国内最大

総合テニス専門サイト「テニス365」

tennis365

tennis365.net

HOMEニュースTOP今日のニュース(一覧)今日のニュース(詳細)

メドベージェフ「家族みたいな存在」

ダニール・メドベージェフ
ダニール・メドベージェフ
画像提供: テクニファイバー
tennis365.netは9月下旬、世界ランク4位のD・メドベージェフへインタビューを実施。前編では世界ランク1位を記録したことやR・フェデラー(スイス)の現役引退、そして今季残り約2カ月となったシーズンについて語った。今回の後編ではラケットのセッティングや、使用しているテクニファイバーについて語る。

>>メドベージェフ インタビュー前編はこちら<<

26歳のメドベージェフは昨年の全米オープン(アメリカ/ニューヨーク、ハード、グランドスラム)でN・ジョコビッチ(セルビア)を下し四大大会初制覇を達成。今年2月には自身初となる世界ランク1位にも輝いた。

しかし、今年の全米オープンでは前年覇者として第1シードで出場したものの、4回戦でN・キリオス(オーストラリア)に屈し敗退。その後の世界ランキングで4位へ後退した。

【メドベージェフ インタビュー】

Q.今季のロスカボスの大会から新しいラケットを使用し見事優勝しています。以前のラケットと比較して、特に変わった点はどこですか?
A.そうですね、僕はあまりギアに対して器用ではないと思いますが、どっちかというと大雑把なんですよ(笑)。でも、今回の新しいT-Fight 305 Isoflex はコントロール性と精度(precision)に優れているにも関わらずパワーロスが無いとすぐ感じました。

Q.Tecnifibreのラケットを長年使用していますが、どんな点が気に入っていますか?
A.まずギアに関してですが20歳の時、Tecnifibreのラケットに変えました。他の試打したラケットとはフィーリングが違うとすぐ感じました。自信をもって攻められると思った事は覚えています。そこからずっと、僕はT-Fightの305グラムのものを使っています。正直、僕が使い始めたころはあまり使用する選手がいませんでしたが、今は同じラケットを使っている選手そしてジュニアは確実に増えています。

そしてスタッフに関してですが、Tecnifibreは家族みたいな存在です。チームとかスポンサーとの人間関係・パーソナルタッチはとても大事だと思います。僕はフランスに住んでいて、フランス語もまぁまぁ喋れるのでパリの本社チームと頻繁に連絡を取っています。ほとんどの社員の方々とは面識があるかと思います。
勝っても負けてもみんな、いつも温かく応援してくれています。これ以上の事は望めません!Tecnifibreと出会ってから6年以上経ちましたが、ブランドとラケットと共に頂点に立つ事が出来ました。このままTecnifibreと世界を征服したいです!笑

Q.試合にはラケットを何本持っていきますか?ストリングのテンションは全て同一か、それとも異なるテンションのラケットを用意していますか?
A.普段は6本持っていきますね。まぁ、試合によりますが時々8本の時もありますが最低6本ですね。他の選手は何本か違うテンションで張りますが僕はあまり敏感ではないので全て同じテンションで張りますね。21キロ(約46ポンド)か22キロ(約48ポンド)で張ります。



Q.TecnifibreのYoung Guns Contest を優勝されましたがそれについて語ってもらえますか?
A.20歳の時、このコンテストに参加する素晴らしい機会を与えてもらいました。他の若手契約選手と大会での成績で争いつつ、SNSでどのくらい自分達のコミュニティを盛り上げられるか争いました。当時、僕はお金に困っていました。ホテル代、航空券代、コーチ代、食費と出費がとても多かったです。最後までフランスのバレールと紙一重の争いでしたがなんとかコンテストを優勝し、遠征費に回せる5万ドルを獲得できました。とても嬉しかったですね。

