国内最大

総合テニス専門サイト「テニス365」

tennis365.net

HOMEニュースTOP今日のニュース(一覧)今日のニュース(詳細)

選抜女子 相生学院・里菜央が優勝

全国選抜高校テニス大会,里菜央,津田梨央
優勝の里菜央、準優勝の津田梨央(左から)
画像提供: tennis365.net
高校テニス日本一の座をかけた大会、大正製薬リポビタン第45回全国選抜高校テニス大会(福岡/博多、博多の森テニス競技場、砂入り人工芝)は大会最終日の26日に女子個人戦(シングルス)の決勝が行われ、前回大会3位の里菜央(相生学院)が津田梨央(名経大市邨)を7-5, 6-4のストレートで破り、念願の初優勝を果たした。

>>全国選抜高校テニス・男子団体組合せ<<

>>全国選抜高校テニス・女子団体組合せ<<

同大会は団体戦が21日から25日、個人戦が22日から26日にかけて開催され、25日に行われた団体戦決勝では男子は相生学院(兵庫)が4大会連続7度目、女子は四日市商(三重)が2年ぶり2度目の優勝を飾った。

個人戦には団体戦出場校のナンバー1登録選手の56名と都道府県別個人戦出場者48名の男女各104名が出場。個人戦の優勝者は9月に行われる全米オープン・ジュニアの予選出場権を獲得することができる。

また団体戦に出場しているナンバー1選手は自校の団体戦が終了後から個人戦に出場するため、25日の団体戦決勝に出場した林妃鞠(四日市商)と上野梨咲(山陽女学園)が準決勝から登場した。

26日の午前9時から行われた準決勝、里は団体・個人2冠を狙う林に第1セットを奪われるも粘りのプレーで2セットを連取して決勝に進出。一方、昨年のインターハイチャンピオンの津田は準々決勝に続き、2試合連続で1ゲームも落とさずに勝利し、決勝へ駒を進めた。

準決勝終了から1時間半後に開始した決勝戦、津田が持ち前のハードヒットで先に仕掛けるも、里はスライスを織り交ぜてロングラリーに持ち込んで津田のミスを誘う。里は第1セットを7-5で先取すると第2セットも津田の反撃を封じて栄冠を掴んだ。

里は試合後に行われた表彰式の優勝スピーチで、感謝の想いと今後の意気込みを述べた。

「この大会を開催して下さった関係者の皆様、そしてずっと応援してくれた仲間とコーチ、両親へ、本当にありがとうございました。去年は3位という悔しい結果で終わってしまって、今年は優勝することができたので素直に嬉しいです。これからも大会は続くので、もっと成長できるように頑張ります」


里菜央(相生学院)[画像: tennis365.net]

また全米オープン・ジュニア予選の出場については、「私、日本から出たことがないんですよ(笑)。外国人選手と戦うこともあまりないので、後悔なく自分のプレーが最後まで出来たら良いなと思います」と語った。

一方、準優勝の津田は昨年8月のインターハイ優勝後からプレッシャーがあったことを明かした。「自分の中でインハイ優勝(したこと)はプレッシャーがあって。その中で勝っていくのが難しかったんですが、自分のプレーをすれば勝てるとは思っていたので葛藤はありました」


津田梨央(名経大市邨)[画像:tennis365.net]

また決勝については「相手(里)はすごい球を拾う選手だったので自分が打ってもたくさん返ってきて、準決勝までよりラリーが長くなることが多くて、自分の方が最後のツメが甘かったと思います」と振り返り、優勝者が獲得できる全米オープン・ジュニアの予選出場権を逃した悔しさを語った。

「アメリカに行ったことがない(ので行きたい)のと、四大大会のジュニアはすごい大きな舞台ですし、目標としているところなので悔しいです」

女子個人戦シングルスの決勝、準決勝の結果は以下の通り。

【女子個人戦】
■決勝 結果
里菜央(相生学院)vs. 津田梨央(名経大市邨), 7-5, 6-4

■準決勝 結果
林妃鞠(四日市商) vs. 里菜央(相生学院), 6-4, 2-6, 3-6
津田梨央(名経大市邨)vs. 上野梨咲(山陽女学園), 6-0, 6-0


