国内最大

総合テニス専門サイト「テニス365」

tennis365.net

HOMEニュースTOP今日のニュース(一覧)今日のニュース(詳細)

ジョコ「まだやる気十分ある」

ノヴァーク・ジョコビッチ
GS22勝目をあげたジョコビッチ
画像提供: ゲッティイメージズ
テニスの全豪オープン(オーストラリア/メルボルン、ハード、グランドスラム)は29日、男子シングルス決勝が行われ、第4シードのN・ジョコビッチ(セルビア)が第3シードのS・チチパス(ギリシャ)を6-3, 7-6 (7-4), 7-6 (7-5)のストレートで破り、2021年以来2年ぶり10度目の優勝を果たした。試合後の会見では「まだ、やる気は十分ある」と語っている。

>>ジョコビッチ優勝、全豪OP男子 組合せ・結果<<

>>【動画】ジョコビッチ 10度目の全豪OP優勝を決めた瞬間<<

今大会の前哨戦であるアデレード国際1(オーストラリア/アデレード、ハード、ATP250)で左脚の太ももを負傷していたジョコビッチは、1回戦から継続的にテーピングを巻き出場。メディカルタイムアウトを取得しながら勝ち進んできたが、決勝戦ではテーピングを巻くことなくコートに入ってきた。

決勝戦、ジョコビッチはファーストサービスが入ったときに82パーセントの高い確率でポイントを獲得。1度ブレークに成功し第1セットを先取すると、第2・第3セットではタイブレークを制して2時間56分で勝利した。今回の優勝でジョコビッチは、R・ナダル(スペイン)の記録しているグランドスラム通算22勝に並び歴代最多タイに。さらに30日付の世界ランキングでは昨年6月以来となる世界1位になることが決まった。

試合後の会見でジョコビッチは戦い続ける理由について「できるだけ多くのグランドスラムを勝ち取ることが僕のモチベーションなんだ。キャリアのこの段階では、これらのトロフィーは僕がまだ戦っている理由の最大のモチベーション要因なんだよ」と明かした。

「もちろん、史上最高のプレーヤーの1人として議論されるのは名誉なこと。他の選手と同じようにここ(四大大会)で勝つために努力し、エネルギーを注いでいることは分かっているから、そのような見方をされることはとてもうれしいことだ。まだ、やる気は十分ある。それがどこまで続くか見てみよう。ここで止まりたくはないんだ。ここでやめようとは思っていない。自分のテニスにはとても満足している。身体的にも精神的にも調子がいいときは、どんな大会でも誰にでも勝てるチャンスがあるんだとわかっている」

「フィジカル的には健康を保つことができている。もちろん、35歳は25歳ではないけどね。でも、まだ時間はあると感じている。どこまで行けるか見てみよう」

ジョコビッチは2008年、20歳のときに全豪オープンを初制覇。その後2011年7月に世界ランク1位に登り詰めてから10年以上が経過したがモチベーションや身体的状態に問題がないことを強調した。

「再び世界1位になり、グランドスラムのチャンピオンになるこの瞬間を僕は自分のキャリアの中で、おそらくこれまで以上に大切にし、祝っているんだ。僕は、この瞬間が当たり前だとは思っていないよ」

「2週間半前を振り返ってみると、脚の調子が悪く、この大会に出場するチャンスはあまりなかった。でも、グランドスラムの良いところは、試合と試合の間に1日あることで、他の大会よりも回復に時間をかけることができ、プレーするために良いコンディションにするためにあらゆる治療をすることにある。4回戦以降、脚の痛みはあまり感じなくなったんだ。動きもよくなっていたしね。今回の全豪オープンでは、正直言って最高のテニスができたと思う。4回戦、準々決勝、準決勝は、コートの上で本当に快適で素晴らしいボールを打つことができた」

会見の最後にジョコビッチは大会を振り返り「今を生きること、集中すること、1日1日を大切にすること、そして自分がどこまでやれるかを見極めることは、本当に大きな精神力を必要とすることだったね」と語った。

一方、チチパスは2021年の全仏オープン(フランス/パリ、レッドクレー、グランドスラム)に続き、2度目の四大大会初制覇のかかった一戦にジョコビッチが立ちはだかり、敗れることとなった。

[PR]西岡 良仁、ダニエル 太郎、綿貫 陽介ら出場「デビスカップ 日本vsポーランド」
2/4(土) 2/5(日)WOWOWオンデマンドで独占ライブ配信!


