国内最大

総合テニス専門サイト「テニス365」

tennis365

tennis365.net

HOMEニュースTOP今日のニュース(一覧)今日のニュース(詳細)

バーティに伝えた4つのルール

アシュリー・バーティ
世界ランク1位のバーティ
画像提供: ゲッティイメージズ
オーストラリアテニス協会の公式サイトは15日、女子テニスで世界ランク1位のA・バーティ(オーストラリア)のコメントを掲載した。テニスの世界にのめり込むきっかけや、当時のコーチのインタビューが掲載されている。

>>【YouTube】綿貫 陽介 苦悩を告白「ダメになるかも」から復活、錦織や西岡らの印象とは<<

>>YouTube 綿貫 陽介ラケバ公開、ラケットは頭側が重い? インタビュー後編<<

現在24歳のバーティが、地元オーストラリアのブリスベンで初めてテニスを体験したのは4歳のころだった。両親と2人の姉にテニスコートへ連れてこられたバーティは当時、テニスラケットを触るだけで面白く感じ、飽きることなく興味を示していたという。

バーティは当時について「私の最初の記憶は、両親に遊びに誘われたことだった。5歳になるまであと1週間か10日くらいだったと思う。土曜日の朝のレッスンで、8時か8時半のレッスンだった。(コーチの)ジムは私が子ども過ぎるから入れないって伝えたの。ショックだった、ただテニスがしたかっただけだからね」と振り返った。

コーチのジム・ジョイス氏は当時、8歳以上のジュニアにしか指導をしていなかったためそのような対応になったが、ラケットを振るバーティに特別な何かを発見した。

ジョイス氏はバーティについて「あの日のことは今でも覚えてる。アッシュ(バーティ)の特筆すべき点は手と目だった。40年近く選手を指導してきたけど、今まで見てきた中で最も優れていたんだ。あれほどまでに熱心な子どもは見たことがない。雷雨でコートが濡れていても問題じゃないんだ。アッシュはあのテニスコートに行きたがっていた」と語った。

また、ジョイス氏はバーティに4つのルールを伝えた。

1つは楽しむこと、2つ目はいい人になること、3つ目は尊敬し、尊敬されること。そして4つ目は3つのことを行いつつテニスをすればそれがプラスになること。

最後にバーティは、海外を転戦する現在も定期的にジョイス氏と連絡を取り、アドバイスをもらっていることを明かした。

「6歳から8歳くらいにかけてジムと一緒にやっていたトレーニングを、今でも試合前のバックコートでやっている。それがルーティンなの」

バーティはこれまでシングルスで8つ、ダブルスで10のタイトルを獲得。四大大会では、2019年の全仏オープン(フランス/パリ、レッドクレー、グランドスラム)シングルスを制している。

[PR]「全豪オープンテニス」
2月8日開幕!WOWOWで連日生中継


■放送&配信スケジュールはこちら>




■関連ニュース

・波乱 女王バーティが初戦敗退
・バーティに豪現地紙が注目
・「歴史つくる」バーティに期待

■おすすめコンテンツ

・テニススクール コンシェルジュ
・レンタルコート予約
・世界ランキング
(2021年1月16日11時49分)

その他のニュース

3月8日

土居美咲 熱戦制し初戦突破 (20時42分)

錦織ら3/8日本勢世界ランク (16時36分)

フェデラー復帰「期待は低い」 (14時11分)

大坂なおみは世界ランク2位 (12時11分)

シュワルツマン 地元で優勝 (11時52分)

18歳が予選からツアー初V (11時23分)

錦織 世界ランク40位へ浮上 (9時46分)

ジョコ1位 311週の新記録 (9時45分)

ルブレフV「幸せ感じる」 (7時37分)

3月7日

約16年ぶりに新世界2位が誕生 (17時29分)

クヴィトバV キャリア28勝目 (16時46分)

完勝で決勝へ、地元初Vへ王手 (15時04分)

ダニエル 決勝ならず「残念」 (12時47分)

世界137位 ツアー初の決勝へ (12時46分)

フェデラー 2年ぶりに6位後退 (12時17分)

ルブレフ、キャリア8勝目王手 (10時39分)

フェデラー 第2シードで復帰 (10時01分)

3月6日

錦織 初戦は世界93位に決定 (20時34分)

デ杯 日本がパキスタンに勝利 (16時25分)

錦織撃破、準決勝は世界59位 (15時38分)

クヴィトバ 28勝目に王手 (15時37分)

地元V向けシュワルツマン4強 (15時37分)

錦織 2年ぶりの4強ならず (9時40分)

チチパス4強へ 激闘制す (9時26分)

【1ポイント速報】錦織svチョリッチ (4時32分)

フェデラー 出発「1年ぶり」 (3時58分)

3月5日

HEAD GRAVITY 2021シリーズ 発売開始 (18時47分)

内田海智も勝利、日本2勝 (18時26分)

デ杯 綿貫陽介が快勝で先行 (16時23分)

引退ウィリス「正しい決断」 (15時41分)

錦織、準々決勝はチョリッチ (6時37分)

←ニューストップへ
←前のページに戻る
ウインザーラケットショップ

>>動画をもっと見る<<




テニスの総合ポータルサイトテニス365
テニスのことならテニス365へ。テニスの総合ポータルサイトテニス365はテニス用品の通販やテニスニュースからテニスコート、テニススクールなどのテニス施設を探す方まで、便利なテニスの総合ポータルサイト、テニス情報の検索サイトです。プレイスタイルやテニス歴など、テニス用品を様々な角度から探すこともできます。テニスの総合ポータルサイトをお探しなら、テニスニュースやテニス施設の情報が豊富なテニスの総合ポータルサイトのテニス365をお使いください。テニスの総合ポータルサイトのテニス365であなたのテニスをもっと楽しく!