- 国内最大の総合テニス専門サイト テニス365 - 錦織圭、フェデラー、ナダル、ジョコビッチなどテニスニュース満載。全豪オープン、ウィンブルドン、全仏オープン、全米オープンなどテニス大会特集も!

- 国内最大の総合テニス専門サイト -

HOMEニュースTOP今日のニュース(一覧)今日のニュース(詳細)

棄権の西岡 マイアミOPは欠場

西岡良仁
(左から)ケクマノビッチと西岡
画像提供: ゲッティ イメージズ
男子テニスのBNPパリバ・オープン(アメリカ/インディアンウェルズ、ハード、ATP1000)は13日、シングルス4回戦が行われ、世界ランク74位の西岡良仁は同130位のM・ケクマノビッチ(セルビア)と対戦したが4-6の時点で途中棄権し、四大大会に次ぐグレードの「ATPマスターズ1000」で初のベスト8進出とはならなかった。

>>BNPパリバ対戦表<<

3回戦で世界ランク58位のF・オジェ アリアシム(カナダ)との2時間56分におよぶ死闘を制して16強入りしていた西岡は、4回戦で腰の辺りの治療を受けるなど本来の力を発揮することができずに苦しんだ。第1セットを落とすと、第2セットの1ポイントを失った時点で無念の棄権を申し入れた。

涙を流しコートを後にした西岡は自身のツイッターで「朝のアップをした時に痛みを感じ、その痛みが更に増していきました。体を捻ることが出来ず、基本どの動作をしても痛みがあります」と明かした。

続けて「寝転ぶのも起きるのも一苦労の状況の為、マイアミはスキップします」と20日に開幕するマイアミ・オープン(アメリカ/マイアミ、ハード、ATP1000)の欠場を発表した。

一方、ケクマノビッチは準々決勝で第13シードのM・ラオニッチ(カナダ)と対戦する。ラオニッチは4回戦で世界ランク55位のJ・シュトルフ(ドイツ)をストレートで下しての勝ち上がり。

同日の4回戦では、第2シードのR・ナダル(スペイン)、第4シードのR・フェデラー(スイス)、第7シードのD・ティーム(オーストリア)、第12シードのK・カチャノフ(ロシア)、第18シードのG・モンフィス(フランス)、世界ランク67位のH・ホルカシュ(ポーランド)が8強へ進出した。

「男子テニスATPツアー マスターズ1000 インディアンウェルズ」
WOWOWメンバーズオンデマンドにて限定ライブ配信!
※大会1日目無料配信

【配信予定】3/3〜3/18

■詳細・配信スケジュールはこちら>




■関連ニュース

・「錦織ではなく西岡」と冗談
・錦織に惜敗 主審へ激怒も謝罪
・フェデラー「完璧な人いない」

■おすすめコンテンツ

・錦織掲示板
・選手フォトギャラリー
・世界ランキング
・スコア速報
(2019年3月14日14時58分)

オススメ記事
ウインザーラケットショップ



テニスの総合ポータルサイトテニス365
テニスのことならテニス365へ。テニスの総合ポータルサイトテニス365はテニス用品の通販やテニスニュースからテニスコート、テニススクールなどのテニス施設を探す方まで、便利なテニスの総合ポータルサイト、テニス情報の検索サイトです。プレイスタイルやテニス歴など、テニス用品を様々な角度から探すこともできます。テニスの総合ポータルサイトをお探しなら、テニスニュースやテニス施設の情報が豊富なテニスの総合ポータルサイトのテニス365をお使いください。テニスの総合ポータルサイトのテニス365であなたのテニスをもっと楽しく!