国内最大

総合テニス専門サイト「テニス365」

tennis365.net

HOMEニュースTOP今日のニュース(一覧)今日のニュース(詳細)

ティアフォー「全て出し切った」

フランシス・ティアフォー
準決勝で敗れたティアフォー
画像提供: ゲッティイメージズ
テニスの全米オープン(アメリカ/ニューヨーク、ハード、グランドスラム)は9日、男子シングルス準決勝が行われ、第22シードのF・ティアフォー(アメリカ)は第3シードのC・アルカラス(スペイン)に7-6 (8-6),3-6,1-6,7-6 (7-5),3-6の逆転フルセットで敗れ、四大大会初の決勝進出とはならなかった。試合後の会見では「僕は持てる力をすべて出し切った」と語った。

>>アルカラスvsルード 1ポイント速報<<

>>シフィオンテクvsジャバー 1ポイント速報<<

準決勝、第1セットは互いにサービスゲームのキープが続きタイブレークに突入。3度のセットポイントを凌がれたティアフォーだったが、最後はアルカラスがダブルフォルトを犯し先行する。第2セットでは第6ゲームでこの試合両者を通じて初のブレークを許し、セットカウント1-1に追いつかれる。

第3セットでは序盤4ゲーム連取を許すなど一方的な展開となりセットカウント1-2と崖っぷちに追い込まれたものの、第4セットではブレークの奪い合いとなり再びタイブレークへ。これをものにし、ファイナルセットにもつれ込んだ。

ファイナルセット、第1ゲームで先にブレークを許したティアフォーだったが、第4ゲームでブレークバックに成功。しかし、最後まで攻めの姿勢を崩さなかったアルカラスに押し切られ、その後2度のブレークを奪われ力尽きた。試合時間は4時間19分。

試合後の会見でティアフォーは「今、いろいろな感情があるよ。正直なところ、僕はベストプレーヤーとプレーできること、そしてグランドスラムで勝つことができることを証明できた。僕が最高のプレーをするとき、何ができるかは誰もが知っていると思うんだ。でも、そのような選手の1人になること、そしてコンスタントに勝利することがどれだけ凄いなことなのかはわかっている。もちろん、これまでのキャリアでは良いプレーが散発的で、一時的に調子を崩すこともあった。でも、僕は常に世界のトッププレーヤーと戦ってきたんだ。今、僕はそれをコンスタントに続けていて、もっと簡単に相手を倒せるようになってきている。次のステップに進む準備はできている。今のランキングは、正直言ってただの数字だと思う。誰と対戦するかなんて、本当にどうでもいいんだ。どんな試合でも勝てるような気がするからね」と自信を語った。

また、優勝のための努力や過程を考えことについて、自身の心境の変化も口にした。

「そのプロセスが好きになった。より多くのハードワークをこなすようになったんだ。よりスマートに仕事をし、より理解するようになった。いつも一生懸命やっているけど、自分の弱点をもっと強くして、自分のゲームをもっと分解して、また試合の勉強をするようになったんだ。若いころは、試合のことだけをよく勉強していた。今は自分の弱点を改善し、より良くなるよう努力し続けるだけだ。2週間をこの大会で過ごすというのは、世界で1番タフなことだといつも思っている。ここまでくると、2週間の間にどれだけ休息が大切か、よくわかる。今回、1度も外食に行かなかったんだ。ただ休んでいるだけ。しんどいよ。もし、日曜日(決勝)にプレーしなければならないのなら、もっと体力が出てくるんだけどね。でも、2週間、何試合も戦うというのは簡単なことではない。タフなテストだね」

ティアフォーは今大会、D・シュワルツマン(アルゼンチン)R・ナダル(スペイン)A・ルブレフらを下し4強入り。自身より上の世界ランクの選手を倒し、初のベスト4に駒を進める結果となった。この約2週間の激闘について、最後に実感と感想を述べた。

「正直なところ、まだ実感がわかないんだ。でも、僕の人生で最もクレイジーな2週間だった。そうだね、人生で最もクレイジーな2週間。夢にまで見たことだ。でも、少し足りなかった。ラファ(ナダル)を破ったこと。僕は今年のグランドスラムでラファを破った唯一の選手なんだ。彼は世界1位の座を争っているから、それを封じることができたんだ。けど、グランドスラムで彼に勝ったというだけなのも事実。グランドスラムで彼に勝つのは簡単なことではないけど、ここニューヨークで、みんなの前で初めて彼を倒し、その意味を理解するのはクレイジーなことだったね」

「(アルカラスは)世界でもトップクラスの選手であることは間違いない。彼はとても若いし、とてもハードにボールを打つ。正直なところ、彼ほど動きのいい選手とは対戦したことがないんだ。彼は頂点に到達している。彼がどうやってポイントを伸ばしているのか、信じられないよ。とんでもない選手だ。長い間、他の選手にとって問題であり続けるだろうね。もう1度言うけど、僕にはチャンスがあった。チャンスもあったけど、でも、あの若さで大事な場面であれだけ冷静でいられるなんて脱帽だし、尊敬しているよ」

ティアフォーをフルセットで退けた19歳のアルカラスは四大大会初制覇をかけて、第5シードのC・ルード(ノルウェー)と対戦する。ルードは準決勝で第27シードのK・ハチャノフを下しての勝ち上がり。

また、この決勝戦で勝利した選手が次週世界ランク1位に輝くことが確定。アルカラスが1位となった場合は、2001年にL・ヒューイット(オーストラリア)が打ち立てた記録を破り、史上最年少での1位となる。またルードが1位となればノルウェー人として初めて王座につくことになる。

[PR]8/29(月)~9/12(月)
WOWOWで連日独占生中継!
WOWOWオンデマンドにて全コートライブ配信
第13日 女子決勝 シフィオンテク−ジャバー 初の頂点に立つのは?

