- 国内最大の総合テニス専門サイト テニス365 - 錦織圭、フェデラー、ナダル、ジョコビッチなどテニスニュース満載。全豪オープン、ウィンブルドン、全仏オープン、全米オープンなどテニス大会特集も!

- 国内最大の総合テニス専門サイト -

HOMEニュースTOP今日のニュース(一覧)今日のニュース(詳細)

絶好調ナダル、優勝「大きな意味を持っている」<ロジャーズ・カップ男子>

男子テニスツアーのマスターズ大会であるロジャーズ・カップ男子(カナダ/モントリオール、ハード)は11日、シングルス決勝が行われ、第4シードのR・ナダル(スペイン)が第11シードのM・ラオニチ(カナダ)を6-2, 6-2のストレートで圧勝、2005・2008年に続き大会3度目の優勝を飾った。

ナダルはロジャーズ・カップ男子で2005年にA・アガシ(アメリカ)、2008年にはN・キーファー(ドイツ)を下して優勝していた。

今季ナダルは、BNPパリバ・オープン男子(対J・M・デル=ポトロ(アルゼンチン))、ムチュア・マドリッド・オープン男子(対S・ワウリンカ(スイス))、BNLイタリア国際男子(対R・フェデラー(スイス))のマスターズ1000大会でタイトルを獲得しており、今回で4勝目をマークした。

試合後、ナダルは「優勝するためには、トップレベルの力を出し切る必要があった。今回は、ほぼ全試合で最高のプレーが出来て、とても満足している。この優勝は僕にとって大きな意味を持っている。全てに関してハッピーだよ。」と、満面の笑みで語った。

これで両者の対戦成績はナダルの4勝0敗となった。

サービスゲームのキープ率及びファーストサーブが入った時のポイント獲得率でATPツアーのトップに君臨するラオニチに対し、ナダルはリターンから攻撃を仕掛け、試合を通して4度のブレークに成功すると、そのまま1時間8分で試合に終止符を打った。

またナダルは17本のウィナーを決め、凡ミスはわずか7本だった。これに対し、ラオニチは22本もの凡ミスを犯した。

「あらゆる事が上手くいった。今日のリターンは絶好調だったね。大事な場面で彼(ラオニチ)のファーストサーブを何本か返す事が出来た。一方で、彼はいつも以上にミスが多かった。それに助けられた。」

これでナダルは、今シーズン8勝目を記録した。

今年2月に7カ月間のツアー離脱から復帰した後、現在までの戦績は48勝3敗と絶好調で、ハードコートでは10勝0敗。全仏オープンでも準決勝では世界王者のN・ジョコビッチ(セルビア)、決勝ではD・フェレール(スペイン)を下してタイトルを手にしている。

《ロジャーズ・カップ男子 対戦表》


■関連記事■

《ナダルがキャリア通算58度目のタイトル獲得、地元55年ぶり優勝阻む<ロジャーズ・カップ男子>》

《ナダル、ジョコビッチの史上2人目3連覇阻止<ロジャーズ・カップ男子>》

《ナダルとジョコビッチに不仲説》

《錦織、ベスト8進出と世界トップ10入り逃す<ロジャーズ・カップ男子>》

《錦織が使用するニューモデルのラケットが話題に》

《錦織、本音語る「プレッシャー」「4大大会で勝つ」「ヒーローが2人いる」》


■関連動画■

《フェデラーが黒塗りラケットで再始動!ATP男子ツアーマガジン Vol.181》

《スター選手が参加した暗黒のエキシビションとは!?WTA女子ツアーマガジン Vol.6》

《フェデラーが語った、ウィンブルドンで学んだこと!ATP男子ツアーマガジンVol.177》

(2013年8月12日10時39分)

Facebookでニュースコメントを投稿

>> テニス365公式Facebookページ
ウインザーラケットショップ

>>動画をもっと見る<<




テニスの総合ポータルサイトテニス365
テニスのことならテニス365へ。テニスの総合ポータルサイトテニス365はテニス用品の通販やテニスニュースからテニスコート、テニススクールなどのテニス施設を探す方まで、便利なテニスの総合ポータルサイト、テニス情報の検索サイトです。プレイスタイルやテニス歴など、テニス用品を様々な角度から探すこともできます。テニスの総合ポータルサイトをお探しなら、テニスニュースやテニス施設の情報が豊富なテニスの総合ポータルサイトのテニス365をお使いください。テニスの総合ポータルサイトのテニス365であなたのテニスをもっと楽しく!