国内最大

総合テニス専門サイト「テニス365」

tennis365

tennis365.net

HOMEニュースTOP今日のニュース(一覧)今日のニュース(詳細)

3年ぶり東レPPO 約3万人来場

有明
有明コロシアムのセンターコート
画像提供: tennis365.net
女子テニスの東レ パン パシフィック オープンテニス(日本/東京、ハード、WTA500)は25日、シングルス決勝とダブルス決勝がそれぞれ行われ、L・サムソノヴァG・ダブロウスキ(カナダ)/ G・オルモス(メキシコ)組が優勝を果たし、3年ぶりに開催された同大会が終了した。

>>サムソノヴァがV、大坂ら東レPPOの組合せ・結果<<

東レ パン パシフィック オープンテニスは1984年から開催されているものの、2020年と2021年は新型コロナウイルスの感染拡大により中止に。また、有明コロシアムでは改修工事などの影響により5年ぶりの開催となった。

今年は2019年女王である大坂なおみや、2018年覇者のKa・プリスコバ(チェコ)、そして2020年の全豪オープン(オーストラリア/メルボルン、ハード、グランドスラム)を制したS・ケニン(アメリカ)や世界ランク上位のP・バドサ(スペイン)G・ムグルサ(スペイン)C・ガルシア(フランス)らが参戦。

日本勢では大坂のほか、土居美咲内藤祐希本玉真唯、そして予選を勝ち抜いた西郷里奈が本戦に出場し、予選には奈良くるみ、石井さやか、穂積絵莉瀬間詠里花、松田鈴子、坂詰姫野岡村恭香柴原瑛菜華谷和生村松千裕荒川晴菜が参加した。大坂は1回戦で相手の途中棄権により2回戦へ駒を進めたものの、自身も腹痛のため2回戦を前に棄権を発表。その他日本勢は1回戦で姿を消すこととなった。

また、奈良にとっては現役最後の大会。シングルスは予選決勝で、ダブルスは本戦1回戦で敗れたものの、いずれの試合も観客から大きな拍手が送られ、セレモニーでは多くの日本人選手らが駆けつけた。

19日から始まった本戦では、第1シードのバドサや第2シードのガルシアが初戦敗退の波乱。バドサを2回戦で下した19歳のジャン・チンウェン(中国)は第4シードのV・クデルメトバらを破り決勝に進出する快進撃を見せた。

反対の山ではウインブルドン(イギリス/ロンドン、芝、グランドスラム)女王であるE・リバキナ(カザフスタン)を1回戦で破ったサムソノヴァが第3シードのムグルサ、ザン・シュアイ(中国)らを撃破して決勝へ駒を進めた。25日日曜日の正午からセンターコートで行われたシングルス決勝とダブルス決勝には5,000人もの観客が訪れ、熱戦を見守った。

試合はブレークがほとんど生まれない緊迫したサービスゲームのキープが続くなか、計3度のブレークに成功したサムソノヴァが7-5,7-5でチンウェンに勝利。大会を通して失セット0で完璧な優勝を飾り、今季ツアー3勝目をあげた。

サムソノヴァは試合後の会見で「今日の試合に臨むために体の準備はできていましたが、精神面での疲れはあったと思います。これまでこんなに多くの試合(シングルスとダブルス)をこなしたことがなかったのでそれもありました。今日は本当に厳しい試合でしたけどプレッシャーをはねのけられた部分はあったと思うのでその点はよかったです。自分自身の出来には満足しています」と語っている。

一方、ダブルスには日本勢が7組出場。土居美咲/ 奈良くるみ組、穂積絵莉/ 二宮真琴組、柴原瑛菜/ L・ステファニ(ブラジル)組、青山修子/ チャン・ハオチン(台湾)組、加藤未唯/ ワン・シンユ(中国)組、日比野菜緒/C・ザオ(カナダ)組、そして本玉/ 内藤組が出場ペアの棄権により急遽参戦となった。

ダブルスでも日本勢は結果を残すことができず全ペアが1回戦敗退。決勝は第2シードのダブロウスキ/ オルモス組と第4シードのE・ペレス(オーストラリア)/ N・メリチャー(アメリカ)組となり、ダブロウスキとオルモスのペアが6-4,6-4で勝利し、5月のムチュア・マドリッド・オープン(スペイン/マドリッド、レッドクレー、WTA1000)以来となる今季ペア2勝目をあげた。

