国内最大

総合テニス専門サイト「テニス365」

tennis365

tennis365.net

HOMEニュースTOP今日のニュース(一覧)今日のニュース(詳細)

添田「真剣勝負を楽しめた」

添田豪
記者会見で語る添田豪
画像提供: tennis365.net
男子テニスの楽天ジャパンオープンテニス チャンピオンシップス2022(日本 /東京、ハード、ATP500)は1日、シングルス予選が開幕。今大会がATPツアー最終戦となる世界ランク474位の添田豪は1回戦で予選第8シードの島袋将に3-6, 4-6のストレートで敗れ、初戦敗退となった。試合後の会見で添田は「相手と向き合って真剣勝負を楽しむことができました」とコメントした。

>>西岡 良仁vsコバチェビッチ 準決勝1ポイント速報<<

1972年に第1回大会が開催されてから50年を迎える同大会は、新型コロナウイルス感染拡大の影響により直近2年連続で中止となっており、2019年以来3年ぶりの開催。予選は1日と2日にかけて16名で行われ、勝ち抜いた4名が3日からの本戦に駒を進める。

センターコートの第1試合に組まれた添田と島袋の一戦。島袋のファーストサービスが入ったときに82パーセントの高い確率でポイントを獲得された添田は、試合を通じて1度ブレークを奪うに留まった。自身はサービスゲームで3度のブレークを許し、1時間9分で力尽きた。

試合後の記者会見に登場した38歳の添田。2012年には自己最高の47位を記録し、ATPツアーでマッチ56勝をあげた添田は自身の戦いを振り返った。

Q.今日の試合を振り返って
「久しぶりのATPの試合でしたし、スタジアムでの試合も3年ぶりだと思うので、いつもの緊張というよりは楽しみな緊張があって。もちろん勝ちにはいきましたけど、それ以上に自分の全てを出すことを目標にプレーをしていたので、そこはコートで出せたかなと思います」

Q.楽天OPで印象に残っている試合
「3年前のN・ジョコビッチ(セルビア)戦が、彼がNo.1だったのでその試合が一番強烈に覚えています」



Q.日本人選手(島袋)との対戦について
「日本人選手と対戦するのは嬉しい反面、やりにくい部分もあったりします。僕自身これから(デビスカップの)監督になるので、これから見ていく選手と対戦するのは変な感じだったんですけど。試合前は少し嫌だなという感じはありましたが、いざコートに立つとそんなことはなくて相手と向き合って真剣勝負を楽しむことができました」

Q.キャリアを振り返って
「最大の目標だった100位に入ることを成し遂げられたことが僕のキャリアで一番のことだと思いますし、その勢いで47位まで上がれたことは頑張ってきたご褒美なのかなと。100位を切る目標があって、まさか50位を切れるとは思っていなかったので、そこのランキングまでいけたのは自分の中で誇りだと思っていますし、ほかの日本人選手と切磋琢磨して一緒に強くなれたことは20年間のツアーで良い思い出です」

Q.トップ100、ツアーレベルで戦い続けるために大事なこと
「ツアーのトップ選手が毎日毎日努力して上手くなろうという気持ちが(大会)会場にいて感じることなので、日本人選手もそこを見習ってそれ以上に日々取り組まないといけないと思います。いくら努力してもツアーから落ちてしまう選手もいる厳しい世界だと思いますけど、その一握りの選手になれるように、今回の会場でも学ぶこともあると思うので、毎日の努力が大事だと思います」



Q.最後の大会、全日本選手権について
「優勝を狙って。最後の大会だからと言って、リラックスしてただ楽しむのではなく勝ちにいきます。最後の大会だからということは考えずに、1つの大会として勝ちにいくことだけを考えています」

[PR]フェデラー最後の雄姿 ナダルとのダブルス、引退セレモニーなど永久保存版!
10/2(日)午前7:30~「レーバーカップ」5時間のダイジェスト版放送!

