- 国内最大の総合テニス専門サイト テニス365 - 錦織圭、フェデラー、ナダル、ジョコビッチなどテニスニュース満載。全豪オープン、ウィンブルドン、全仏オープン、全米オープンなどテニス大会特集も!

- 国内最大の総合テニス専門サイト -

HOMEニュースTOP今日のニュース(一覧)今日のニュース(詳細)

昨年準Vウォズニアキが敗退

女子テニスツアーの東レ・パン・パシフィック・オープンテニス(東京/有明コロシアム、ハード)は26日、シングルス準決勝が行われ、昨年準優勝者で第1シードのC・ウォズニアキ(デンマーク)が第8シードのB・ベンチッチ(スイス)に2-6, 4-6のストレートで敗れ、2年連続の決勝進出を逃した。

>>東レPPO対戦表<<

両者は今回が5度目の対戦で、ウォズニアキとベンチッチの対戦成績は1勝4敗となり、ウォズニアキはベンチッチに今季4連敗となった。

この試合、第1セットの序盤でブレークを許したウォズニアキは、ファーストサービスの調子が上がらずその後もブレークされてこのセットを落とす。

後がなくなったウォズニアキは、第2セットでもベンチッチに左右に揺さぶられて苦しい展開を強いられる。角度あるショットにも必死に食らいついたウォズニアキだが、最後はボレーがアウトして敗れた。

世界ランク6位のウォズニアキは今季、クアラルンプールでタイトルを獲得しているが、ウィンブルドン後は思い通りの成績を残せておらず、昨年決勝進出を果たした全米オープンでは2回戦で姿を消している。

過去同大会では2010年に優勝を飾っており、昨年は決勝でA・イバノビッチ(セルビア)に敗れて準優勝だった。今回は初戦となった2回戦で予選勝者のA・コニュー(クロアチア)、準々決勝では第5シードのA・ケルバー(ドイツ)との2時間超えの接戦を制して4強入りを決めていた。

一方、勝利したベンチッチは、今年6月に念願のツアー初優勝を飾り、その後、8月のロジャーズ・カップ女子ではツアー2勝目をあげ、世界ランキングもトップ10入りに大きく近づいた。

今回は第1シードのウォズニアキを撃破し、大会初の決勝進出を決めた。


■関連ニュース■ 

・ウォズニアキ 2時間超え制す
・ウォズニアキ8強「嬉しい」
・イバノビッチ敗退 連覇ならず
(2015年9月26日13時37分)

ウインザーラケットショップ

>>動画をもっと見る<<




テニスの総合ポータルサイトテニス365
テニスのことならテニス365へ。テニスの総合ポータルサイトテニス365はテニス用品の通販やテニスニュースからテニスコート、テニススクールなどのテニス施設を探す方まで、便利なテニスの総合ポータルサイト、テニス情報の検索サイトです。プレイスタイルやテニス歴など、テニス用品を様々な角度から探すこともできます。テニスの総合ポータルサイトをお探しなら、テニスニュースやテニス施設の情報が豊富なテニスの総合ポータルサイトのテニス365をお使いください。テニスの総合ポータルサイトのテニス365であなたのテニスをもっと楽しく!