国内最大

総合テニス専門サイト「テニス365」

tennis365.net

HOMEニュースTOP今日のニュース(一覧)今日のニュース(詳細)

フェデラー、ナダルと間違われる

ロジャー・フェデラー
5月に行われたF1の会場でのフェデラー
画像提供: ゲッティイメージズ
男子テニスで元世界ランク1位のR・フェデラー(スイス)は23日にツイッターを更新し、質問を募集。R・ナダル(スペイン)との対戦についてや先日訪れたF1会場でナダルに間違われたことなど質問に答えている。

>>【動画】フェデラーが錦織 圭、伊達 公子と「のんべい横丁」に出没<<

>>【動画】デル=ポトロとフェデラーの再会<<

グランドスラムを20回制覇したフェデラーはひざの負傷の影響もあり2021年6月のウインブルドン(イギリス/ロンドン、芝、グランドスラム)を最後にツアーを離脱。昨年9月に開催されたレーバーカップ(イギリス/ロンドン、室内ハード)をもって、現役生活に終止符を打った。

そのフェデラーは今回、ツイッターで質問を募集し答えている。

質問内容とそれに対するフェデラーの答えは以下の通り。

Q、ナダルとの対戦は恋しいですか?

フェデラー:そうでもあるけど、そうでもないね。

Q、ナダルとの対戦で一番お気に入りの試合は何ですか?

フェデラー:2008年の全仏オープン(フランス/パリ、レッドクレー、グランドスラム)だよ。あの時の4ゲームは最高だった。(当時、フェデラーは1-6, 3-6, 0-6のストレート負けを喫している)

Q、誰かに間違えられたエピソードを教えてください

フェデラー:先日のF1での出来事。ある人が「ナダルさんと写真を撮りたいのです」と聞いてきた。僕は「ナダルさんではないよ」と答えた。彼は謝って、写真も撮らずに帰ってしまったよ。

Q、プロテニスプレーヤーになるためのトレーニングをしていたとき、新しい技術を習得することに焦りを感じた瞬間はありましたか?そのような焦りには、どのように対処すればいいのでしょうか?

フェデラー:テニスでは常に改善したいことがたくさんある。細部にまでこだわるからね。そのためには計画的でなければならない。優れたコーチは何をどのような順序で取り組むべきか、そして1年・3年・5年の期間で最終的に何を目指すべきかを示してくれる。一度にすべてを改善しようとすると、かえって失敗することもあるのでシンプルにするのが一番だよ。

Q、あなたの輝かしいキャリアを振り返り、テニスプレーヤーとしての旅を通して得た最も重要な教訓は何だと思いますか?また、テニス以外の人生においてそれをどのように生かそうと考えているのでしょうか?

フェデラー:困難を乗り越えること、過去にこだわらないこと、創造的で既成観念にとらわれないこと。これらはみんなテニス選手にとって重要なスキルだったが、最近、人生においても同様だと感じている。

Q、厳しい敗戦を喫した後、どのように冷静さを保っているのでしょうか? あなたは、素晴らしい勝利の数々を経験し、また、心が折れそうになるような敗北も経験してきたと思いますが、そのような中でも冷静沈着さを保っているように見えます。あなたの考えをぜひお聞かせください!

フェデラー:ただ、前に進むしかない。くよくよしないで、前向きに学ぶことだよ。そこには必ず何かがある。

Q、テニスプレーヤーとしての練習や生活の忙しさが恋しくなることはありますか?それとも、やっと他のことに時間を使えるようになったという安堵感があるのでしょうか?

フェデラー:ある意味おかしいけど、何もかもが懐かしいね。僕は何年も前から、曜日さえ覚えていなかった(月曜日が大会の始まりで、日曜日が終わりであるということ以外)。

Q、対戦したなかで、最高のサーブを教えてください

フェデラー:A・ロディック(アメリカ)J・イズナー(アメリカ)P・サンプラス(アメリカ)D・シュワルツマン(アルゼンチン)I・カルロビッチ(クロアチア)G・イバニセビッチ(クロアチア)M・ラオニッチ(カナダ)、ヴァヴリネック(フェデラーの妻)。そして、I・リュビチッチ(クロアチア)だよ。

[PR]5/28(日)~6/11(日)全仏オープンテニス WOWOWで連日生放送!
WOWOWオンデマンドでは大会第1日~第3日を無料配信!


