国内最大

総合テニス専門サイト「テニス365」

tennis365.net

HOMEニュースTOP今日のニュース(一覧)今日のニュース(詳細)

10代でトップ30 直近10年6人目

ヤニック・シナー
19歳のシナー
画像提供: ゲッティイメージズ
男子プロテニス協会のATP公式サイトは4日、19歳で世界ランク23位のJ・シナー(イタリア)を特集した。シナーは2010年以降の世界ランキングにおいて、10代でトップ30の壁を突破した6人目の選手となった。

>>【YouTube】ラケット選びの極意Part1、面の大きさ・フレーム厚・重さ・形状から選定<ウインザー池袋店】 Tennis Racket<<

シナーは前週まで行われていたマイアミ・オープン(アメリカ/マイアミ、ハード、ATPマスターズ)でマスターズ1000初の決勝に進出したが、H・ホルカシュに敗れタイトルを逃した。

しかし、同大会の躍進により5日付の世界ランクでは8つ上昇し自己最高の23位に浮上することが決定。ATPは初のトップ30入りとなったシナーに着目し、10代で世界ランクトップ30に食い込んだ若手選手らを紹介した。

シナーはマイアミ・オープン準優勝について「僕はすべてをコントロールしている。自分がどの位置にいるのか、どこに行こうとしているのかわかっているつもりだ。今の僕にとっては、前回の大会よりも成長したかどうかが最大の関心事。もちろん、少しでも自信を持てば多少は楽になる。しかし、大会、特に大きなトーナメントで深くいくためには努力しなければならない」と語っている。

<2010年以降10代で世界ランクトップ30に入った選手>
※左から選手名、トップ30に入った時期とそのときの世界ランク、達成した当時の年齢

F・オジェ アリアシム(カナダ):2019年4月29日、30位、18歳8カ月21日
D・シャポバロフ(カナダ):2018年5月14日、25位、19歳1カ月
A・ズベレフ(ドイツ):2016年6月20日、27位、19歳2カ月
B・トミック(オーストラリア):2012年5月31日、28位、19歳7カ月10日
J・シナー:2021年4月5日、23位、19歳7カ月20日
A・デ ミノー(オーストラリア):2019年1月7日、29位、19歳10カ月19日

[PR]男子テニスATPツアーマスターズ1000 モンテカルロ
4/11(日)〜4/18(日)
WOWOWオンデマンドで配信!


■放送&配信スケジュールはこちら>




■関連ニュース

・モンフィスとスイトリナが婚約
・錦織「トップ10とも戦える」
・錦織に「きつい状況」と理解

■おすすめコンテンツ

・テニススクール コンシェルジュ
・レンタルコート予約
・世界ランキング
(2021年4月5日14時04分)

その他のニュース

3月5日

元世界21位が引退、五輪でメダルも獲得 (19時19分)

柴原瑛菜 シングルス初優勝 (18時08分)

西岡 3時間死闘の末に予選敗退 (12時37分)

【1ポイント速報】西岡良仁vsシャン (11時55分)

ナダルとラオニッチ 初戦で激突 (11時50分)

ダニエル太郎 初戦は世界84位 (10時53分)

大坂なおみ 初戦は予選勝者に (10時24分)

ルブレフ 賞金&ポイント没収なし (7時36分)

望月慎太郎 シュワルツマン撃破 (6時47分)

綿貫陽介 BNPパリバOP予選欠場 (5時51分)

3月4日

西岡良仁 日本勢トップに返り咲き (18時05分)

カップルで同週V!ATP&WTA500制覇 (17時11分)

同国対決制しツアー初V「本当によくやった」 (15時23分)

2週連続Vでキャリアハイ19位へ (13時50分)

西岡、綿貫、望月がIW予選に出場 (11時51分)

日比野と本玉 揃って予選決勝へ (10時59分)

アルカラスがナダルに逆転勝ち (10時14分)

ジョコ 同胞ヨキッチと旧交温める (8時59分)

優勝後に大移動、恋人の決勝に間に合うか (7時39分)

3月3日

BNPパリバOP 日比野と本玉が予選出場 (17時52分)

地元の期待背負い決勝へ 単複2冠に王手 (16時42分)

デミノーが連覇 通算8勝目 (15時25分)

18歳新星に主催者推薦 BNPパリバOP (14時21分)

ATPが150万円、チチパスは225万円を寄付 (12時10分)

ナダル&アルカラス 復帰はエキシビションから (11時07分)

ルブレフ失格に「マイナーリーグだ」 (10時16分)

好調のアンベールが今季2勝目 (9時11分)

【動画】カップルで同週V!熱い抱擁で喜びを分かち合うデミノーとボールター (0時00分)

3月2日

復帰迫るナダルがディミトロフと練習! (17時14分)

逆転勝利の要因に”まさかの例え” (16時19分)

連覇に王手「彼の1日も早い回復を」 (15時25分)

優勝候補撃破も大ブーイング (13時20分)

メド撃破し決勝進出「完璧な試合」 (12時07分)

相手失格も擁護「彼はそんな男じゃない」 (10時37分)

失格に物議「確認すべき」 (9時30分)

世界5位が線審を怒鳴りつけ失格 (8時31分)

←ニューストップへ
←前のページに戻る


テニスの総合ポータルサイトテニス365
テニスのことならテニス365へ。テニスの総合ポータルサイトテニス365はテニス用品の通販やテニスニュースからテニスコート、テニススクールなどのテニス施設を探す方まで、便利なテニスの総合ポータルサイト、テニス情報の検索サイトです。プレイスタイルやテニス歴など、テニス用品を様々な角度から探すこともできます。テニスの総合ポータルサイトをお探しなら、テニスニュースやテニス施設の情報が豊富なテニスの総合ポータルサイトのテニス365をお使いください。テニスの総合ポータルサイトのテニス365であなたのテニスをもっと楽しく!