日比野菜緒vsカリンスカヤ (20時55分)

アルカラス 100週連続でトップ5維持 (19時03分)

ダニエル85位 錦織400位に (16時19分)

デミノーが自己最高へ 17日付世界ランク (15時46分)

逆転勝ちの内島萌夏が本戦入り (14時00分)

日比野菜緒 WTA500芝大会で本戦入り (12時13分)

“三度目の正直”で初V 22歳が英国勢トップへ (11時38分)

17歳の齋藤咲良 ITF大会で優勝 (10時32分)

大坂なおみ 世界ランク113位に浮上 (9時36分)

今季2度目 カップルで同週にツアーV (8時20分)

ダニエル太郎、初戦でフリッツと激突 (7時20分)

6月16日

元世界6位撃破 22歳がツアー初V (23時45分)

デ ミノー 通算9度目V 自己最高7位へ (22時31分)

ダニエル太郎 相手棄権で本戦へ (21時32分)

【中止】ダニエル太郎vsコキナキス (21時20分)

西郷里奈 大東建託OP東京大会でV (19時54分)

シナー明かす フェデラーの助言 (19時02分)

9度目V王手で自己最高8位へ (18時03分)

大坂撃破の元世界4位 5年ぶりV王手 (16時26分)

18歳の本田尚也 ナダルと練習 (15時52分)

【厳選】今週のスーパープレー5選 (15時08分)

幻の焼き芋付き!女子ダブルス大会 (15時07分)

3試合以上できる!混合ダブルス大会 (14時57分)

島袋将 大会側のミスで出場取消しに (11時20分)

元世界6位が復活 3冠に王手 (10時06分)

ダニエル太郎 逆転勝ちで本戦王手 (8時48分)

大坂なおみ 初戦で世界8位と激突 (7時33分)

錦織圭 17日開幕芝大会は欠場 (6時37分)

6月15日

大東建託OP有明 、決勝カードが決定 (18時18分)

ダブルス新ルール 改善し試験導入は継続 (16時44分)

17歳新星にWC 芝ツアー初参戦 (15時53分)

31本エース 逆転勝ちで芝4強へ (14時03分)

デミノー、ラオニッチに快勝で4強 (12時56分)

大坂なおみ 次戦は17日開幕の独大会 (11時42分)

大坂撃破「本当に勝ちたかった」 (10時39分)

世界15位ルーネ、ジャパンOP出場へ (9時34分)

大坂なおみ 元世界4位に屈し4強ならず (2時59分)

←ニューストップへ
←前のページに戻る


テニスの総合ポータルサイトテニス365
テニスのことならテニス365へ。テニスの総合ポータルサイトテニス365はテニス用品の通販やテニスニュースからテニスコート、テニススクールなどのテニス施設を探す方まで、便利なテニスの総合ポータルサイト、テニス情報の検索サイトです。プレイスタイルやテニス歴など、テニス用品を様々な角度から探すこともできます。テニスの総合ポータルサイトをお探しなら、テニスニュースやテニス施設の情報が豊富なテニスの総合ポータルサイトのテニス365をお使いください。テニスの総合ポータルサイトのテニス365であなたのテニスをもっと楽しく!