- 国内最大の総合テニス専門サイト テニス365 - 錦織圭、フェデラー、ナダル、ジョコビッチなどテニスニュース満載。全豪オープン、ウィンブルドン、全仏オープン、全米オープンなどテニス大会特集も!

- 国内最大の総合テニス専門サイト -

HOMEニュースTOP今日のニュース(一覧)今日のニュース(詳細)

セリーナ決勝へ 産後初V王手

セリーナ・ウィリアムズ
決勝進出を果たしたセリーナ
画像提供: ゲッティ イメージズ
女子テニスのロジャーズ・カップ(カナダ/トロント、ハード、WTAプレミア)は10日、シングルス準決勝が行われ、第8シードのS・ウィリアムズ(アメリカ)が世界ランク91位のM・ブズコバ(チェコ)を1-6, 6-3, 6-3の逆転で破り、決勝進出を果たした。

>>大坂らW&Sオープン対戦表<<

>>大坂2回戦 1ポイント速報<<

第1セット、セリーナは予選から勝ち上がってきたブズコバに圧倒されるも、第2セットはファーストサービスが入った時に100パーセントの確率でポイントを獲得。ファイナルセットでは1度ブレークに成功し、1時間47分の熱戦を制した。

女子プロテニス協会のWTA公式サイトにはセリーナのコメントが掲載されており「安定感がより必要だった。簡単なミスをあまりせず、精神的に何千本ものボールを打つ準備が必要だった」と振り返っている。

「第1セットは少しやり過ぎてしまったから、違うテニスをしなければいけなかった。それが本当に大事だったし、変化をつけてボールを散らして、予測されないようにした。たくさんのトレーニングや正しいこともできている」

2017年の9月に第一子を出産後、セリーナはタイトルに手が届いておらず、最後に優勝したのは同年1月の全豪オープン(オーストラリア/メルボルン、ハード、グランドスラム)。

2013年以来6年ぶり4度目のロジャーズ・カップ制覇を狙うセリーナは、決勝で世界ランク27位のB・アンドレースク(カナダ)と対戦する。地元のアンドレースクは準決勝で同29位のS・ケニン(アメリカ)をストレートで下しての勝ち上がり。

セリーナは「何が起こるか見てみたい。自分にとって全く違う。それは、この大会へ来るときには分かっていた。観客は彼女(アンドレースク)の応援になるのは明らか。コートへ向かい、最高のテニスをするだけ。幸いなことに、これまでも観客が厳しい状況での試合も経験してきた。そんな状況に慣れていることを願っている」と語っている。

錦織圭 出場予定 男子テニスATPツアー マスターズ1000 シンシナティ」

【大会期間】
8/11(日・祝)〜8/18(日)※大会1日目無料配信 WOWOWメンバーズオンデマンドにて限定配信!
※大会1日目無料配信

■詳細・配信スケジュールはこちら>




■関連ニュース

・セリーナ、ジョコ発言を批判
・大坂の元コーチ バイン氏語る
・大坂、金銭問題を否定

■おすすめコンテンツ

・錦織掲示板
・選手フォトギャラリー
・世界ランキング
・スコア速報
(2019年8月11日12時23分)

ウインザーラケットショップ



テニスの総合ポータルサイトテニス365
テニスのことならテニス365へ。テニスの総合ポータルサイトテニス365はテニス用品の通販やテニスニュースからテニスコート、テニススクールなどのテニス施設を探す方まで、便利なテニスの総合ポータルサイト、テニス情報の検索サイトです。プレイスタイルやテニス歴など、テニス用品を様々な角度から探すこともできます。テニスの総合ポータルサイトをお探しなら、テニスニュースやテニス施設の情報が豊富なテニスの総合ポータルサイトのテニス365をお使いください。テニスの総合ポータルサイトのテニス365であなたのテニスをもっと楽しく!