- 国内最大の総合テニス専門サイト テニス365 - 錦織圭、フェデラー、ナダル、ジョコビッチなどテニスニュース満載。全豪オープン、ウィンブルドン、全仏オープン、全米オープンなどテニス大会特集も!

- 国内最大の総合テニス専門サイト -

HOMEニュースTOP今日のニュース(一覧)今日のニュース(詳細)

【速報】錦織 ナダルに完敗

男子テニスのBNPパリバ・オープン男子(アメリカ/インディアンウェルズ、ハード)は18日、シングルス準々決勝が行われ、マスターズ初優勝を狙っていた第5シードの錦織圭は第4シードのR・ナダル(スペイン)に4-6, 3-6のストレートで敗れ、大会初のベスト4進出を逃した。

>>BNPパリバ・オープン対戦表<<

この試合、錦織は序盤からフォアハンドのウィナーを決めるなどで主導権を握り、第3ゲームでブレークに成功する好スタートを切った。しかし、第6ゲームでブレークバックされると試合の流れはナダルに傾き始め、第10ゲームでは2度目のブレークを許してこのセットを落とす。

第2セットに入ると勢いが加速するナダルに対し、錦織は第2ゲームでブレークされて失速してしまう。第7ゲームではブレークバックするも、ナダルの強烈なフォアハンドに苦戦して第8・第9ゲームを連取され、ストレート負けを喫した。

今回の対戦で錦織はナダルとの対戦成績を1勝8敗とした。昨年のロジャーズ・カップ男子では錦織がナダルにストレートで勝利していた。

過去のBNPパリバ・オープン男子で、昨年のベスト16進出が自己最高成績だった錦織。16日に行われた4回戦では第9シードのJ・イズナー(アメリカ)を1-6, 7-6 (7-2), 7-6 (7-5)の大逆転で下して大会初のベスト8進出を果たした。

今シーズンは1月の全豪オープンで2年連続3度目のベスト8進出、2月のメンフィス・オープンでは大会史上初の4連覇を達成している。

一方、勝利した元世界ランク1位のナダルは過去のBNPパリバ・オープンで2007・2009・2013年にシングルス、2010・2012年にダブルスで優勝を飾っている。

準決勝では、第1シードのN・ジョコビッチ(セルビア)と第7シードのJW・ツォンガ(フランス)の勝者と対戦する。

また、今大会の模様は、スポーツチャンネルGAORA SPORTSで放送することが決定している。

>>GAORAの番組ホームページ公式サイトはこちら<<






■関連ニュース■ 

・シャラポワ、ナダル「最悪」
・本音「錦織と戦わなくて済む」
・ナダルもドーピング? に反論
(2016年3月19日5時49分)

ウインザーラケットショップ

>>動画をもっと見る<<




テニスの総合ポータルサイトテニス365
テニスのことならテニス365へ。テニスの総合ポータルサイトテニス365はテニス用品の通販やテニスニュースからテニスコート、テニススクールなどのテニス施設を探す方まで、便利なテニスの総合ポータルサイト、テニス情報の検索サイトです。プレイスタイルやテニス歴など、テニス用品を様々な角度から探すこともできます。テニスの総合ポータルサイトをお探しなら、テニスニュースやテニス施設の情報が豊富なテニスの総合ポータルサイトのテニス365をお使いください。テニスの総合ポータルサイトのテニス365であなたのテニスをもっと楽しく!