国内最大

総合テニス専門サイト「テニス365」

tennis365.net

HOMEニュースTOP今日のニュース(一覧)今日のニュース(詳細)

WTA 中国でのツアー再開を発表

WTA
WTA
画像提供: ゲッティイメージズ
女子テニスのWTAは13日、約1年4ヵ月間中止していた中国での大会運営を今年9月から再開することを発表した。

>>チチパスらモンテカルロ組合わせ<<

2021年11月、元ダブルス世界1位のペン・シュアイ(中国)が2012年から2017年の間に中国共産党幹部から性的暴行を受けていたと告発。その後IOC国際オリンピック委員会とのビデオ通話や中国のテレビニュース映像などで姿を現してきたものの、約1年半にわたり公の場に登場することなく、表舞台から姿を消した。

WTAは告発があった時点から中国国内においてツアーなど全ての大会の一時中断を発表。約1年4ヵ月間にわたり現在まで試合を中止していた。

しかし、今回「状況は一向に変わる気配がありません」と声明を出し、今年9月から運営停止の解除を決め、大会を再開させていく方針を明らかにした。

具体的な大会の開催時期や会場は未定となっている。

以下には、WTAの声明を全文掲載する。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーー

2021年、中国のテニスプレーヤー、ペン・シュアイが勇敢にも名乗り出たとき、WTAは彼女の安全、そして選手やスタッフの安全を懸念し、中国での大会運営を停止するという姿勢をとりました。私たちがこの決断に踏み切ったとき、他の人たちが賛同してくれるかどうかは分かりませんでした。 私たちの原則的な姿勢は多くの賞賛を受け、世界に力強いメッセージを発信できたと信じています。しかし、賞賛だけでは変化をもたらすには不十分です。

中国でのテニス競技が中断された16ヵ月間、当初の要望を実現するための努力を続けてきましたが、状況は一向に変わる気配がありません。 私たちは、この目標を完全に達成することはできないと判断しました。最終的に犠牲の代償を払うことになるのは、選手と大会です。

これらの理由から、WTAは中華人民共和国での大会運営の停止を解除し、今年の9月から中国での大会を再開することになりました。

過去20年にわたる中国での時間と取り組みを通じて、WTAは女性アスリートがテニスを職業として追求するための道筋と機会を作り、テニスが同国のレクリエーション活動の中心となるよう、大きな進歩を遂げました。 今回の活動停止により、私たちは地域の女性たちにテニスを通じてプロとして前進し、将来の世代のロールモデルとなる機会を提供する能力を放棄したことになります。

私たちが目指したことをすべて実現できたわけではありませんが、シュアイさんに近い人たちと連絡を取り合い、彼女が北京の家族とともに安全に暮らしていることを確信しています。 また、中国で活動するWTAの選手やスタッフが、中国にいる間は安全に保護されるという確約も得ています。WTAはこの約束を真剣に受け止め、すべての関係者に責任を負わせるつもりです。

活動休止の決定を後悔しているわけではありませんが、WTAとそのメンバーは、今こそ中国での使命に戻る時だと感じています。 私たちは、戻ることによって、より多くの進展が得られることを期待しています。

このプロセスを通じて、シュアイ氏を忘れることはできません。 中国における私たちの新たな関与が、選手と私たちの競技復帰、テニスが提供する機会から恩恵を受けるすべての女性アスリートの安全を継続的に確保することが重要です。発言する際には、女性の声を聞かなければならないことが不可欠です。WTAは、シュアイ選手と世界中の女性の地位向上のために、引き続き提唱していきます。




■関連ニュース

・錦織「足首に痛み」原因も分からず
・大坂 なおみ 8年ぶり300位台に
・望月 慎太郎V 10代優勝は4人目

■おすすめコンテンツ

・テニス体験レッスン受付中
・無料ドロー作成ツール
・世界ランキング
(2023年4月14日8時46分)

その他のニュース

7月15日

ナダル 2連覇アルカラスを祝福 (18時44分)

島袋将「先に繋がる良い1週間」 (17時36分)

四大大会で若手が台頭「良いこと」 (16時35分)

シナー1位 ジョコとアルカラス続く (13時04分)

大坂なおみ102位へ トップ100目前 (12時27分)

「ジョコは今でもスーパーマン」 (11時40分)

四大大会4度目V「勝ち続けたい」 (10時52分)

島袋将 第3シードに惜敗し準優勝 (8時30分)

