- 国内最大の総合テニス専門サイト テニス365 - 錦織圭、フェデラー、ナダル、ジョコビッチなどテニスニュース満載。全豪オープン、ウィンブルドン、全仏オープン、全米オープンなどテニス大会特集も!

- 国内最大の総合テニス専門サイト -

HOMEニュースTOP今日のニュース(一覧)今日のニュース(詳細)

涙 ジョコ撃破で初4強「夢」

テニスの全仏オープン(フランス/パリ、レッドクレー、グランドスラム)は5日、男子シングルス準々決勝が行われ、世界ランク72位のM・チェッキナート(イタリア)が第20シードのN・ジョコビッチ(セルビア)を6-3, 7-6 (7-4),1-6, 7-6 (13-11)で破り、四大大会初のベスト4進出を果たした。

>>全仏OP対戦表<<

この日、チェッキナートは強烈なストロークやドロップショットで元世界ランク1位のジョコビッチから主導権を握った。第4セットのタイブレークでは、最後バックハンドのリターンエースを決めて劇的な勝利をおさめた。試合後にはベンチで涙を流した。

会見でチェッキナートは「ノヴァーク(ジョコビッチ)相手に2セットアップだった。第3セットは少し疲れてしまった。第4セットもブレークされて劣勢だったけど、そこからいいプレーができた。タイブレークも。何度もチャンスがあったし、いいポイントもあった。そして、結果的に試合に勝った。信じられない」と語った。

「ノヴァークはとてもいい人で、自分にとって信じられない選手。彼は自分に『おめでとう。信じられないかもしれないけど、これからも頑張ってほしい』と言ってくれた。夢のようだ。(テニス人生が)とても変わると思う。ゆっくり休んで現実を受け止めて、どうなるかを見てみたい」

腕に13とタトゥーが入っていることについては「13は自分の好きな数字。それをタトゥーにしたかったし、タトゥーが好き。13が自分のナンバー」と明かした。

25歳のチェッキナートは、今年4月のガスプロム・ハンガリアン・オープン(ハンガリー/ブダペスト、レッドクレー、 ATP250)でツアー初優勝。これまでは四大大会の本戦で勝利したことがなかったが、今大会では第8シードのD・ゴファン(ベルギー)や第10シードのP・カレノ=ブスタ(スペイン)、さらに2016年の全仏オープンを制したジョコビッチを下す快進撃を見せている。

四大大会初の決勝進出へ向けてチェッキナートは、準決勝で第7シードのD・ティーム(オーストリア)と対戦する。ティームは準々決勝で第2シードのA・ズベレフ(ドイツ)をストレートで下しての勝ち上がり。

全仏オープンテニスをWOWOWにて連日生中継。
外出先でもオンデマンド配信で楽しめる!

【放送予定】
2018年5月27日(日)〜6月10日(日)
 
■詳細・放送スケジュールはこちら>






■関連ニュース

・「錦織に呼吸させなかった」
・錦織 ティームを評価
・錦織 心配「耐えられるか」

■おすすめコンテンツ

・錦織掲示板
・選手フォトギャラリー
・世界ランキング
・スコア速報
(2018年6月6日11時19分)

ウインザーラケットショップ



テニスの総合ポータルサイトテニス365
テニスのことならテニス365へ。テニスの総合ポータルサイトテニス365はテニス用品の通販やテニスニュースからテニスコート、テニススクールなどのテニス施設を探す方まで、便利なテニスの総合ポータルサイト、テニス情報の検索サイトです。プレイスタイルやテニス歴など、テニス用品を様々な角度から探すこともできます。テニスの総合ポータルサイトをお探しなら、テニスニュースやテニス施設の情報が豊富なテニスの総合ポータルサイトのテニス365をお使いください。テニスの総合ポータルサイトのテニス365であなたのテニスをもっと楽しく!