国内最大

総合テニス専門サイト「テニス365」

tennis365

tennis365.net

HOMEニュースTOP今日のニュース(一覧)今日のニュース(詳細)

セリーナ 熱戦制し17度目の8強

セリーナ・ウィリアムズ
8強入りを決めたセリーナ
画像提供: ゲッティイメージズ
テニスの全米オープン(アメリカ/ニューヨーク、ハード、グランドスラム)は7日、女子シングルス4回戦が行われ、第3シードのS・ウィリアムズ(アメリカ)が第15シードのM・サッカリ(ギリシャ)を6-3, 6-7 (6-8), 6-3のフルセットで破り、3年連続17度目のベスト8進出を果たした。

>>大坂vsロジャース 1ポイント速報<<

>>大坂ら全米オープン対戦表<<

全米オープンの前哨戦となったW&Sオープン(アメリカ/ニューヨーク、ハード、WTAプレミア)3回戦ではサッカリに逆転負けを喫していたセリーナはこの日、1度もブレークを許さずに第1セットを先取。第2セットはタイブレークの接戦の末に落としセットカウント1−1に追いつかれるも、ファイナルセットでは強烈なフォアハンドを武器に9本のウィナーを獲得。サッカリのサービスゲームを2度ブレークし、2時間28分の熱戦を制した。

セリーナは試合後の会見で、短い期間で2度サッカリと対戦したことについて「再戦について考えたことはあったけど、少しだけ。全く違う試合だし、違うシナリオになる。私は戦い続けた。彼女(サッカリ)はとてもうまくやっていたし、とてもアグレッシブだった。私も同じようにしなければいけないとわかっていた」と話した。

四大大会24度目の制覇を狙う38歳のセリーナは、4強入りをかけて準々決勝で元世界ランク31位のT・ピロンコバ(ブルガリア)と対戦するピロンコバは4回戦で世界ランク56位のA・コルネ(フランス)をフルセットで下しての勝ち上がり。

セリーナは現在の自身のコンディションに関して「私は間違いなくマッチフィットしている。3セットをたくさんプレーしてきたから、それもいいこと。ファンのことが大好きだから無観客は寂しいけどね」と語っている。

一方、敗れたサッカリは四大大会初のベスト8進出とはならなかった。

[PR]「全米オープンテニス」
トッププレーヤーが繰り広げる激戦の模様をWOWOWで連日独占生中継でお届け!

「錦織 圭出場!男子テニスATPツアー キッツビューエル」
錦織 圭が約1年ぶりにツアー復帰するATPツアーをWOWOWで錦織戦を独占放送&配信!


■詳細はこちら>




■関連ニュース

・ティームら全米オープン対戦表
・錦織 圭 大坂 なおみに同情
・大坂 なおみ 驚異の18歳を絶賛

■おすすめコンテンツ

・テニススクール コンシェルジュ
・レンタルコート予約
・世界ランキング
(2020年9月8日14時07分)

ウインザーラケットショップ

>>動画をもっと見る<<




テニスの総合ポータルサイトテニス365
テニスのことならテニス365へ。テニスの総合ポータルサイトテニス365はテニス用品の通販やテニスニュースからテニスコート、テニススクールなどのテニス施設を探す方まで、便利なテニスの総合ポータルサイト、テニス情報の検索サイトです。プレイスタイルやテニス歴など、テニス用品を様々な角度から探すこともできます。テニスの総合ポータルサイトをお探しなら、テニスニュースやテニス施設の情報が豊富なテニスの総合ポータルサイトのテニス365をお使いください。テニスの総合ポータルサイトのテニス365であなたのテニスをもっと楽しく!