ジョコ 偉業逃すも「最後ではない」 (7時20分)

BIG3以上の早さで四大大会4勝目 (6時39分)

小田/三木ペア 5大会連続準V (5時47分)

ウィンブルドン混合V「信じられない」 (4時52分)

準Vジョコ「彼が勝者にふさわしい」 (2時23分)

アルカラスV 史上6人目の快挙達成 (1時27分)

アルカラスがウィンブルドン2連覇 (0時39分)

7月14日

【1ポイント速報】ジョコビッチvsアルカラス (23時30分)

上地結衣、四大大会複21度目V (23時23分)

川口孝大 ウィンブルドンU14優勝 (21時48分)

アルカラスのコーチ V候補は「ジョコビッチ」 (12時52分)

「ナダルvsボルグ」がツアー本戦で実現 (11時04分)

四大大会9勝目「毎回うれしい」 (10時37分)

島袋将 熱戦制しチャレンジャー決勝へ (9時26分)

三木/小田ペア、ウィンブルドンV王手 (8時25分)

死闘制し四大大会V「感動的」 (7時19分)

“絶対女王”がV 四大大会通算42勝目 (6時24分)

四大大会で2大会連続の準V (5時15分)

初Vに歓喜「人生で最高の日」 (0時45分)

ウィンブルドン制し四大大会2度目V (0時06分)

【1ポイント速報】パオリーニvsクレチコバ (0時00分)

7月13日

本田尚也 ウィンブルドンJr決勝ならず (20時19分)

ナダルがボルグ息子と練習 (19時59分)

ジョコに敗戦「チャンスあったが」 (18時59分)

2連覇に王手「どの試合も戦争」 (18時05分)

必ず5試合できる!混合ダブルス大会開催 (13時04分)

お酒好き必見!日本酒貰える大会開催 (12時55分)

ジョコ大記録へ「歴史が懸かる」 (11時27分)

島袋将 第6シードに快勝し4強 (9時42分)

メド 暴言であわや準決勝失格 (8時49分)

ジョコ「ここで止まりたくない」 (6時52分)

決勝は2年連続同カード、究極の対戦に (5時37分)

ジョコ 最多タイ8度目Vに王手 (3時54分)

【1ポイント速報】ジョコビッチvsムセッティ (1時01分)

アルカラス、メド破り2連覇王手 (0時38分)

【1ポイント速報】アルカラスvsメドベージェフ (0時30分)

小田凱人 ウィンブルドン準決勝敗退 (0時17分)

【動画】21歳アルカラスがウィンブルドン連覇達成!優勝の瞬間! (0時00分)

7月12日

上地結衣 2年ぶり決勝ならず (22時15分)

本田尚也 ウィンブルドンJrで4強 (20時30分)

参加者全員に賞金付き大会?!テニス365大会情報 (20時02分)

ナダルと練習「特権であり名誉」 (19時02分)

昨年VシェルトンがジャパンOP出場へ (18時09分)

大坂なおみ 東レPPO2024出場表明 (12時00分)

準決勝敗退も「ポジティブな2週間」 (10時56分)

ウィンブルドンで決勝へ「想像していなかった」 (10時21分)

島袋将、快勝でチャレンジャー8強 (9時15分)

セリーナ以来の快挙でウィンブルドンV王手 (7時47分)

上地 逆転勝ちで3年連続4強 (6時47分)

本田尚也 ウィンブルドンJrで8強 (5時34分)

逆転勝ちで四大大会3年ぶりV王手 (3時46分)

【1ポイント速報】ウィンブルドン女子 準決勝 (1時00分)

大躍進 四大大会で2大会連続決勝へ (0時51分)

小田凱人 2年連続ウィンブルドン4強 (0時23分)

←ニューストップへ
←前のページに戻る


テニスの総合ポータルサイトテニス365
テニスのことならテニス365へ。テニスの総合ポータルサイトテニス365はテニス用品の通販やテニスニュースからテニスコート、テニススクールなどのテニス施設を探す方まで、便利なテニスの総合ポータルサイト、テニス情報の検索サイトです。プレイスタイルやテニス歴など、テニス用品を様々な角度から探すこともできます。テニスの総合ポータルサイトをお探しなら、テニスニュースやテニス施設の情報が豊富なテニスの総合ポータルサイトのテニス365をお使いください。テニスの総合ポータルサイトのテニス365であなたのテニスをもっと楽しく!