左から上野梨咲(山陽女学園)、林妃鞠(四日市商)[画像:tennis365.net]

同日に行われた男子個人戦シングルスでは、武方駿哉(柳川)が山本夏生(相生学院)を2-6, 7-5, 6-4の逆転で破り、栄冠を手にしている。

20日に開会式が行われて幕開けした第45回全国選抜高校テニス大会。コロナ禍による2020年大会の中止、その後の無観客開催を経て4年ぶりに制限なく観客が声援を送ることができる“フル開催”のもとで行われた熱戦の舞台は、個人戦の終了をもって26日に閉幕した。

※2023/03/27 09:25
本文中の選手名の誤表記を修正しました。


■関連ニュース

・全国選抜男子団体、相生学院が優勝
・全国選抜女子団体、四日市商が優勝
・第45回 全国選抜高校テニスが開幕

■おすすめコンテンツ

・テニス体験レッスン受付中
・無料ドロー作成ツール
・世界ランキング
(2023年3月27日0時38分)

その他のニュース

3月5日

元世界21位が引退、五輪でメダルも獲得 (19時19分)

柴原瑛菜 シングルス初優勝 (18時08分)

西岡 3時間死闘の末に予選敗退 (12時37分)

【1ポイント速報】西岡良仁vsシャン (11時55分)

ナダルとラオニッチ 初戦で激突 (11時50分)

ダニエル太郎 初戦は世界84位 (10時53分)

大坂なおみ 初戦は予選勝者に (10時24分)

ルブレフ 賞金&ポイント没収なし (7時36分)

望月慎太郎 シュワルツマン撃破 (6時47分)

綿貫陽介 BNPパリバOP予選欠場 (5時51分)

3月4日

西岡良仁 日本勢トップに返り咲き (18時05分)

カップルで同週V!ATP&WTA500制覇 (17時11分)

同国対決制しツアー初V「本当によくやった」 (15時23分)

2週連続Vでキャリアハイ19位へ (13時50分)

西岡、綿貫、望月がIW予選に出場 (11時51分)

日比野と本玉 揃って予選決勝へ (10時59分)

アルカラスがナダルに逆転勝ち (10時14分)

ジョコ 同胞ヨキッチと旧交温める (8時59分)

優勝後に大移動、恋人の決勝に間に合うか (7時39分)

3月3日

BNPパリバOP 日比野と本玉が予選出場 (17時52分)

地元の期待背負い決勝へ 単複2冠に王手 (16時42分)

デミノーが連覇 通算8勝目 (15時25分)

18歳新星に主催者推薦 BNPパリバOP (14時21分)

ATPが150万円、チチパスは225万円を寄付 (12時10分)

ナダル&アルカラス 復帰はエキシビションから (11時07分)

ルブレフ失格に「マイナーリーグだ」 (10時16分)

好調のアンベールが今季2勝目 (9時11分)

【動画】現役最後の試合を終え、涙を流すジョンソン (0時00分)

【動画】カップルで同週V!熱い抱擁で喜びを分かち合うデミノーとボールター (0時00分)

3月2日

復帰迫るナダルがディミトロフと練習! (17時14分)

逆転勝利の要因に”まさかの例え” (16時19分)

連覇に王手「彼の1日も早い回復を」 (15時25分)

優勝候補撃破も大ブーイング (13時20分)

メド撃破し決勝進出「完璧な試合」 (12時07分)

相手失格も擁護「彼はそんな男じゃない」 (10時37分)

失格に物議「確認すべき」 (9時30分)

世界5位が線審を怒鳴りつけ失格 (8時31分)

←ニューストップへ
←前のページに戻る


テニスの総合ポータルサイトテニス365
テニスのことならテニス365へ。テニスの総合ポータルサイトテニス365はテニス用品の通販やテニスニュースからテニスコート、テニススクールなどのテニス施設を探す方まで、便利なテニスの総合ポータルサイト、テニス情報の検索サイトです。プレイスタイルやテニス歴など、テニス用品を様々な角度から探すこともできます。テニスの総合ポータルサイトをお探しなら、テニスニュースやテニス施設の情報が豊富なテニスの総合ポータルサイトのテニス365をお使いください。テニスの総合ポータルサイトのテニス365であなたのテニスをもっと楽しく!