国内最大

総合テニス専門サイト「テニス365」

tennis365

tennis365.net

HOMEニュースTOP今日のニュース(一覧)今日のニュース(詳細)

メド 全豪OP初の決勝へ

ダニール・メドベージェフ
決勝進出を果たしたメドベージェフ
画像提供: ゲッティイメージズ
テニスの全豪オープン(オーストラリア/メルボルン、ハード、グランドスラム)は19日、男子シングルス準決勝が行われ、第4シードのD・メドベージェフ(ロシア)が第5シードのS・チチパス(ギリシャ)を6-4,6-2,7-5のストレートで破って大会初の決勝進出を果たし、四大大会初優勝に王手をかけた。

>>大坂 なおみvsブレイディ 1ポイント速報<<

>>ジョコビッチvsメドベージェフ 1ポイント速報<<

この試合の第1セット、メドベージェフは時速213キロのサービスを武器に5本のサービスエースを決め主導権を握る。ファーストサービスが入ったときに89パーセントの高い確率でポイントを獲得しブレークチャンスを与えることなく先行する。

第2セットでは徐々にミスが増えてきたチチパスをストロークで攻め立てたメドベージェフが、フォアハンドウィナーを決め第3ゲームでブレークに成功。その後の第7ゲームではリターンエースを決めこのセット2度目のブレークを奪い、決勝進出に王手をかけた。

第3セットでもストローク戦でチチパスを圧倒したメドベージェフが第1ゲームで先にブレーク。第6ゲームでは、チチパスにこの試合初となるブレークを許したものの、第11ゲームでとどめのブレークに成功。2019年の全米オープン(アメリカ/ニューヨーク、ハード、グランドスラム)以来2年ぶり2度目となる決勝の舞台への切符を手にした。

四大大会初のタイトル獲得がかかるメドベージェフは、決勝で第1シードのN・ジョコビッチ(セルビア)と対戦する。両者は8度目の顔合わせでジョコビッチの4勝3敗。ジョコビッチは準決勝で世界ランク114位のA・カラツェフ(ロシア)をストレートで下しての勝ち上がり。

一方、敗れたチチパスは四大大会初の決勝進出とはならなかった。

[PR]「全豪オープンテニス」
WOWOWで連日生中継&ライブ配信!
WOWOWオンデマンド 今すぐ”無料トライアル”!


■放送&配信スケジュールはこちら>




■関連ニュース

・大坂 なおみ、失格ジョコに言及
・錦織との不平等にジョコ不満
・錦織に「きつい状況」と理解

■おすすめコンテンツ

・テニススクール コンシェルジュ
・レンタルコート予約
・世界ランキング
(2021年2月19日19時57分)

ウインザーラケットショップ

>>動画をもっと見る<<




テニスの総合ポータルサイトテニス365
テニスのことならテニス365へ。テニスの総合ポータルサイトテニス365はテニス用品の通販やテニスニュースからテニスコート、テニススクールなどのテニス施設を探す方まで、便利なテニスの総合ポータルサイト、テニス情報の検索サイトです。プレイスタイルやテニス歴など、テニス用品を様々な角度から探すこともできます。テニスの総合ポータルサイトをお探しなら、テニスニュースやテニス施設の情報が豊富なテニスの総合ポータルサイトのテニス365をお使いください。テニスの総合ポータルサイトのテニス365であなたのテニスをもっと楽しく!