国内最大

総合テニス専門サイト「テニス365」

tennis365.net

HOMEニュースTOP今日のニュース(一覧)今日のニュース(詳細)

綿貫陽介「役目を果たせた」

綿貫陽介
ダラスOPの綿貫陽介
画像提供: ゲッティイメージズ
男子テニスの国別対抗戦デビスカップ BY RAKUTENファイナルズ2022の予選「日本vsスウェーデン」(スウェーデン/ヘルシンボリ、室内ハード)が4日に1日目が行われ、日本は1勝1敗として初日を終えた。試合後にダニエル太郎綿貫陽介岩渕聡監督はコメントを残した。

>>デ杯 日本vsスウェーデン対戦表・結果<<

>>高校センバツ 男女団体組合せ<<

同予選はシングルス2試合を1日目に、2日目にはダブルス1試合とシングルス2試合が組まれており、3勝を挙げて勝利した国は9月に開催されるファイナル グループステージに進出。そこでさらに絞られ、11月23日に開幕するファイナル ノックアウトステージに駒を進められる。

第1試合、スウェーデンは試合開始直前にメンバーを変更。M・イメル(スウェーデン)との対戦を予定していたが手首の故障で出場できず。急きょ、D・N・マダラス(スウェーデン)に変更となった。試合は8本のサービスエースを決めた綿貫がファーストサービスが入ったときに81パーセントの高い確率でポイントを獲得。サービスゲームでは3度のブレークを許したものの、リターンゲームで5度のブレークに成功。6-4,6-4のストレートで破り、1時間21分で日本が先勝を決めた。

第2試合ではダニエル太郎とE・イメル(スウェーデン)が激突。イメルはこの日5本のダブルフォルトを犯したものの、ダニエルは攻め切ることができず。10度のブレークチャンスを握ったが1度しかブレークできなかった。逆にサービスゲームでは8度のブレークチャンスを与えるとそのうち3度決め切られ、5-7,4-6のストレート負けを喫し1勝1敗となった。

日本テニス協会は公式サイトに3名のコメントを掲載。それぞれ次のように語っている。

綿貫陽介
「(錦織圭西岡良仁の)トップ二人が不在の中、2番手としてプレーすることになった。デ杯では1試合目に勝つか負けるかでチームの雰囲気が変わる。役目は果たせんじゃないかと思う」

ダニエル太郎
「レベルが高かった試合。相手がいいプレーをしてきて、僕もいいプレーしていた。デ杯の緊張感を試合になるまで気づかなかった。微妙な場面で少し焦ってしまった。緊張感はあって当たり前。これを誇りに思って明日のコートに入っていきたい」

岩渕聡監督
「急きょ、選手が変わるハプニングはあったが、綿貫は素晴らしい試合をしてくれた。ダニエルも、相手がいいプレーをしてきてずっと我慢の試合だったが、ナンバーワンでプレーするプレッシャーの中、力を出し切って戦ってくれた。明日につながるいい一日だったと思っている」

現地時間5日に行われる2日目は、ダブルス、シングルス、シングルスの順で試合が行われる。

今回、岩渕聡がキャプテンを務める日本代表チームには、ダニエルと綿貫のほかに内山靖崇望月慎太郎マクラクラン勉の5名が選出されている。

【1日目:2022年3月4日】
現地4日17時(日本時間5日1時)開始予定
■第1試合
綿貫陽介 6-4,6-4 D・N・マダラス

■第2試合
ダニエル太郎 5-7,4-6 E・イメル

【2日目:2022年3月5日】
現地5日13時(日本時間5日21時)開始予定
■第3試合
内山靖崇/マクラクラン勉組vs.A・ゴランソン(スウェーデン)/D・N・マダラス組

■第4試合
ダニエル太郎vs.D・N・マダラス

■第5試合
内山靖崇vs.E・イメル

※2日目のオーダーは変更の場合あり

予選は「日本vsスウェーデン」のほか、「フランスvsエクアドル」「スペインvsルーマニア」「フィンランドvsベルギー」「アメリカvsコロンビア」「オランダvsカナダ」「ブラジルvsドイツ」「スロバキアvsイタリア」「オーストラリアvsハンガリー」「カザフスタvsノルウェー」「アルゼンチンvsチェコ共和国」「オーストリアvs韓国」の計12戦が各国で開催される。

デビスカップ・ファイナルズには、予選を勝ち上がった12カ国に加えて、昨年準優勝のクロアチア、ワイルドカード(主催者推薦)のセルビアとイギリスが出場する。

また国際テニス連盟のITFが1日、ロシアによるウクライナ侵攻に関し声明を発表し、ロシアテニス連盟・ベラルーシテニス連盟の資格停止処分を下したため、前回大会優勝のロシアと予選から出場を予定していたベラルーシは欠場となった。




