- 国内最大の総合テニス専門サイト テニス365 - 錦織圭、フェデラー、ナダル、ジョコビッチなどテニスニュース満載。全豪オープン、ウィンブルドン、全仏オープン、全米オープンなどテニス大会特集も!

- 国内最大の総合テニス専門サイト -

HOMEニュースTOP今日のニュース(一覧)今日のニュース(詳細)

錦織がナダルの前に初戦敗退◇ウィンブルドン

テニスのグランドスラムであるウィンブルドン(イギリス/ロンドン、芝)は大会2日目の22日、男子シングルス1回戦が行われ、世界ランク1位で第2シードのR・ナダル(スペイン)錦織圭(日本)を6-2, 6-4, 6-4のストレートで下し、2年振りとなるセンターコートでの試合を勝利で飾った。

ナダルは2008年の決勝でそれまで大会5連覇を果たしていたR・フェデラー(スイス)を破りタイトルを獲得していたが、2009年は膝の怪我のために欠場していた。今季の全仏オープンを制しているナダルは、通算2度目となる同一シーズンでの全仏オープンとウィンブルドンのタイトル獲得がかかっている。

世界ランク189位の錦織と2度目の対戦に臨んだナダルは、第1ゲームと第7ゲームでブレークに成功して第1セットを先取する。続く第2セットは競った展開を強いられるが、第9ゲームでようやく錦織の守備を破りブレークに成功、一気に2セットアップとリードを拡げる。

2セットを連取し勢いに乗るナダルは、第3セットでもいきなりブレークに成功したものの、第6ゲームでこの試合初めてのブレークを錦織に許してしまう。しかし、続く第7ゲームでこのセット2度目のブレークに成功したナダルは、粘る錦織を振り切り2時間5分で勝利を収めた。

試合後の会見でナダルは「このコートでプレーすることはいつも特別なこと。この大会に戻ってこれてとても嬉しいし、おそらく世界で一番美しくテニスを象徴するコートでプレーできて嬉しい。良いプレーが出来たし、良い試合だったと思う。ここで最初の試合としては満足しているよ。」とコメントを残した。

一方の錦織は「もし自分が簡単なショットを打ったら、彼にウィナーを決められてしまいます。僕にとっては簡単な試合ではありませんでした。今日のナダルは本当に良いプレーをしていたと思います。」と試合を振り返った。

ナダルは2回戦で、R・ハース(オランダ)を迎え撃つ。ハースは元トップ10のJ・ブレーク(アメリカ)を相手に50本ものウィナーを放ち、6-2, 6-4, 6-4のストレートで勝利している。

この日の1回戦には、日本勢からラッキールーザーで本戦出場を果たした添田豪(日本)も登場していたが、M・フィッシャー(オーストリア)に4-6, 3-6, 1-6のストレートで敗退、この結果、今大会の男子シングルスから日本勢は姿を消すこととなった。

この他のシード勢では、地元の期待を一身に背負う第3シードのA・マレー(英国)J・ハジェク(チェコ共和国)に7-5, 6-1, 6-2のストレートで勝利している。第1セット序盤でブレークされたマレーであったが、逆転でセットを先取すると第2、第3セットでは2度ずつのブレークに成功し、地元観客の期待に応えた。

試合後の会見でマレーは「試合序盤はトリッキーだった。彼のプレーはそれほど見たことなかったし、彼はとても良いスタートだった。だけど、逆転で第1セットを取った後は、とても快適にプレーができたよ。サーブも良くて、彼にチャンスを与えなかった。試合が進むにつれて、調子が上がっていったね。」と試合を振り返った。

全仏オープンで2年連続での決勝進出を果たしている第6シードのR・ソデルリング(スウェーデン)は、この日のセンターコート第3試合に登場しR・ジネプリ(アメリカ)を6-2, 6-2, 6-3で退け、2回戦進出を決めている。

13本のサービスエースを決めるなどサーブが好調だったソデルリングは、第1サーブ時には91%と高い確率でポイントを獲得すると、試合を通して58本のウィナーを決め、終始ジネプリを圧倒した。

