- 国内最大の総合テニス専門サイト テニス365 - 錦織圭、フェデラー、ナダル、ジョコビッチなどテニスニュース満載。全豪オープン、ウィンブルドン、全仏オープン、全米オープンなどテニス大会特集も!

- 国内最大の総合テニス専門サイト -

HOMEニュースTOP今日のニュース(一覧)今日のニュース(詳細)

「今は続けたい」とマレー

アンディ・マレー
アンディ・マレー
画像提供: ゲッティ イメージズ
男子プロテニス協会のATPは16日に公式サイトで、元世界ランク1位のA・マレー(イギリス)を特集した。

>>大坂vsサッカリ 1ポイント速報<<

>>大坂らバーミンガム対戦表<<

マレーは今年1月の全豪オープン(オーストラリア/メルボルン、ハード、グランドスラム)前に行った会見で、2年間も股関節の痛みに苦しめられていたことと、今後どこまでテニスを続けられるか分からないと涙ながらにコメントしていた。

その後に受けた手術、さらに5カ月の休養により、マレーは復帰への第一歩を踏み出す。17日開幕のフィーバー・ツリー・チャンピオンシップス(イギリス/ロンドン 、芝、ATP500)ではF・ロペス(スペイン)とのダブルスで公式戦に臨む。

マレーは「とてもリラックスしている。こんな場所にいられるなど考えてもいなかった。手術を受けてから、どうなるか全く分からなかった。またコートへ戻ることを楽しみにしているけど、同時にどうなるかも分からないし、過度な期待などもない。なぜなら、コートに立てるということ、痛みがないことだけで十分だから」と現在の心境を語っている。

32歳のマレーは、同じ姿勢で座っていられることから、痛みもなく夕食に出掛けられるという。家族との時間、またゴルフも楽しんでいる。フィーバー・ツリー・チャンピオンシップスのシングルスで5度の優勝しているマレーにとって、今は全てのことが違う視点から考えられている。

「ここまでの18カ月で引退しようと思ったことは数えきれないほどあった。もうテニスをやりたくなかった。テニスから全く楽しさを得られなくなっていた。例えそれがトレーニングでも、練習でも、試合でも。試合に勝つことさえも気にならなくなっていた。楽しくなかった」

「今は、ただ素晴らしい。テニスが好きだから。テニスというスポーツのファンであり、子どもの頃からやっていた。今はテニスをすることが楽しいから、できることならテニスを続けたい」

「今の目標は、シングルスで復帰すること。それが1番やりたいこと。あれは6週間から8週間前だったと思うけど、チームとシングルスでの復帰について何が最善の方法かを話し合っていた。どうしたらいいか話し合っていると『ダブルスでも早い動きや即座のリアクションなどもしなければならない。シングルスより肉体的な負担が少ないダブルスで、自分の体がどう感じるかやってみよう』となった」

「リハビリからいい前進と感じたし、実戦のコートに戻り、ダブルスをプレーすることで自分がどう感じるか、そうすることで自分の体がどのような状態かを知れるし、何を改善しなければならないかも知ることができる」

マレーとロペスは、ダブルスを組むことについて何度もメッセージのやり取りをして決断に至った。ロペスにとって『イエス』とうのは簡単な決断だった。

ロペスは「彼(マレー)は素晴らしい選手。ボールを打ち合うと、彼がボールの感触やタッチを忘れずに持っていることが分かる。その才能は、すぐに失われない。もちろん、彼は最高の選手の1人であり、今でも素晴らしいテニスをしている」と述べた。

「まずは、彼がテニスをすることができて、とてもうれしいと言いたい。今はそれが1番大切なことだし、今週彼とコートを共にすることができてうれしい。きっと最高なものになるはずだし、楽しみたい。でも最も大事なことは、彼がまた健康になったこと」

「男子テニスATPツアー500 ハレ」
「男子テニスATPツアー500 ロンドン」

【配信予定】
6/17(月)〜6/23(日) WOWOWメンバーズオンデマンドにて限定配信!
※大会1日目無料配信

■詳細・配信スケジュールはこちら>




■関連ニュース

・錦織 マレーは「僕の中で1番」
・ルール違反に怒りのマレー
・錦織「昔ひどい経験してる」

■おすすめコンテンツ

・錦織掲示板
・選手フォトギャラリー
・世界ランキング
・スコア速報
(2019年6月17日19時08分)

その他のニュース

7月21日

MP2本しのぎ激闘の末V (18時00分)

元世界2位 最終戦について語る (17時06分)

キャリア7度目Vへ王手 (14時35分)

けがと出産乗り越え決勝進出 (14時07分)

イズナー 4度目Vへ王手 (13時03分)

ハンブルグ ドロー発表 (12時04分)

元引退選手に敗れ決勝ならず (11時02分)

ジャリー 快勝で初の決勝進出 (10時15分)

7月20日

BIG3がトップでいる理由 (18時03分)

20歳新星に敗退で4強逃す (16時29分)

「今大会でベストな試合」 (14時26分)

元女王 コーチ関係解消を発表 (13時35分)

祖父の記録目指し4強入り (12時21分)

ジェレ 辛勝で初の4強入り (11時37分)

ガスケ 激闘の末に4強ならず (10時48分)

イズナー 逆転で5度目の4強 (10時08分)

7月19日

全米賞金GS史上最高額に (15時19分)

第1シードは2回戦で敗退 (12時31分)

世界121位に苦戦もガスケ8強 (11時15分)

ニューポートは雨で順延 (11時00分)

地元チョリッチは初戦敗退 (7時08分)

7月18日

ジョコ 初Vハレプを称賛 (21時56分)

元世界4位ガルシア 8強逃す (21時40分)

「毎試合良くなっている」 (20時52分)

フォニーニ 体調不良で途中棄権 (19時57分)

HEAD GRAVITY販売 (17時30分)

大坂ら 全米OP出場予定選手 (17時01分)

好調の21歳アンベール 8強へ (15時59分)

内山 綿貫破りCH初戦突破 (15時09分)

松井俊英が現役最年長ランクイン (12時39分)

ティームら ハンブルグ出場一覧 (11時06分)

同国対決制し8強 ベルダスコ撃破 (9時11分)

イズナー 25本エースで初戦突破 (7時36分)

←ニューストップへ
←前のページに戻る



テニスの総合ポータルサイトテニス365
テニスのことならテニス365へ。テニスの総合ポータルサイトテニス365はテニス用品の通販やテニスニュースからテニスコート、テニススクールなどのテニス施設を探す方まで、便利なテニスの総合ポータルサイト、テニス情報の検索サイトです。プレイスタイルやテニス歴など、テニス用品を様々な角度から探すこともできます。テニスの総合ポータルサイトをお探しなら、テニスニュースやテニス施設の情報が豊富なテニスの総合ポータルサイトのテニス365をお使いください。テニスの総合ポータルサイトのテニス365であなたのテニスをもっと楽しく!