- 国内最大の総合テニス専門サイト テニス365 - 錦織圭、フェデラー、ナダル、ジョコビッチなどテニスニュース満載。全豪オープン、ウィンブルドン、全仏オープン、全米オープンなどテニス大会特集も!

- 国内最大の総合テニス専門サイト -

HOMEニュースTOP今日のニュース(一覧)今日のニュース(詳細)

【速報】錦織圭が世界82位を圧倒、16強入り◇全豪オープン

テニスのグランドスラムである全豪オープン(オーストラリア/メルボルン、ハード)は大会5日目の18日、第16シードの錦織圭(日本)E・ドンスコイ(ロシア)に7-6 (7-3), 6-2, 6-3のストレートで勝利、4回戦進出を決めた。錦織は2年連続のベスト8進出をかけて、第4シードのD・フェレール(スペイン)と第28シードのM・バグダティス(キプロス)の勝者と4回戦で対戦する。


【第1セット】

世界ランク18位の錦織と同82位のドンスコイはサービスキープを続け、タイブレークへ突入する。タイブレークでは安定したサービスを放ち、目の覚めるようなウィナーを決めた錦織が、第1セットを先取する。


【第2セット】

第2ゲームでブレークポイントを握った錦織は、最後フォアハンドのドライブボレーを決め、ゲームカウント2−0とリードする。

以降錦織は、第5・第7ゲームでサービスキープした時点で、左膝の治療を受ける。その後錦織は、膝の不安を感じさせないプレーを披露し、第8ゲームでドンスコイのサービスゲームを破り、セットカウント2−0とする。


【第3セット】

錦織は第2ゲームでドンスコイのサービスゲームを破り、ゲームカウント3−0とする。しかし、錦織はドンスコイのストロークにおされ、第5ゲームでドンスコイにブレークバックを許してしまう。

その後、錦織は第8ゲームで0−40とブレークチャンス握り、華麗なバックハンドのウィナーを決めブレークし、サービング・フォー・ザ・マッチを迎える。最後、ドンスコイのリターンがアウトしゲームセットとなった。


今年に入り錦織は、ブリスベン国際男子に出場し4強入りを果たすも、準決勝のA・マレー(英国)戦で左膝の負傷により途中棄権を申し入れていた。その後、エキシビション大会であるクーヨン・クラシックに出場、元世界ランク12位のP・H・マチュー(フランス)に勝利し、膝の不安を感じさせないプレーを披露した。

また、錦織は昨年の今大会でS・ロバート(フランス)M・エブデン(オーストラリア)J・ベネトー(フランス)JW・ツォンガ(フランス)に勝利し、マレーとの準々決勝まで勝ち進んだ。

敗れたドンスコイは、昨年下部大会であるチャレンジャー大会で5つのタイトルを獲得していた。今大会でドンスコイは、A・ウングル(ルーマニア)と第23シードのM・ヨージニ(ロシア)を下し、グランドスラムで初の3回戦進出を果たしていた。


【全豪オープン スコア速報】

■関連記事■

《クルム伊達ペアが銀メダルペアを撃破◇全豪オープン》

《錦織圭、シードの力見せつける◇全豪オープン》

《クルム伊達が前人未到の2勝目◇全豪オープン》

《クルム伊達、世界12位から大金星あげる◇全豪オープン》

(2013年1月18日15時56分)

Facebookでニュースコメントを投稿

>> テニス365公式Facebookページ
ウインザーラケットショップ

>>動画をもっと見る<<




テニスの総合ポータルサイトテニス365
テニスのことならテニス365へ。テニスの総合ポータルサイトテニス365はテニス用品の通販やテニスニュースからテニスコート、テニススクールなどのテニス施設を探す方まで、便利なテニスの総合ポータルサイト、テニス情報の検索サイトです。プレイスタイルやテニス歴など、テニス用品を様々な角度から探すこともできます。テニスの総合ポータルサイトをお探しなら、テニスニュースやテニス施設の情報が豊富なテニスの総合ポータルサイトのテニス365をお使いください。テニスの総合ポータルサイトのテニス365であなたのテニスをもっと楽しく!