■放送&配信スケジュールはこちら>





■関連ニュース

・フェデラー 錦織は「日本のヒーロー」
・錦織 フェデラー引退「正直悲しい」
・フェデラー 全豪の錦織が分岐点

■おすすめコンテンツ

・テニス体験レッスン受付中
・無料ドロー作成ツール
・世界ランキング
(2023年5月24日10時34分)

その他のニュース

3月5日

元世界21位が引退、五輪でメダルも獲得 (19時19分)

柴原瑛菜 シングルス初優勝 (18時08分)

西岡 3時間死闘の末に予選敗退 (12時37分)

【1ポイント速報】西岡良仁vsシャン (11時55分)

ナダルとラオニッチ 初戦で激突 (11時50分)

ダニエル太郎 初戦は世界84位 (10時53分)

大坂なおみ 初戦は予選勝者に (10時24分)

ルブレフ 賞金&ポイント没収なし (7時36分)

望月慎太郎 シュワルツマン撃破 (6時47分)

綿貫陽介 BNPパリバOP予選欠場 (5時51分)

3月4日

西岡良仁 日本勢トップに返り咲き (18時05分)

カップルで同週V!ATP&WTA500制覇 (17時11分)

同国対決制しツアー初V「本当によくやった」 (15時23分)

2週連続Vでキャリアハイ19位へ (13時50分)

西岡、綿貫、望月がIW予選に出場 (11時51分)

日比野と本玉 揃って予選決勝へ (10時59分)

アルカラスがナダルに逆転勝ち (10時14分)

ジョコ 同胞ヨキッチと旧交温める (8時59分)

優勝後に大移動、恋人の決勝に間に合うか (7時39分)

3月3日

BNPパリバOP 日比野と本玉が予選出場 (17時52分)

地元の期待背負い決勝へ 単複2冠に王手 (16時42分)

デミノーが連覇 通算8勝目 (15時25分)

18歳新星に主催者推薦 BNPパリバOP (14時21分)

ATPが150万円、チチパスは225万円を寄付 (12時10分)

ナダル&アルカラス 復帰はエキシビションから (11時07分)

ルブレフ失格に「マイナーリーグだ」 (10時16分)

好調のアンベールが今季2勝目 (9時11分)

【動画】現役最後の試合を終え、涙を流すジョンソン (0時00分)

【動画】カップルで同週V!熱い抱擁で喜びを分かち合うデミノーとボールター (0時00分)

3月2日

復帰迫るナダルがディミトロフと練習! (17時14分)

逆転勝利の要因に”まさかの例え” (16時19分)

連覇に王手「彼の1日も早い回復を」 (15時25分)

優勝候補撃破も大ブーイング (13時20分)

メド撃破し決勝進出「完璧な試合」 (12時07分)

相手失格も擁護「彼はそんな男じゃない」 (10時37分)

失格に物議「確認すべき」 (9時30分)

世界5位が線審を怒鳴りつけ失格 (8時31分)

←ニューストップへ
←前のページに戻る


テニスの総合ポータルサイトテニス365
テニスのことならテニス365へ。テニスの総合ポータルサイトテニス365はテニス用品の通販やテニスニュースからテニスコート、テニススクールなどのテニス施設を探す方まで、便利なテニスの総合ポータルサイト、テニス情報の検索サイトです。プレイスタイルやテニス歴など、テニス用品を様々な角度から探すこともできます。テニスの総合ポータルサイトをお探しなら、テニスニュースやテニス施設の情報が豊富なテニスの総合ポータルサイトのテニス365をお使いください。テニスの総合ポータルサイトのテニス365であなたのテニスをもっと楽しく!