- 国内最大の総合テニス専門サイト テニス365 - 錦織圭、フェデラー、ナダル、ジョコビッチなどテニスニュース満載。全豪オープン、ウィンブルドン、全仏オープン、全米オープンなどテニス大会特集も!

- 国内最大の総合テニス専門サイト -

HOMEニュースTOP今日のニュース(一覧)今日のニュース(詳細)

【コラム】2002全英が最初で最後のGSベスト4<2013引退シリーズ その5>

男子テニスで肩の怪我を理由に現役引退を表明した元世界ランク3位のD・ナルバンディアン(アルゼンチン)。その翌日に引退を表明したのが元世界ランク19位のX・マリス(ベルギー)だった。

マリスの名が世界に広まったのが2002年のウィンブルドン。第27シードで臨んだマリスはグランドスラムのベスト4入りを果たし、その準決勝ではナルバンディアンにフルセットの接戦の末に敗れた。マリスにとって、これが最初で最後のグランドスラム4強入りとなった。

マリスは1998年にプロへ転向。同年2月にはアメリカのフィラデルフィア大会で予選を勝ち上がりATPツアー初の本戦へ。その1回戦では当時世界ランク1位だったP・サンプラス(アメリカ)と対戦し、6-4, 3-6, 5-7とサンプラスを苦しめる試合を披露し、その将来を大きく期待させた。

1999年にはトップ100入りに成功、その後も着実にランキングを上げていった。

そして、2002年には世界ランク31位でシーズンをスタートさせ、2月のメンフィス大会、3月のスコッツデール大会でベスト4入り。全仏オープンでも前年の全米オープンに次ぐ4回戦進出するなど、好調のままウィンブルドンへ臨んだ。

ウィンブルドンでは3回戦で当時世界ランク6位のY・カフェルニコフ(ロシア)を下すと、4回戦ではG・ルゼッドスキ(英国)、準々決勝では1996年チャンピオンのR・クライチェック(オランダ)も撃破、準決勝のナルバンディアン戦へと勝ち進んでいた。

その年の8月には自己最高位の19位を記録するなどトップ20入りにも成功し、世界のトップ選手の仲間入りを果たした。

そんなマリスが念願の初優勝を飾ったのが2005年のデルレイビーチ大会で、これはマリスがATPツアーの117大会目での栄冠だった。しかし、その後は怪我に泣かされるシーズンが続いた。

2006年には右肘を負傷。2007年は開幕戦のチェンナイ大会と2月のデルレイビーチ大会で優勝を飾るも、以降は手首の怪我でツアー離脱。2008年も右手首の怪我が続き、わずか5大会の出場となった。

怪我から回復したマリスは、2009年に再びトップ100入り。2010年にはトップ50へ返り咲くなど、本来のプレーを取り戻していった。だが、2007年以来となるタイトル獲得には至らなかった。

今年は開幕戦のオークランド大会、2月のサンノゼ大会でベスト8入り。6月にはオランダのシュヘルトヘンボッシュ大会でベスト4入りを果たすも、ウィンブルドン1回戦敗退から全米オープンの初戦敗退まで1勝5敗と勝ち星に恵まれなかった。

祖国ベルギーで行われたチャレンジャー大会の1回戦敗退後、テニス人生に終止符を打つ事を明かした。


【グザビエ・マリス 選手詳細】
プロ転向:1998年
キャリア通算成績:294勝274敗
自己最高ランク:19位(2002年)


■関連記事■

《2002全英4強の実力者、涙の引退表明》

《【コラム】ナルバンディアン、手に出来なかったGSタイトル<2013引退シリーズ その1>》

《【コラム】病や悲劇に負けなかったブレイクの壮絶なテニス人生<2013引退シリーズ その2>》

《【コラム】衝撃のウィンブルドン女王引退<2013引退シリーズ その4>》


■関連動画■

《2013年スーパープレー1位を発表!ATP男子ツアーマガジン Vol.198》

《2013年のスーパープレーベスト10を発表!ジョコビッチやナダルの驚異的なショットも!ATP男子ツアーマガジン Vol.198》

《ジョコビッチも唖然の完璧なドロップショットに観客が熱狂!ATP男子ツアーマガジン Vol.196》

(記事/弓削忠則)

(2013年12月19日12時24分)

Facebookでニュースコメントを投稿

>> テニス365公式Facebookページ
ウインザーラケットショップ

>>動画をもっと見る<<




テニスの総合ポータルサイトテニス365
テニスのことならテニス365へ。テニスの総合ポータルサイトテニス365はテニス用品の通販やテニスニュースからテニスコート、テニススクールなどのテニス施設を探す方まで、便利なテニスの総合ポータルサイト、テニス情報の検索サイトです。プレイスタイルやテニス歴など、テニス用品を様々な角度から探すこともできます。テニスの総合ポータルサイトをお探しなら、テニスニュースやテニス施設の情報が豊富なテニスの総合ポータルサイトのテニス365をお使いください。テニスの総合ポータルサイトのテニス365であなたのテニスをもっと楽しく!