■放送&配信スケジュールはこちら>




■関連ニュース

・ジョコ「人生最大の勝利」
・ジョコは「信じられない選手」
・錦織 圭「名を刻めて嬉しい」

■おすすめコンテンツ

・テニス体験レッスン受付中
・無料ドロー作成ツール
・世界ランキング
(2023年1月30日7時34分)

その他のニュース

5月21日

足でボール扱うトリックショット (15時02分)

【告知】西岡良仁、ダニエル太郎1回戦 (13時19分)

【告知】内山靖崇 全仏オープン予選1回戦 (11時53分)

ズベレフ2位ジョコは14位 最終戦ランク (10時41分)

19歳でトップ100へ 中国史上最年少記録樹立 (9時00分)

ナダル 大歓声の中全仏センターコートで練習 (7時33分)

ティーム「もうあのレベルには戻れない」 (6時25分)

坂詰姫野 全仏OP予選敗退 (5時18分)

島袋将 全仏OP予選1回戦で敗退 (0時22分)

【1ポイント速報】全仏オープン予選1回戦 (0時00分)

5月20日

齋藤咲良、四大大会初挑戦で勝利 (23時42分)

ティーム 最後の全仏OP 予選2回戦進出 (21時10分)

大東建託OP 福井大会が開幕 (20時29分)

望月慎太郎 全仏OP初の予選2回戦へ (19時42分)

内島萌夏 世界ランク日本勢トップに (18時37分)

錦織圭 全仏OPへ向け世界11位と練習 (17時51分)

「完璧な1週間」2度目Vで全仏へ (17時07分)

ズベレフ 今世紀3人目の複数回V (16時40分)

強心臓みせ15年ぶり快挙V (15時36分)

賞金総額2万円!団体戦が開催 (14時22分)

伊ペアが母国でV「夢のよう」 (12時55分)

22勝目ズベレフ 世界4位へ浮上 (11時28分)

大坂なおみ 世界ランク134位に浮上 (10時35分)

初Vならず「もっといいプレーを」 (8時58分)

ズベレフ「いいプレーできれば、誰にでも勝てる」 (7時32分)

ダニエル太郎、初戦は世界54位に (6時26分)

ズベレフ完勝Vでマスターズ6勝目 (5時36分)

5月19日

ティーム&シュワルツマン 全仏OP予選へ (22時48分)

日本勢7名出場!全仏OP予選組合せ決定 (21時45分)

ダニエル太郎 予選勝ち抜き本戦へ (19時54分)

【1ポイント速報】ダニエル太郎 予選決勝 (19時10分)

17歳の西村佳世が大東建託OP優勝 (18時07分)

2度目Vかマスターズ初制覇か (16時31分)

失セット0で決勝へ 6度目V王手 (15時28分)

初級~女子ダブルス大会開催、焼き芋貰える! (13時59分)

試合が多くできる!混合ダブルス大会  (13時48分)

全仏OP3連覇へ レジェンドお墨付き (11時48分)

綿貫陽介が全仏OP欠場 (10時10分)

まさかのミスに審判も爆笑 (8時42分)

2大会連続準V「何度負けても…」 (7時15分)

頂上決戦制しV 史上3人目の快挙も達成 (6時00分)

5月18日

世界2位シナー 全仏OPへ練習再開 (22時49分)

阿部宏美/永田杏里ペアが優勝 (22時05分)

ナダル&フェデラーを広告に起用 (20時04分)

ダニエル太郎 完勝で予選決勝へ (19時11分)

【1ポイント速報】ダニエル太郎 リヨン予選1回戦 (17時30分)

松井/上杉ペア 2大会連続の準優勝 (17時10分)

ジョコvsマレー 実現の可能性 (16時32分)

ベッカーに並ぶ歴代7番目の記録 (15時32分)

チチパス兄弟、全仏ダブルスに出場 (15時02分)

ティーム&シュワルツマン 全仏会場で練習 (12時06分)

ジョコ 全仏OP前週の大会参戦 (11時05分)

西岡 リヨン初戦はモンフィスに (9時20分)

“ダークホース”ジャリーが決勝へ (8時02分)

逆転勝ちズベレフが決勝へ (6時57分)

錦織圭 全仏OP前週の大会を欠場 (6時05分)

【動画】ナダル 大歓声のなかフィリップシャトリエへ (0時00分)

【動画】強い!女王シフィオンテク 3度目の優勝に大はしゃぎ! (0時00分)

←ニューストップへ
←前のページに戻る


テニスの総合ポータルサイトテニス365
テニスのことならテニス365へ。テニスの総合ポータルサイトテニス365はテニス用品の通販やテニスニュースからテニスコート、テニススクールなどのテニス施設を探す方まで、便利なテニスの総合ポータルサイト、テニス情報の検索サイトです。プレイスタイルやテニス歴など、テニス用品を様々な角度から探すこともできます。テニスの総合ポータルサイトをお探しなら、テニスニュースやテニス施設の情報が豊富なテニスの総合ポータルサイトのテニス365をお使いください。テニスの総合ポータルサイトのテニス365であなたのテニスをもっと楽しく!