この他の試合の結果は以下の通り。

F・フォニュイーニ(イタリア) ○-× F・ベルダスコ(スペイン) (8), 7-6 (11-9), 6-2, 6-7 (6-8), 6-4
D・フェレール(スペイン) (9) ○-× N・キーファー(ドイツ), 6-4, 6-2, 6-3
JW・ツォンガ(フランス) (10) ○-× R・ケンドリック(アメリカ), 7-6 (7-2), 7-6 (8-6), 3-6, 6-4
M・ヨージニ(ロシア) (13) ○-× D・セラ(イスラエル), 6-3, 6-4, 4-6, 7-6 (7-2)
X・マリス(ベルギー) ○-× J・C・フェレーロ(スペイン) (14), 6-2, 6-7 (6-8), 7-6 (7-5), 4-6, 6-1
S・クエリー(アメリカ) (18) ○-× S・スタコフスキ(ウクライナ), 7-6 (7-4), 6-3, 2-1, 途中棄権
A・セッピ(イタリア) ○-× N・アルマグロ(スペイン) (19), 7-6 (7-4), 7-6 (9-7), 6-2
L・ラコ(スロバキア) ○-× M・バグダティス(キプロス) (24), 6-3, 2-6, 6-3, 6-1
T・ベルッチ(ブラジル) (25) ○-× R・メロ(ブラジル), 6-4, 6-4, 6-4
G・シモン(フランス) (26) ○-× G・アルカイド(スペイン), 6-3, 6-4, 7-6 (7-0)
J・ベネトー(フランス) (32) ○-× K・フリーゲン(ベルギー), 2-6, 6-7 (6-8), 6-1, 6-2, 7-5
P・ペッツシュナー(ドイツ) (33) ○-× S・ロバート(フランス), 6-4, 7-6 (8-6), 4-6, 2-6, 6-4
T・カンケ(ドイツ) ○-× G・ガルシア=ロペス(スペイン), 5-7, 2-6, 7-5, 6-4, 6-4
J・ライスター(ドイツ) ○-× R・デフェスト(南アフリカ), 6-4, 7-5, 3-6, 6-2
A・ベック(ドイツ) ○-× J・ベイカー(英国), 7-6 (7-4), 6-3, 6-4
J・ニエミネン(フィンランド) ○-× S・クーベック(オーストリア), 6-4, 7-6 (7-3), 5-7, 6-2
I・マルチェンコ(ウクライナ) ○-× M・ベレー(ドイツ), 6-3, 7-5, 途中棄権
P・H・マチュー(フランス) ○-× M・ジケル(フランス), 6-1, 7-5, 3-6, 6-1
I・ドディグ(クロアチア) ○-× O・エルナンデス(スペイン), 6-1, 6-3, 6-3
F・セラ(フランス) ○-× S・グロイル(ドイツ), 7-6 (7-2), 6-3, 6-2
A・ドルゴポロフ(ウクライナ) ○-× M・キウディネッリ(スイス), 6-4, 6-3, 6-3
M・ラッセル(アメリカ) ○-× P・リバ(スペイン), 6-3, 7-6 (7-1), 2-6, 7-6 (7-1)
J・シャーディ(フランス) ○-× D・ヒメノ=トラバー(スペイン), 6-3, 6-3, 6-1
L・クボット(ポーランド) ○-× B・カブチッチ(スロベニア), 4-6, 6-2, 6-2, 6-3

前日に引き続きこの日のシード勢の敗退が相次いでおり、第8シードのベルダスコ、第14シードのフェレーロ、そして第19シードのアルマグロらスペイン勢の敗退が目立った1日となった。

今大会の優勝賞金は100万ユーロ、日本円で約1億1200万円。

(2010年6月23日9時03分)
ウインザーラケットショップ

>>動画をもっと見る<<




テニスの総合ポータルサイトテニス365
テニスのことならテニス365へ。テニスの総合ポータルサイトテニス365はテニス用品の通販やテニスニュースからテニスコート、テニススクールなどのテニス施設を探す方まで、便利なテニスの総合ポータルサイト、テニス情報の検索サイトです。プレイスタイルやテニス歴など、テニス用品を様々な角度から探すこともできます。テニスの総合ポータルサイトをお探しなら、テニスニュースやテニス施設の情報が豊富なテニスの総合ポータルサイトのテニス365をお使いください。テニスの総合ポータルサイトのテニス365であなたのテニスをもっと楽しく!