■関連ニュース

・デ杯予選、日本はスウェーデンと対戦
・ロシア 15年ぶり3度目のデ杯制覇
・ジョコ デ杯で2年前のリベンジ

■おすすめコンテンツ

・テニス体験レッスン受付中
・無料ドロー作成ツール
・世界ランキング
(2022年3月5日16時50分)

その他のニュース

4月22日

ナダル、レーバー杯出場が決定 (21時54分)

第1シードはシナー マドリッド組合せ決定 (19時35分)

西岡78位 ダニエル85位に (18時31分)

大坂なおみ 5つ下げて197位 (17時31分)

33歳で悲願達成「長い間待ってた」 (16時33分)

無免許ルバキナ、ポルシェの使い道は? (16時09分)

世界1位通算100週 史上9人目快挙  (12時15分)

初優勝から6年、2度目のツアーV (11時06分)

大坂なおみ 初戦は予選勝者 (9時25分)

ルード 悲願V、雪辱果たす (8時04分)

4月21日

33歳シュトルフがツアー初V (22時43分)

69分完勝で今季ツアー3度目V (21時49分)

ナダル「徐々に負荷を」マドリッドへ (19時03分)

今季2人目の単複制覇に王手 (18時06分)

クレー初決勝へ「本当に素晴らしい」 (17時01分)

アルカラス 史上初3連覇なるか (16時07分)

追い上げ許すも逃げ切り決勝へ (15時01分)

経験値UP&豪華景品付?!テニス365大会情報 (13時59分)

「完璧な試合」2連覇中のルーネ撃破 (13時20分)

あと1勝でポルシェ獲得も「免許ない」 (11時27分)

2週連続決勝進出、リベンジへ (10時09分)

最高の選手は3人「おそらく私と…」 (8時42分)

チチパス10連勝 2週連続V王手 (7時35分)

ジョコ 2年連続マドリッド欠場 (6時19分)

元世界1位ムグルサ 現役引退 (5時29分)

大激闘の末に3連覇阻止し決勝へ (0時09分)

【1ポイント速報】シフィオンテクvsルバキナ (0時00分)

4月20日

日比野ペア 逆転負けで決勝逃す (21時55分)

スコア操作&賭博、審判が永久追放 (18時35分)

17歳新星を撃破「現実離れしてた」 (17時23分)

ズベレフ「この天候では勝てない」 (16時26分)

高級リゾートで団体戦、非日常体験 (15時00分)

全チーム賞金獲得!団体戦が開催 (15時00分)

女王シフィオンテク 3連覇へあと2勝 (14時32分)

極寒の戦い制す、7度目の正直なるか (13時54分)

大坂なおみ以来の珍記録 (11時47分)

無敗記録を継続 3連覇へ前進 (10時34分)

世界3位撃破「信じられない結末」 (9時11分)

大苦戦チチパス、逆転勝ちで4強 (8時06分)

【動画】ルード 雪辱果たし悲願の優勝! (0時00分)

4月19日

ズベレフ 世界106位に敗れ4強逃す (22時55分)

先月負傷のマレー 練習再開 (21時19分)

ルバキナ 接戦制しクレー初戦白星 (18時58分)

西岡良仁、世界40位とバスケ対決 (17時58分)

わずか48分、母国大会で圧勝し8強 (17時13分)

弧を描く“バナナショット”披露 (15時34分)

世界1位 今季クレー初戦白星で8強へ (14時32分)

フェデラーも協力 新作テニスゲーム (13時53分)

島袋将 元世界31位ハリスに敗北 (12時21分)

【1ポイント速報】島袋将vsハリス (10時53分)

17歳フォンセカ、ツアー2度目の8強へ (10時16分)

デミノー撃破の19歳フィスが8強へ (8時35分)

ダニエル太郎 オジェに屈し8強ならず (7時19分)

【動画】ポルシェに乗り表彰式に登場したルバキナ (0時00分)

←ニューストップへ
←前のページに戻る


テニスの総合ポータルサイトテニス365
テニスのことならテニス365へ。テニスの総合ポータルサイトテニス365はテニス用品の通販やテニスニュースからテニスコート、テニススクールなどのテニス施設を探す方まで、便利なテニスの総合ポータルサイト、テニス情報の検索サイトです。プレイスタイルやテニス歴など、テニス用品を様々な角度から探すこともできます。テニスの総合ポータルサイトをお探しなら、テニスニュースやテニス施設の情報が豊富なテニスの総合ポータルサイトのテニス365をお使いください。テニスの総合ポータルサイトのテニス365であなたのテニスをもっと楽しく!