国内最大

総合テニス専門サイト「テニス365」

tennis365.net

HOMEニュースTOP今日のニュース(一覧)今日のニュース(詳細)

全米Jr複準Vの里菜央が会見

里菜央
帰国直後に会見に臨んだ里菜央
画像提供: tennis365.net
今月9日に行われたテニスの全米オープン(アメリカ/ニューヨーク、ハード、グランドスラム)ジュニアの女子ダブルスで齋藤咲良とペアを組み準優勝した里菜央が12日夕方に日本へ帰国。都内で会見を開き、喜びを語った。

今年3月に行われた高校テニス日本一の座をかけた大会、大正製薬リポビタン第45回全国選抜高校テニス大会(福岡/博多、博多の森テニス競技場、砂入り人工芝)の個人戦で優勝した17歳の里。同大会での優勝者は全米オープン・ジュニアの予選出場権を獲得することができるため出場が決まった。

里はシングルスでは予選2試合を勝ち抜き本戦入り。1回戦でJ・ベルナレス(アメリカ)をストレートで破り初戦突破を果たすも2回戦では第1シードのR・ジャムリチョヴァ(スロバキア)にストレート負けを喫した。

それでも齋藤とペアを組んだダブルスでは準決勝で第1シードのジャムリチョヴァ/ K・ケベード(アメリカ)組を6-2, 6-3のストレートで撃破し決勝進出。決勝では第8シードのA・グレバ/ M・ガエ(ルーマニア)組に6-1, 5-7,[8-10]の逆転で惜しくも敗れたものの、準優勝を飾った。

そして今回、里に加えて古賀賢 大会会長、全国選抜高校テニス大会実行委員の佐藤直樹 団長、ウイルソン アメアスポーツジャパン上田篤氏が会見に臨んだ。

里菜央
「全米OPが初めての海外でとても緊張しましたが、試合前から思い切って楽しもうと心掛けて最後まで諦めずにプレーできました。ダブルスでは準優勝という結果を残すことができたので良かったです。ありがとうございました」

古賀会長
「センバツから世界へというスローガンを掲げてスペシャルスポンサーでもありますアメアスポーツさんから頂いているワイルドカードで世界へ挑戦するという企画が始まったのが2003年でちょうど20年前です。この20年という節目の時に今回、里選手が予選を勝ち上がって、そしてダブルスでもチャンスを頂いて素晴らしい快挙を成し遂げました」

「この20年間、日本の高校テニスと世界では大きな壁があったように感じます。それが今回、里選手の素晴らしい活躍のおかげで日本の部活動、部活を頑張っている高校生が世界を本当に狙えると意識が変わった瞬間だったと思います。ですから、里選手、この場を借りて本当にありがとうございます」

「僕らはセンバツで優勝しワイルドカードを頂き、全米オープンに出ることを目的にするのではなく、本気でチャンピオンを出そうと言い続けてきました。これがなんとなく、ボヤッとして、本当にできるのかという空気がある中で今回の里選手の活躍は高体連の先生方や皆さんもこれはいける、日本の高校生もいけると意識が変わった瞬間になったと思います」

「我々は里選手から頂いた大きなバトンを1つのエネルギーに変えて本気でセンバツから全米オープンのチャンピオンを出したいと思っていますのでこれからも応援よろしくお願いします」

ウイルソン アメアスポーツジャパン 上田篤氏
「私たちは20年、ワイルドカードというものをご用意させて頂いて全国高体連さまと共に世界にチャレンジしてきました。私自身8回目の帯同ということで現地に行きましたが、本当に良い時間を過ごさせていただきました」

「先ほど会長からありました通り、日本の部活が世界に通用することを証明してくれたと思います。もちろん、里選手の頑張り、能力もありますが、日本の高校テニスが世界に通用することを証明してくれたと思うので、これから先もワイルドカードを出来る限りご用意させて頂きたいなと思います」

全国選抜高校テニス大会実行委員 佐藤直樹 団長
「里選手に18日間という長い時間、帯同しました。当初はなかなか厳しいのではないかと思いましたが、毎回素晴らしい試合でとても感動しました」

「特にダブルス決勝では第1セットを取り、第2セットは取られてしまいましたが、ファイナルセットでは途中リードしてあと2ポイント、世界のトップを獲れるところまで来ていました。里選手の活躍で世界でも十分に戦えることを示せたと思いますのでこれから高校テニスでプレーする選手たちにも頑張ってもらえればと思います」


(左から)ウイルソン アメアスポーツジャパン上田篤氏、古賀賢 大会会長、里菜央、全国選抜高校テニス大会実行委員の佐藤直樹 団長[画像提供: tennis365.net]




■関連ニュース

・齋藤咲良/里菜央ペア 全米OPJr準V
・里菜央 全米OPジュニア本戦へ
・選抜女子 相生学院・里菜央が優勝

■おすすめコンテンツ

・テニス体験レッスン受付中
・無料ドロー作成ツール
・世界ランキング
(2023年9月12日21時00分)

