- 国内最大の総合テニス専門サイト テニス365 - 錦織圭、フェデラー、ナダル、ジョコビッチなどテニスニュース満載。全豪オープン、ウィンブルドン、全仏オープン、全米オープンなどテニス大会特集も!

- 国内最大の総合テニス専門サイト -

HOMEニュースTOP今日のニュース(一覧)今日のニュース(詳細)

ジョコビッチ 死闘制しV5

ノヴァーク・ジョコビッチ
5度目の優勝を果たしたジョコビッチ
画像提供: ゲッティ イメージズ
テニスのウィンブルドン(イギリス/ロンドン、芝、グランドスラム)は14日、男子シングルス決勝が行われ、第1シードのN・ジョコビッチ(セルビア)が第2シードのR・フェデラー(スイス)を7-6 (7-5), 1-6, 7-6 (7-4), 4-6, 13-12 (7-3)のフルセットで破り、2年連続5度目の優勝を果たした。

決勝戦、序盤から両者一歩も譲らず第1セットはタイブレークへ突入。ジョコビッチはフェデラーとの激しいラリー戦の末に終盤でポイントを連取し、このセットを先取する。

第2セットに入ると、ファーストサービスが入った時のポイント獲得率が100パーセントのフェデラーに圧倒される。さらに3度のブレークを許して、セットカウント1−1となる。

第3セット、ジョコビッチは第10ゲームでフェデラーにセットポイントを握られるピンチを迎えるも、これをしのいで再びタイブレークへ。高い集中力を保ったジョコビッチがこのセットを取り、勝利へ王手をかける。

第4セット、ジョコビッチはゲームカウント2−5とリードを許すと挽回できず、ファイナルセットへ突入。

その後、息を吹き返したジョコビッチが第6ゲームで最後パッシングショットを決めて先にブレークするもフェデラーに反撃を許し、第16ゲームでは2本のチャンピオンシップポイントを握られ崖っぷちに追い込まれる。

しかし、このピンチをしのぐとタイブレークの末に4時間半を超える死闘を制した。

一方、敗れたフェデラーは2017年以来2年ぶり9度目の優勝とはならなかった。

錦織圭 出場予定 男子テニスATPツアー500 ワシントンD.C.」

【大会期間】
7/29(月)〜8/4(日) WOWOWメンバーズオンデマンドにて限定配信!
※大会1日目無料配信

■詳細・配信スケジュールはこちら>




■関連ニュース

・錦織との不平等にジョコ不満
・フェデラー 心配でナダルへ連絡
・錦織に惜敗 主審へ激怒も謝罪

■おすすめコンテンツ

・錦織掲示板
・選手フォトギャラリー
・世界ランキング
・スコア速報
(2019年7月15日3時08分)

ウインザーラケットショップ



テニスの総合ポータルサイトテニス365
テニスのことならテニス365へ。テニスの総合ポータルサイトテニス365はテニス用品の通販やテニスニュースからテニスコート、テニススクールなどのテニス施設を探す方まで、便利なテニスの総合ポータルサイト、テニス情報の検索サイトです。プレイスタイルやテニス歴など、テニス用品を様々な角度から探すこともできます。テニスの総合ポータルサイトをお探しなら、テニスニュースやテニス施設の情報が豊富なテニスの総合ポータルサイトのテニス365をお使いください。テニスの総合ポータルサイトのテニス365であなたのテニスをもっと楽しく!