【東レ パン パシフィック オープンテニス 予選を含めた全日程の入場者数】

予選17日(土):2,260名
予選18日(日):2,113名
本戦19日(月)1回戦:4,136名
本戦20日(火)1回戦:2,735名
本戦21日(水)2回戦:2,788名
本戦22日(木)2回戦:3,033名
本戦23日(金)準々決勝:4,151名
本戦24日(土)準決勝:4,031名
本戦25日(日)決勝:5,168名
計:30,415名

[PR]10/3(月)~10/9(日)「楽天ジャパンオープンテニス」
WOWOWで連日生中継!WOWOWオンデマンドでライブ配信!


■放送&配信スケジュールはこちら>




■関連ニュース

・男女の賞金格差 19歳が疑問
・フェデラー「終わりではない」
・錦織 楽天OP欠場「残念」

■おすすめコンテンツ

・テニス体験レッスン受付中
・無料ドロー作成ツール
・世界ランキング
(2022年9月26日15時40分)

その他のニュース

12月8日

全豪ボール「キリオスら危険」 (19時27分)

ティームらアルゼンチンOP出場へ (18時06分)

ジョコビッチ Google検索で1位に (16時12分)

全豪OP 大坂なおみらエントリー (14時38分)

全豪OPエントリーリストが公開 (13時57分)

ズベレフvsティーム「楽しみ」 (12時19分)

加藤未唯 SBC欠場を発表 (11時41分)

豪華エキシビ 組み合わせが決定 (10時31分)

インカレ室内 本戦がスタート (8時57分)

女子開幕戦 ジャバーら出場 (7時47分)

出場選手が世界遺産を観光 (7時04分)

12月7日

大坂なおみ 米人気番組に出演 (18時40分)

ホップマンカップ 来季復活 (17時01分)

ジョコ、西岡ら来季開幕戦出場へ (15時59分)

1stステージVの今井が欠場へ (15時04分)

ナダル、アルカラスと対戦 (14時20分)

インカレ室内 本選出場32名揃う (8時37分)

半年ぶりコーチ再就任「感謝」 (7時22分)

12月6日

宇野真彩 テニスリトリートツアーを初開催 (20時00分)

シャポ「とても悲しい」 (19時42分)

デ ミノー 表彰候補に (19時14分)

ズベレフ復帰「とても楽しみ」 (16時18分)

「最も幸せな年で悲劇的な年」 (14時20分)

賞金100万ドル大会に向け初練習 (12時14分)

錦織「安らかに」名コーチ追悼 (10時32分)

18歳新星、仏男子6人目の快挙 (9時12分)

チリッチらW杯の日本撃破に興奮 (8時19分)

名コーチ・ボロテリー氏が逝去 (7時29分)

12月5日

チチパス「力を発揮する機会」 (21時01分)

フェデラー NBA試合観戦 (18時30分)

ズベレフ「大変誇りに思う」 (17時30分)

ナダル「とても素晴らしい」 (15時55分)

西岡36位、ダニエル93位 (15時13分)

第11回杉山記一杯が開催 (13時07分)

伊藤竜馬 SBCファイナル欠場 (10時54分)

橋本総業ら3チームが3連勝 (10時01分)

日本リーグ マイシンのみ無敗 (9時29分)

フェデラー「ROLEXに感謝」 (8時16分)

出場する全12選手が出揃う (7時50分)

チリッチ 母国クロアチアの日本撃破に興奮 (0時00分)

←ニューストップへ
←前のページに戻る
ウインザーラケットショップ


テニスの総合ポータルサイトテニス365
テニスのことならテニス365へ。テニスの総合ポータルサイトテニス365はテニス用品の通販やテニスニュースからテニスコート、テニススクールなどのテニス施設を探す方まで、便利なテニスの総合ポータルサイト、テニス情報の検索サイトです。プレイスタイルやテニス歴など、テニス用品を様々な角度から探すこともできます。テニスの総合ポータルサイトをお探しなら、テニスニュースやテニス施設の情報が豊富なテニスの総合ポータルサイトのテニス365をお使いください。テニスの総合ポータルサイトのテニス365であなたのテニスをもっと楽しく!