その他のニュース

2月25日

復帰迫るナダル 練習動画公開 (19時05分)

錦織圭の新コーチ”ヨハンソン”とは (18時21分)

29歳でツアー初V「奇跡だと思う」 (16時07分)

ダニエル太郎 初戦でデミノーと激突 (15時31分)

予選勝者が第2シード撃破し決勝へ (14時57分)

マレー 南米テニスに「MSやるべき」 (14時09分)

西岡良仁 完勝でアカプルコ本戦に王手 (12時54分)

望月慎太郎 ヒジカタと熱戦も予選敗退 (12時38分)

【1ポイント速報】西岡良仁、望月慎太郎 予選1回戦 (9時51分)

逆転勝ちでキャリア最大タイトル獲得 (9時19分)

激闘の第1セット制しツアー6勝目 (8時34分)

錦織 新コーチは元全豪王者に (7時31分)

2月24日

フェデラーをフォア史上3位に (22時59分)

汚職防止規則違反で15カ月出場停止 (21時56分)

ナダルとアルカラスに次ぐ4強 (19時24分)

ラケット叩きつけに「滅多にない」 (18時37分)

3時間半超え死闘の末ズベレフ撃破 (17時25分)

イタリア人女子5人目の決勝進出 (16時09分)

昨年Vチチパス撃破 ルード決勝へ (14時58分)

17歳の躍進止める、予選勝者が4強へ (14時42分)

予選から出場し世界1位撃破、初の決勝へ (13時36分)

ジョコとナダルまさかの同乗!? 写真公開 (11時31分)

西岡良仁&望月慎太郎 初戦の相手決定 (10時38分)

18歳が快進撃で決勝進出「言葉ない」 (9時15分)

女王敗退 3年半ぶりに予選勝者に屈す (7時42分)

2月23日

昨年Vアルカラス出場「楽しみ」 (22時46分)

過密日程が影響、体調不良で棄権 (20時27分)

12度BPセーブ 苦戦もズベレフ4強 (19時11分)

女王が7連勝、全豪準Vを撃破 (18時09分)

錦織圭に並び17歳6カ月で8強 (17時15分)

2連覇目指すチチパスが4強 (16時41分)

ガウフが主審に猛抗議、父「娘は誇り」 (15時32分)

17歳の超新星フォンセカが8強へ (15時05分)

元世界2位の決意 テニスへ「全てを捧げる」 (13時51分)

予選からガウフ撃破し4強へ (12時31分)

37歳モンフィス 大会最年長で4強入り (11時03分)

マレー&ルブレフ撃破の18歳が4強へ (10時02分)

母国への侵攻 歌で苦しみ表現 (8時29分)

綿貫「治療に専念」膝の負傷明かす (7時19分)

【動画】復帰迫るナダルの練習映像! (0時00分)

【動画】3度目の正直!トンプソン初優勝の瞬間 (0時00分)

【動画】まるでサーカス!メンシークとモンフィスのスーパーラリー! (0時00分)

2月22日

レジェンド審判が死去、悲しみ広がる (23時10分)

フェデラー 華麗なプレー公開にファン歓喜 (22時05分)

完敗の西岡良仁「苦しい試合」 (20時05分)

元世界4位に罰金850万円、賭博規則違反 (19時08分)

【出場選手一覧】ジョコらマイアミOP (17時44分)

【出場選手一覧】大坂なおみらマイアミOP (16時50分)

20試合目で”天敵”以外に初黒星 (15時30分)

対トップ20は13連勝 上位勢に負けないシフィオンテク (14時54分)

西岡良仁 ズベレフに完敗で8強ならず (13時24分)

【1ポイント速報】西岡良仁vsズベレフ (11時58分)

【特典あり】アンケート開催中 テニスとストレッチ (11時55分)

17歳 期待の逸材がツアー初勝利 (11時19分)

捻挫で離脱へ Pt失効多い来月に間に合うか (10時44分)

年齢差2倍 マレーとの死闘制し8強 (9時09分)

錦織「Working hard!」練習動画公開 (8時00分)

ルーネとムラトグルー 再タッグ発表 (7時22分)

【動画】ヨハンソンvsサフィン 2002年全豪OP決勝 (0時00分)

【画像】ジョコビッチとナダルが同じ飛行機に!公開された笑顔の2ショット写真 (0時00分)

【動画】ラケットを叩きつけるシフィオンテク (0時00分)

←ニューストップへ
←前のページに戻る


テニスの総合ポータルサイトテニス365
テニスのことならテニス365へ。テニスの総合ポータルサイトテニス365はテニス用品の通販やテニスニュースからテニスコート、テニススクールなどのテニス施設を探す方まで、便利なテニスの総合ポータルサイト、テニス情報の検索サイトです。プレイスタイルやテニス歴など、テニス用品を様々な角度から探すこともできます。テニスの総合ポータルサイトをお探しなら、テニスニュースやテニス施設の情報が豊富なテニスの総合ポータルサイトのテニス365をお使いください。テニスの総合ポータルサイトのテニス365であなたのテニスをもっと楽しく!