国内最大

総合テニス専門サイト「テニス365」

tennis365.net

HOMEニュースTOP今日のニュース(一覧)今日のニュース(詳細)

「いまさら聞けないテニスラケットの常識、非常識」

■テニスGEEK通信(TENNIS GEEK NEWS)とは
テニスギアの「モノ」や「コト」を、深堀し、マニアックに、そしてGEEK(ヲタク)にお届けするコラムです。

ウインザーラケットショップ池袋店スタッフの中居が独自の目線で話題の商品を紹介します。

テニスに関する仕事をして30数年になる大ベテランですが、まだまだヤル気満々でテニスコートに立っているシニアプレーヤーです。
-----------------------
「いまさら聞けないテニスの常識、非常識」

テニスを始めて数年が経ち、みんな普通に言ってるけど、意味がわからないとか深く理解していないとか間違って覚えていたとか色々あると思うのですが、
いまさら恥ずかしくて聞けないことってありませんか?

今回はそんなお悩みに答えていきたいと思います。

「ボックスフレームとラウンドフレームの違いがわからない」



まずは、ラケットのボックスフレーム、ラウンドフレームについてです。

フレームの断面に対して、ボックスフレームとラウンドフレームと区別しています。



ボックスと言えば、電話ボックスとかティッシュボックスとかの長方形を思い浮かべると思います。

ラケットのボックス形状も角が90度の四角形のことで、1980年代1990年代はほぼボックス形状が中心でした。

以前からラウンド形状はありましたが、ラウンド形状が流行り出したのは、バボラピュアドライブからなので、ここ20年というところです。

ウッドラケットからカーボンラケットに変わっていったのですが、ウッドの流れから「しなり」「食い付き」「ホールド感」というのは重要視されていましたので、柔らかさが出るボックス形状が主流だったのです。

ラウンド形状は、フレームの剛性を硬くでき、空気抵抗を抑えることができたので、パワーを生かしながら、スピンを増やせたので、エッグボールという新しい弾道が生まれ、アウトしそうな軌道から急激に落下しベースラインギリギリで着弾し、大きく跳ね上がりました。

このエッグボールを操ってクレーコートで暴れていたのがスペインのR・ナダル(スペイン)選手です。

ボックス形状とラウンド形状を比較するのにわかりやすいので、スクール消しゴムとスーパーボールを用意してみてください。



親指と人差し指で挟んで力を入れると、消しゴムはグニャッと変形しやすく、スーパーボールは変形しづらいと思います。

ラケットのしなりはカーボンの編み方で硬くも柔らかくもできますが、ラケットのフェース面が内側に引っ張られる変形は素材ではなく、形状で起こります。
ボックス形状は内側に少し小さくなるような変形が起き、ホールド感、手のひら感が起こります。

ラウンド形状はほとんど変形しませんので、パワーロスなく弾き出します。

どちらが良いのではなく、好みの打球感になります。

ボールを乗せて少し運ぶようにコントロールする方はボックスフレーム向きで、ヘッドスピードを上げてスピンで攻めていく方はラウンド向きです。



「ウエイト、バランス、スイングウエイトって何?」



ラケットのウエイトはわかるけど、バランス、スイングウエイトは何?と言う方は結構いらっしゃいます。

ウエイトは単純に全体の重量です。

バランスは、重心の位置のことで、釣り合うところから、グリップエンドまでの距離を測ります。

320mmをイーブンバランスと言って、数字が大きくなるとヘッドが重たいので、トップヘビー、数字が小さいとヘッドが軽いのでトップライトと言います。

ハカリを二つ用意し、ひとつはラケットのトップ部分を乗せ、もう一つのハカリにグリップエンドを乗せるとそれぞれにウエイトが表示されるのですが、トップヘビーのラケットはヘッドを乗せたハカリの数字が大きくなり、トップライトはグリップエンドを乗せたハカリの数字が大きくなります。

当然、二つのハカリの合計はラケットのウエイトと同じになります。

要するにバランスはラケットのどの部分が重たくなっているかです。

スイングウエイトは、動いている状態の動的ウエイトのことです。



もし、ラケットの真ん中辺りを握って振る競技ならスイングウエイトを測る必要はありません。ウエイトとバランスだけで十分です。

ラケットの一番端のグリップを握って動かすと、慣性モーメントが働きますので、スイングウエイトを測ることでプレー時の状態に近い感覚のウエイトがわかってきます。

ウエイトとバランスが同じラケットでも、スイングウエイトが違うことがあります。

ウエイトが300gでバランスが320mmのラケットが2本あります。
わかりやすくするために大袈裟に表現します。

①ラケットトップ部が125gでグリップ部が125gでバランスポイントが320mmのラケット

と、

②バランスポイント320mm付近に250gの重さが集中しているラケット

があると仮定します。



ウエイト、バランスはまったく同じですが、スイングウエイトは、①の方が重たくなります。

ラケット内部の素材の密度や、樹脂の量の偏りは外見からはわからないのです。


スイングウエイトが大きい方が威力も大きくなりますが、操作性能は悪くなります。

同じスイングスピードで振ることができるならば、スイングウエイトが大きい方がパワーが上がりますが、もし、スイングスウエイトが小さいことで、スイングスピードが速くなる場合は逆転することもあります。

