酷暑の五輪 メド「問題ない」

ゲッティ イメージズ
ベスト8進出を果たしたメドベージェフ
画像提供:ゲッティ イメージズ

東京オリンピック(日本/東京、有明テニスの森、ハード)は28日、男子シングルス3回戦が行われ、第2シードのD・メドベージェフ(ロシア)が第15シードのF・フォニーニ(イタリア)を6-2, 3-6, 6-2のフルセットで破り、ベスト8進出を果たした。

>>錦織vsジョコビッチ 1ポイント速報<<

>>錦織ら東京オリンピック対戦表<<

国際テニス連盟のITFは公式サイトでメドベージェフのコメントを掲載した。

酷暑の中で行われたこの試合、メディカルタイムアウトを要求するなどしたメドベージェフは「全く問題はない。最後(メディカルタイムアウトは)は、けいれんだった。明日は別の話しだし、影響はない」と語った。

準々決勝では第6シードのP・カレノ=ブスタ(スペイン)と対戦する。カレノ=ブスタは3回戦で世界ランク59位のD・ケプファー(ドイツ)を下しての勝ち上がり。

メドベージェフは「明日は、よりいい状態になるようにトレーナーとこれらの問題について対処するつもり。もし明日も試合なら100パーセントの状態になれるようにベストを尽くすまで」と意気込みを見せた。

「ミックスダブルスへのエントリーも考えた。メダルを獲る絶好のチャンス。2試合に勝てばメダルをかけた戦いになる。でもE・ヴェスニナ(ロシア)A・カラツェフ(ロシア)が全仏オープンで決勝へ進んだから、1チームはそれでなくなった」

A・ルブレフ(ロシア)の方が自分よりミックスダブルスがうまい。彼(ルブレフ)はシングルスで負けてしまった。彼をミックスダブルスにエントリーさせるのは賢い選択。だから自分は落胆などしていない。もし必要だったら、出場していた」




■関連ニュース

・錦織との不平等にジョコ不満
・錦織「またコイツに負けた」
・大坂 なおみ、失格ジョコに言及

■おすすめコンテンツ

・テニス体験レッスン受付中
・無料ドロー作成ツール
・世界ランキング

(2021年7月28日19時54分)
その他のニュース
もっと見る(+5件)