10/3(月)~10/9(日)「楽天ジャパンオープンテニス」
WOWOWで連日生中継!WOWOWオンデマンドでライブ配信!


■放送&配信スケジュールはこちら>




■関連ニュース

・男女の賞金格差 19歳が疑問
・フェデラー「終わりではない」
・錦織 楽天OP欠場「残念」

■おすすめコンテンツ

・テニス体験レッスン受付中
・無料ドロー作成ツール
・世界ランキング
(2022年10月1日14時03分)

その他のニュース

11月30日

SBCドリームテニスツアー観戦チケットをプレゼント (18時30分)

大坂なおみ 初の著書「楽しみ」 (18時23分)

ナダル「感動的な雰囲気」 (17時30分)

キリオス 来季の芝大会出場へ (16時14分)

ダニエル太郎、添田豪と練習 (15時22分)

デ杯準優勝「とても特別」 (13時35分)

四大大会 ベストゲーム5選 (12時59分)

男女の機会均等に向け第一歩 (11時47分)

錦織 来季デルレイビーチ出場へ (9時36分)

ラドゥカヌ 英国勲章授与「光栄」 (8時22分)

敗戦ショック「頭の中グルグル」 (7時34分)

11月29日

準V野口「戦えて良かった」 (22時27分)

18歳ガウフ NFLの応援に (21時01分)

シャポ「夢を持ちながら育った」 (20時02分)

ワウリンカ「自信になった」 (19時03分)

ズベレフ「全豪前に試合を」 (18時03分)

ティアフォー 敗退は「良かった」 (17時02分)

ナダル訪問「光栄に思う」 (16時28分)

守屋「自分を信じ挑戦する」 (14時47分)

ツアー大会 ベストゲーム5選 (12時22分)

綿貫「本当に信じられない」 (10時43分)

内山「怪我に苦しんだ1年」 (9時06分)

デ杯 ビーンズドームで開催 (8時31分)

11月28日

島津全日本室内テニス選手権 12月に開催 (21時31分)

デ杯2023予選 組合せ決定  (19時59分)

前週V綿貫キャリアハイ更新 (17時14分)

バドサ、スペイン戦を現地観戦 (16時03分)

キリオス SNSで対戦相手募集 (15時17分)

ラオニッチ「最高の瞬間」 (12時53分)

ルードがナダルから初白星 (11時55分)

フェレールとピケ、デ杯を観戦 (11時10分)

シャポ「気持ちが強かった」 (10時33分)

オジェ、デ杯Vに「夢見てた」 (9時22分)

ジョコ、デ杯優勝カナダを祝福 (8時19分)

カナダ 豪を破りデ杯初優勝 (7時41分)

11月27日

テニス選手会 公式グッズ登場 (18時01分)

綿貫陽介「最高の締めくくり」 (17時58分)

ナダル 空港でリフティング披露 (17時15分)

清水悠太 CH複で2週連続V (15時22分)

綿貫陽介 CHで2週連続優勝 (14時02分)

ナダル、ブラジルでルード破る (12時53分)

綿貫、決勝「死ぬ気で頑張る」 (11時41分)

オジェ「優勝するのが目標」 (10時44分)

カナダがイタリア破り決勝へ (9時56分)

←ニューストップへ
←前のページに戻る
ウインザーラケットショップ


テニスの総合ポータルサイトテニス365
テニスのことならテニス365へ。テニスの総合ポータルサイトテニス365はテニス用品の通販やテニスニュースからテニスコート、テニススクールなどのテニス施設を探す方まで、便利なテニスの総合ポータルサイト、テニス情報の検索サイトです。プレイスタイルやテニス歴など、テニス用品を様々な角度から探すこともできます。テニスの総合ポータルサイトをお探しなら、テニスニュースやテニス施設の情報が豊富なテニスの総合ポータルサイトのテニス365をお使いください。テニスの総合ポータルサイトのテニス365であなたのテニスをもっと楽しく!