「ボールの威力=ウエイト×スイングスピード2乗」

ですので、ウエイトよりもスイングスピードの方が2乗で比例するので、ウエイトを軽くしてスイングを速くするのも簡単に威力を上げる方法です。

下記のように、ウインザー店頭ではスイングウエイトを計測する機械がございます。



「パワー=ウエイト×移動距離」の公式がありますので、軽いものより重たいものの方が威力が出るのです。

ラケットA:320g、バランス310mm、スイングウエイト285
ラケットB:280g、バランス330mm、スイングウエイト285



ラケットAとラケットBはスイングウエイトが285と同じですが、同じスイングスピードで振った場合ラケットAの方が威力が大きくなります。

ただしラケットBは40g軽いので、疲労が出る後半にスイングスピードが落ちにくいメリットがあります。

店頭でスイングウエイトを計測する最大のメリットは、同じラケットを2本そろえるときに、振った感覚が近いものを正確に選べることです。



同時に2本購入しなくても、1本目のウエイト、バランス、スイングウエイトがわかっていれば、2本目を購入するときに近いものを選んだり、1本目よりも軽いもの、重いものなど注文をつけることができるのです。

参考になったでしょうか、今回は以上です。

その他GEEK通信の記事はこちら>


■関連ニュース

・「記憶に残るラケットベスト5を発表します。」
・【ソリンコ】[考察]「5角形ポリエステル、ソリンコのコンフィデンシャルとハイパーGを比べてみました。」
・「水とお湯でテニスをサポートする話」

■おすすめコンテンツ

・テニススクール コンシェルジュ
・レンタルコート予約
・世界ランキング
(2020年5月8日14時58分)

その他のニュース

4月23日

元世界2位バドサ告白「あと数年」 (15時50分)

錦織圭 全仏OP直前ツアー大会出場へ (14時35分)

24選手参戦! 新作テニスゲーム発売へ (12時19分)

マドリッド予選 ティーム、ガスケら初戦突破 (11時42分)

16歳 ツアーキャリア2試合目でナダルと激突 (10時29分)

ジョコ 5度目の受賞に「光栄」 (8時38分)

望月慎太郎 マドリッド本戦に王手 (7時23分)

4月22日

年齢差21年117日の対戦 MS歴代最大に (22時48分)

ナダル、レーバー杯出場が決定 (21時54分)

第1シードはシナー マドリッド組合せ決定 (19時35分)

西岡78位 ダニエル85位に (18時31分)

大坂なおみ 5つ下げて197位 (17時31分)

33歳で悲願達成「長い間待ってた」 (16時33分)

無免許ルバキナ、ポルシェの使い道は? (16時09分)

世界1位通算100週 史上9人目快挙  (12時15分)

初優勝から6年、2度目のツアーV (11時06分)

大坂なおみ 初戦は予選勝者 (9時25分)

ルード 悲願V、雪辱果たす (8時04分)

4月21日

33歳シュトルフがツアー初V (22時43分)

69分完勝で今季ツアー3度目V (21時49分)

ナダル「徐々に負荷を」マドリッドへ (19時03分)

今季2人目の単複制覇に王手 (18時06分)

クレー初決勝へ「本当に素晴らしい」 (17時01分)

アルカラス 史上初3連覇なるか (16時07分)

追い上げ許すも逃げ切り決勝へ (15時01分)

経験値UP&豪華景品付?!テニス365大会情報 (13時59分)

「完璧な試合」2連覇中のルーネ撃破 (13時20分)

あと1勝でポルシェ獲得も「免許ない」 (11時27分)

2週連続決勝進出、リベンジへ (10時09分)

最高の選手は3人「おそらく私と…」 (8時42分)

チチパス10連勝 2週連続V王手 (7時35分)

ジョコ 2年連続マドリッド欠場 (6時19分)

元世界1位ムグルサ 現役引退 (5時29分)

大激闘の末に3連覇阻止し決勝へ (0時09分)

【1ポイント速報】シフィオンテクvsルバキナ (0時00分)

4月20日

日比野ペア 逆転負けで決勝逃す (21時55分)

スコア操作&賭博、審判が永久追放 (18時35分)

17歳新星を撃破「現実離れしてた」 (17時23分)

ズベレフ「この天候では勝てない」 (16時26分)

高級リゾートで団体戦、非日常体験 (15時00分)

全チーム賞金獲得!団体戦が開催 (15時00分)

女王シフィオンテク 3連覇へあと2勝 (14時32分)

極寒の戦い制す、7度目の正直なるか (13時54分)

大坂なおみ以来の珍記録 (11時47分)

無敗記録を継続 3連覇へ前進 (10時34分)

世界3位撃破「信じられない結末」 (9時11分)

大苦戦チチパス、逆転勝ちで4強 (8時06分)

【動画】ルード 雪辱果たし悲願の優勝! (0時00分)

←ニューストップへ
←前のページに戻る


テニスの総合ポータルサイトテニス365
テニスのことならテニス365へ。テニスの総合ポータルサイトテニス365はテニス用品の通販やテニスニュースからテニスコート、テニススクールなどのテニス施設を探す方まで、便利なテニスの総合ポータルサイト、テニス情報の検索サイトです。プレイスタイルやテニス歴など、テニス用品を様々な角度から探すこともできます。テニスの総合ポータルサイトをお探しなら、テニスニュースやテニス施設の情報が豊富なテニスの総合ポータルサイトのテニス365をお使いください。テニスの総合ポータルサイトのテニス365であなたのテニスをもっと楽しく!