Q.あなたはTecnifibreの成長をどのように見てきましたか?
A.僕はフランスで練習をしていて、コーチがTecnifibreと深い関係だったのでアプローチがありました。その時20歳でブレイクするかしないかタフなランキング、330位でした。あまり考えず、変えよう!と思っちゃいました。
正直、最初の2大会はあまりいい結果が出ず戸惑いましたがその年、330位から99位に上がっていいチェンジだな、素晴らしいラケットだなと思いました。会社自体Lacoste Groupに加盟前だったので小さい会社でした。けど、こんなに良いラケットなのになんで選手少ないの?とは思っていました。今は使用選手も増えていますし、テニスクラブに行けば沢山使っている人もいます。こんなに会社が伸びているのは素晴しい事だと思います。
僕が貢献を出来てればいいなといますよ!笑 僕とTecnifibre社は一緒に成長していると感じているので、これからも一緒に世界を征服したいと願っています。

>>メドベージェフ インタビュー前編はこちら<<


■おすすめコンテンツ

・テニス体験レッスン受付中
・無料ドロー作成ツール
・世界ランキング
(2022年10月1日6時43分)

その他のニュース

11月30日

SBCドリームテニスツアー観戦チケットをプレゼント (18時30分)

大坂なおみ 初の著書「楽しみ」 (18時23分)

ナダル「感動的な雰囲気」 (17時30分)

キリオス 来季の芝大会出場へ (16時14分)

ダニエル太郎、添田豪と練習 (15時22分)

デ杯準優勝「とても特別」 (13時35分)

四大大会 ベストゲーム5選 (12時59分)

男女の機会均等に向け第一歩 (11時47分)

錦織 来季デルレイビーチ出場へ (9時36分)

ラドゥカヌ 英国勲章授与「光栄」 (8時22分)

敗戦ショック「頭の中グルグル」 (7時34分)

11月29日

準V野口「戦えて良かった」 (22時27分)

18歳ガウフ NFLの応援に (21時01分)

シャポ「夢を持ちながら育った」 (20時02分)

ワウリンカ「自信になった」 (19時03分)

ズベレフ「全豪前に試合を」 (18時03分)

ティアフォー 敗退は「良かった」 (17時02分)

ナダル訪問「光栄に思う」 (16時28分)

守屋「自分を信じ挑戦する」 (14時47分)

ツアー大会 ベストゲーム5選 (12時22分)

綿貫「本当に信じられない」 (10時43分)

内山「怪我に苦しんだ1年」 (9時06分)

デ杯 ビーンズドームで開催 (8時31分)

11月28日

島津全日本室内テニス選手権 12月に開催 (21時31分)

デ杯2023予選 組合せ決定  (19時59分)

前週V綿貫キャリアハイ更新 (17時14分)

バドサ、スペイン戦を現地観戦 (16時03分)

キリオス SNSで対戦相手募集 (15時17分)

ラオニッチ「最高の瞬間」 (12時53分)

ルードがナダルから初白星 (11時55分)

フェレールとピケ、デ杯を観戦 (11時10分)

シャポ「気持ちが強かった」 (10時33分)

オジェ、デ杯Vに「夢見てた」 (9時22分)

ジョコ、デ杯優勝カナダを祝福 (8時19分)

カナダ 豪を破りデ杯初優勝 (7時41分)

11月27日

テニス選手会 公式グッズ登場 (18時01分)

綿貫陽介「最高の締めくくり」 (17時58分)

ナダル 空港でリフティング披露 (17時15分)

清水悠太 CH複で2週連続V (15時22分)

綿貫陽介 CHで2週連続優勝 (14時02分)

ナダル、ブラジルでルード破る (12時53分)

綿貫、決勝「死ぬ気で頑張る」 (11時41分)

オジェ「優勝するのが目標」 (10時44分)

カナダがイタリア破り決勝へ (9時56分)

←ニューストップへ
←前のページに戻る
ウインザーラケットショップ


テニスの総合ポータルサイトテニス365
テニスのことならテニス365へ。テニスの総合ポータルサイトテニス365はテニス用品の通販やテニスニュースからテニスコート、テニススクールなどのテニス施設を探す方まで、便利なテニスの総合ポータルサイト、テニス情報の検索サイトです。プレイスタイルやテニス歴など、テニス用品を様々な角度から探すこともできます。テニスの総合ポータルサイトをお探しなら、テニスニュースやテニス施設の情報が豊富なテニスの総合ポータルサイトのテニス365をお使いください。テニスの総合ポータルサイトのテニス365であなたのテニスをもっと楽しく!