9/19(月)~「東レ パン パシフィック オープンテニス」、10/3(月)~「楽天ジャパンオープンテニス」も連日生中継&ライブ配信!


■放送&配信スケジュールはこちら>




■関連ニュース

・男女の賞金格差 19歳が疑問
・錦織 出場予定一覧に名前なし
・東レPPO 3年ぶり開催を発表

■おすすめコンテンツ

・テニス体験レッスン受付中
・無料ドロー作成ツール
・世界ランキング
(2022年9月10日14時40分)

その他のニュース

6月18日

錦織圭 次週大会に向け練習公開 (22時44分)

ダニエル太郎 世界12位に完敗 (21時24分)

大坂なおみ 世界8位に惜敗 (20時26分)

【1ポイント速報】ダニエル太郎vsフリッツ (20時00分)

【1ポイント速報】大坂なおみvsジェン (17時59分)

小田凱人 2週連続Vで世界1位返り咲き (15時55分)

6月末で終了「ディアドラ」プレゼントキャンペーン実施中 (15時41分)

世界10位も五輪欠場「膝を危険にさらす」 (15時11分)

完勝ディミ 好調維持し芝シーズンスタート (12時13分)

世界3位が五輪欠場「休養を…」 (11時07分)

メド 序盤苦戦も芝初戦は白星 (10時02分)

ラオニッチ 1試合の最多エース記録樹立 (8時20分)

6月17日

日比野菜緒 世界24位に屈し初戦敗退 (22時58分)

【1ポイント速報】日比野菜緒vsカリンスカヤ (20時55分)

アルカラス 100週連続でトップ5維持 (19時03分)

ダニエル85位 錦織400位に (16時19分)

デミノーが自己最高へ 17日付世界ランク (15時46分)

逆転勝ちの内島萌夏が本戦入り (14時00分)

日比野菜緒 WTA500芝大会で本戦入り (12時13分)

“三度目の正直”で初V 22歳が英国勢トップへ (11時38分)

17歳の齋藤咲良 ITF大会で優勝 (10時32分)

大坂なおみ 世界ランク113位に浮上 (9時36分)

今季2度目 カップルで同週にツアーV (8時20分)

ダニエル太郎、初戦でフリッツと激突 (7時20分)

6月16日

元世界6位撃破 22歳がツアー初V (23時45分)

デ ミノー 通算9度目V 自己最高7位へ (22時31分)

ダニエル太郎 相手棄権で本戦へ (21時32分)

【中止】ダニエル太郎vsコキナキス (21時20分)

西郷里奈 大東建託OP東京大会でV (19時54分)

シナー明かす フェデラーの助言 (19時02分)

9度目V王手で自己最高8位へ (18時03分)

大坂撃破の元世界4位 5年ぶりV王手 (16時26分)

18歳の本田尚也 ナダルと練習 (15時52分)

【厳選】今週のスーパープレー5選 (15時08分)

幻の焼き芋付き!女子ダブルス大会 (15時07分)

3試合以上できる!混合ダブルス大会 (14時57分)

島袋将 大会側のミスで出場取消しに (11時20分)

元世界6位が復活 3冠に王手 (10時06分)

ダニエル太郎 逆転勝ちで本戦王手 (8時48分)

大坂なおみ 初戦で世界8位と激突 (7時33分)

錦織圭 17日開幕芝大会は欠場 (6時37分)

【動画】錦織圭 次週大会に向け練習 (0時00分)

6月15日

大東建託OP有明 、決勝カードが決定 (18時18分)

ダブルス新ルール 改善し試験導入は継続 (16時44分)

17歳新星にWC 芝ツアー初参戦 (15時53分)

31本エース 逆転勝ちで芝4強へ (14時03分)

デミノー、ラオニッチに快勝で4強 (12時56分)

大坂なおみ 次戦は17日開幕の独大会 (11時42分)

大坂撃破「本当に勝ちたかった」 (10時39分)

世界15位ルーネ、ジャパンOP出場へ (9時34分)

大坂なおみ 元世界4位に屈し4強ならず (2時59分)

【動画】大坂なおみ撃破の瞬間!ジェンがフルセットの熱戦制す (0時00分)

←ニューストップへ
←前のページに戻る


テニスの総合ポータルサイトテニス365
テニスのことならテニス365へ。テニスの総合ポータルサイトテニス365はテニス用品の通販やテニスニュースからテニスコート、テニススクールなどのテニス施設を探す方まで、便利なテニスの総合ポータルサイト、テニス情報の検索サイトです。プレイスタイルやテニス歴など、テニス用品を様々な角度から探すこともできます。テニスの総合ポータルサイトをお探しなら、テニスニュースやテニス施設の情報が豊富なテニスの総合ポータルサイトのテニス365をお使いください。テニスの総合ポータルサイトのテニス365であなたのテニスをもっと楽しく!