- 国内最大の総合テニス専門サイト テニス365 - 錦織圭、フェデラー、ナダル、ジョコビッチなどテニスニュース満載。全豪オープン、ウィンブルドン、全仏オープン、全米オープンなどテニス大会特集も!

- 国内最大の総合テニス専門サイト -

HOMEニュースTOP今日のニュース(一覧)今日のニュース(詳細)

ティーム「期待している」

ドミニク・ティーム
BNPパリバ・オープンのティーム
画像提供: ゲッティ イメージズ
男子プロテニス協会のATPは14日に公式サイトで、ロレックス・モンテカルロ・マスターズ(モナコ/モンテカルロ、レッドクレー、 ATP1000)に第4シードで出場するD・ティーム(オーストリア)を特集した。

>>錦織らモンテカルロ対戦表<<

>>錦織2回戦 1ポイント速報<<

昨年の全仏オープン(フランス/パリ、レッドクレー、グランドスラム)で準優勝を飾ったティームは、今年3月のBNPパリバ・オープン(アメリカ/インディアンウェルズ、ハード、ATP1000)で「ATPマスターズ1000」初優勝、その直後のマイアミ・オープン(アメリカ/マイアミ、ハード、ATP1000)では初戦敗退を喫していた。モンテカルロには6年連続6度目の出場で、昨年はベスト8へ進出している。

ATPは「ティームの獲得している12のATPタイトルのうち8がクレーコートによるもの。しかし、今年のヨーロッパのマスターズ1000においては、最高の状態で挑むことが求められる」と掲載している。

ティームは「大いに期待している。この時期はレベルが高い大会しかない。特にこの大会はそうで、ドローが凄まじい」と述べている。

「男子テニスのレベルは、とても高くなってきている。僕を含めて全員が最初のポイントから全力でいかないといけないと思う。それこそが僕がトライしようとしていることで、このシーズンでうまくいくことを願ってるよ」

R・ナダル(スペイン)がプレーしている限り、彼が常にクレーコートでの優勝候補だ。でも今年は多くの強い挑戦者たちがエントリーしている。A・ズベレフ(ドイツ)N・ジョコビッチ(セルビア)はトップレベルに戻ってきているし、僕もそうでありたい」

F・オジェ アリアシム(カナダ)のように、すごい若い選手もいる。彼はクレーが得意だと思う。マイアミでもすごかったし、S・チチパス(ギリシャ)D・シャポバロフ(カナダ)といった若手もいる。ナダルへの挑戦者がたくさんいるよ」

また、ティームはBNPパリバ・オープン前から元世界ランク9位のN・マス(チリ)氏をコーチに招き入れ、クレーシーズンへの期待を高めている。

「リオ・オープン(ブラジル/リオデジャネイロ、レッドクレー、ATP500)とアルゼンチン・オープン(アルゼンチン/ブエノスアイレス、 レッドクレー、ATP250)の時からマスとチームを組み始め、優勝したインディアンウェルズ前は素晴らしい練習ができた」

「僕らはうまくいく、彼(マス)は僕の試合をよくしてくれると思っていた。また彼はクレーコート育ちで、クレーを得意としている。この関係からいいことが起きることを期待してるよ」

ティームは1回戦免除のため、2回戦からの登場。初戦では、世界ランク50位のM・クリザン(スロバキア)と予選を勝ち抜いた同74位のF・デルボニス(アルゼンチン)の勝者と対戦する。

「男子テニスATPツアー マスターズ1000 モンテカルロ」

【配信予定】
4/14(日)〜4/21(日) WOWOWメンバーズオンデマンドにて限定ライブ配信!
※大会1日目無料配信

■詳細・配信スケジュールはこちら>




■関連ニュース

・錦織6位 15日付世界ランク
・錦織 モンテカルロ現地で練習
・ティームがマスターズ初V

■おすすめコンテンツ

・錦織掲示板
・選手フォトギャラリー
・世界ランキング
・スコア速報
(2019年4月15日18時55分)

オススメ記事
その他のニュース

7月19日

世界121位に苦戦もガスケ8強 (11時15分)

ニューポートは雨で順延 (11時00分)

地元チョリッチは初戦敗退 (7時08分)

7月18日

ジョコ 初Vハレプを称賛 (21時56分)

元世界4位ガルシア 8強逃す (21時40分)

「毎試合良くなっている」 (20時52分)

フォニーニ 体調不良で途中棄権 (19時57分)

HEAD GRAVITY販売 (17時30分)

大坂ら 全米OP出場予定選手 (17時01分)

好調の21歳アンベール 8強へ (15時59分)

内山 綿貫破りCH初戦突破 (15時09分)

松井俊英が現役最年長ランクイン (12時39分)

ティームら ハンブルグ出場一覧 (11時06分)

同国対決制し8強 ベルダスコ撃破 (9時11分)

イズナー 25本エースで初戦突破 (7時36分)

7月17日

ゲルゲス 手首負傷で途中棄権 (21時29分)

3時間の死闘の末に逆転勝ち (20時19分)

大坂なおみ「自分が幸運」 (18時58分)

守屋、綿貫がCH初戦突破 (17時09分)

ダニエル太郎 初の2回戦ならず (15時44分)

「とても興奮」シード撃破で16強 (13時13分)

大坂 最終戦ランク6位に後退 (11時12分)

イズナー「長い間動けなかった」 (9時25分)

23歳ジャリー 初戦突破で16強 (7時53分)

7月16日

逆転で約3時間の死闘制す (21時28分)

15歳ガウフ 自己最高141位 (20時48分)

MPしのぎ逆転で激闘制す (20時01分)

20歳対決制し初戦突破 (18時49分)

内田海智 快勝でCH初戦突破 (17時30分)

チェッキナート 初戦で完敗 (16時30分)

ジョコ 獲得総数フェデラーに並ぶ (15時13分)

19本エース決めるも敗退 (13時26分)

錦織6位浮上、15日付最終戦ランク (11時02分)

錦織7位 15日付の日本勢ランク (9時09分)

メドヴェデフ 自己最高10位へ (8時05分)

←ニューストップへ
←前のページに戻る



テニスの総合ポータルサイトテニス365
テニスのことならテニス365へ。テニスの総合ポータルサイトテニス365はテニス用品の通販やテニスニュースからテニスコート、テニススクールなどのテニス施設を探す方まで、便利なテニスの総合ポータルサイト、テニス情報の検索サイトです。プレイスタイルやテニス歴など、テニス用品を様々な角度から探すこともできます。テニスの総合ポータルサイトをお探しなら、テニスニュースやテニス施設の情報が豊富なテニスの総合ポータルサイトのテニス365をお使いください。テニスの総合ポータルサイトのテニス365であなたのテニスをもっと楽しく!