- 国内最大の総合テニス専門サイト テニス365 - 錦織圭、フェデラー、ナダル、ジョコビッチなどテニスニュース満載。全豪オープン、ウィンブルドン、全仏オープン、全米オープンなどテニス大会特集も!

- 国内最大の総合テニス専門サイト -

HOMEニュースTOP今日のニュース(一覧)今日のニュース(詳細)

ジョコ「過去最悪間違いない」

ノヴァーク・ジョコビッチ
主審に抗議したジョコビッチ
画像提供: ゲッティ イメージズ
テニスの全仏オープン(フランス/パリ、レッドクレー、グランドスラム)は8日、男子シングルス準決勝が行われ、第1シードのN・ジョコビッチ(セルビア)は第4シードのD・ティーム(オーストリア)に2-6, 6-3, 5-7, 7-5, 5-7のフルセットで敗れ、2016年以来3年ぶり5度目の決勝進出を逃した。雨や強風による悪天候の影響で2日がかりの死闘を強いられたジョコビッチは、会見で「過去最悪のコンディションだったことは間違いない」と口にした。

>>>ナダルvsティーム 1ポイント速報<<

前日に続き、この日も警告を受けるなど荒れていたジョコビッチは「風についての規則はない。昨日僕が第1セットで主審に説明されたのは『何か物が飛んくるなどない限り、試合は続行』ということだった」と述べた。

続けて「第1セットで飛んできた傘が障害物だったかどうかは分からない。でも、それは彼らの決定打。彼らはテニスをより知っているんだろうね。もし今日勝っていたらR・ナダル(スペイン)と対戦することになっていたけど、どうなるかは全く分からない。なぜなら負けたのだから」と皮肉を込めた。

勝者のティームについては「ティーム相手にストレートで勝つという期待はできないし、今日のように競った試合になりやすい。何かを指摘して、負けた言い訳をしたくはない。僕が言いたいのは『彼はポイントを取って勝利した。よくやった』ということだ」と語った。

一方、2年連続2度目の決勝進出を果たしたティームは、第2シードのナダルと優勝を争う。ナダルは準決勝で第3シードのR・フェデラー(スイス)をストレートで下しての勝ち上がり。

両者の決勝は、日本時間9日の22時(現地9日の15時)以降に開始予定。

「全仏オープンテニス」
5/26(日)〜6/9(日)、WOWOWにて連日生中継![第1日無料放送]

WOWOWメンバーズオンデマンドでは、未放送の試合をお楽しみいただけるピックアップコートも連日ライブ配信!

■詳細・配信スケジュールはこちら>




■関連ニュース

・錦織との不平等にジョコ不満
・フェデラー 心配でナダルへ連絡
・会見強制移動「理解できる」

■おすすめコンテンツ

・錦織掲示板
・選手フォトギャラリー
・世界ランキング
・スコア速報
(2019年6月9日10時11分)

ウインザーラケットショップ

>>動画をもっと見る<<




テニスの総合ポータルサイトテニス365
テニスのことならテニス365へ。テニスの総合ポータルサイトテニス365はテニス用品の通販やテニスニュースからテニスコート、テニススクールなどのテニス施設を探す方まで、便利なテニスの総合ポータルサイト、テニス情報の検索サイトです。プレイスタイルやテニス歴など、テニス用品を様々な角度から探すこともできます。テニスの総合ポータルサイトをお探しなら、テニスニュースやテニス施設の情報が豊富なテニスの総合ポータルサイトのテニス365をお使いください。テニスの総合ポータルサイトのテニス365であなたのテニスをもっと楽しく!