大逆転で優勝「諦めなかった」

ゲッティイメージズ
アネット・コンタベイト
画像提供:ゲッティイメージズ

女子テニスのVTBクレムリン・カップ(ロシア/モスクワ、室内ハード、WTA500)は24日、シングルス決勝が行われ、第9シードのA・コンタベイト(エストニア)が世界ランク33位のE・アレクサンドロワ(ロシア)を4-6,6-4, 7-5の逆転で破り、今季3勝目を飾った。

>>西岡vsキツマノビッチ 1ポイント速報<<

>>【YouTube】近畿大学に潜入、強さの秘密とは?! 松田龍樹や田口涼太郎らに独占インタビュー<<

第1セット、コンタベイトはリターンゲームで1度もブレークチャンスを握れずに先行される。第2セットでは第1ゲームから4ゲームを連取されるも、そこから怒涛の6ゲームを取りセットカウント1-1に追いつく。ファイナルセットではお互いにキープが続いたが、コンタベイトが第10ゲームから3ゲーム連取して2時間22分で勝利した。

女子テニス協会のWTAは公式サイトにコンタベイトのコメントを掲載し「(第2セットで)0-4になったとき、彼女(アレクサンドロワ)はライン上にボールを打ち込んできて、素晴らしいテニスをしていた。私はただ可能な限りこの状況を変えようとし、決して諦めなかった。すべてのポイントを全力で戦ったわ。もし4-6、2-6で負けていたとしても、出来る限りのことはやったと思うだろう」と語った。

「このような瞬間が訪れたとき、私はプロセスのことだけを考え、スコアのことはあまり気にしないようにしているけど、これはもちろん難しいこと。自分のやるべきことを考え、プレーに集中することが大切だと思う」

コンタベイトは8月のテニス・イン・ザ・ランド(アメリカ/クリーブランド、ハード、WTA250)と9月のJ&T バンカ・オストラバ・オープン(チェコ/オストラバ、ハード、WTA500)に次ぐ優勝となった。

一方、敗れたアレクサンドロワは今季初優勝とはならなかった。

[PR]男子テニスATPツアー500 ウィーン
10/25(月)~10/31(日)

男子テニスATPツアー マスターズ1000 パリ
11/1(月)~11/7(日)

WOWOWオンデマンドで配信!

■放送&配信スケジュールはこちら>



■関連ニュース

・キリオス 手術の西岡へエール
・西岡「壁乗り越えられた」
・西岡 ツォンガ撃破「大きな経験」

■おすすめコンテンツ

・テニス体験レッスン受付中
・無料ドロー作成ツール
・世界ランキング

(2021年10月25日14時06分)
その他のニュース
もっと見る(+5件)