「戦争支持しない」世界2位ベラルーシ選手が強く主張

ゲッティイメージズ
サバレンカ
画像提供:ゲッティイメージズ

テニスの全仏オープン(フランス/パリ、レッドクレー、グランドスラム)は28日に女子シングルス1回戦が行われ、第2シードのA・サバレンカが世界ランク39位のM・コスチュク(ウクライナ)を6-3, 6-2のストレートで破り、5年連続の初戦突破を果たした。ベラルーシ国籍のサバレンカは試合後の記者会見で「戦争を支持していない」と強い口調で述べた。

>>【動画】試合前に写真撮影が行われなかったシーン<<

>>サバレンカ、日比野ら全仏オープン組合わせ<<

ベラルーシ国籍のサバレンカとウクライナ国籍のコスチュクによるセンターコート「フィリップ・シャトリエ」のオープニングマッチとして行われたこの試合は、試合前に通常行われる写真撮影をすることなく、張り詰めた空気の中でスタートした。

この試合の第1セット、第5ゲームでサバレンカはコスチュクにブレークを許したものの、第6ゲームから4ゲームを連取し先行する。

続く第2セット、ファーストサービス時に74パーセントの確率でポイントを獲得したサバレンカは順調にキープを重ね、リターンゲームでは2度のブレークに成功。最後はフォアハンドのウィナーを決め、1時間11分で5年連続の初戦突破を果たした。試合後に両者が握手を交わすことはなかった。

勝利したサバレンカは2回戦で予選から出場している世界ランク214位のⅠ・シマノビッチと対戦する。シマノビッチは1回戦で同97位のP・ウダディ(ハンガリー)を逆転で下しての勝ち上がり。

試合後の記者会見でサバレンカは「戦争を支持していない」と強い口調で述べた。

「戦争については何度も何度も言っているように、ロシアのアスリートもベラルーシのアスリートも含め、この世界では誰も戦争を支持していない。誰1人として。戦争を支持できるわけがない。普通の人は絶対に誰も支持しない。なぜ私たちは大声でそのようなことを言わなければならないのでしょう。これは1+1=2みたいなものよ」

「もちろん私たちは戦争を支持していない。もしそれ(発言すること)が少しでも戦争に影響を与えることができるのであれば、あるいは戦争を止めることができるのであれば、私たちはこれを実行するでしょう。しかし残念ながら、戦争は私たちの手には負えない。これがウクライナに関する私の意見」

当然のように戦争には反対しているがどうすることもできないという想いが強く表れた会見となった。

[PR]5/28(日)~6/11(日)全仏オープンテニス WOWOWで連日生放送!
WOWOWオンデマンドでは大会第1日~第3日を無料配信!


■放送&配信スケジュールはこちら>





■関連ニュース

・勝利で大喜び→ミスジャッジで取消しに
・全仏OP賞金総額が大幅アップ
・【発表全文】ナダル全仏欠場&引退意向

■おすすめコンテンツ

・テニス体験レッスン受付中
・無料ドロー作成ツール
・世界ランキング

(2023年5月28日22時30分)
テニスショップ

  今週の売れ筋ランキング


次へ 次へ

【1】NEWERA 9THIRTY   【2】NEWERA 9THIRTY


次へ 次へ

【3】diadora ゲームシャツ   【4】diadora ショーツ


次へ 次へ

【5】NEWERA 長袖TEE   【6】diadora ビーアイコン


>>   テニスショップを見る

ディアドラキャンペーン

その他のニュース