国内最大

総合テニス専門サイト「テニス365」

tennis365.net

HOMEニュースTOP今日のニュース(一覧)今日のニュース(詳細)

【インタビュー】33歳で初Vシュトルフ

シュトルフ
シュトルフ
画像提供: ゲッティイメージズ
男子テニスのBMWオープン(ドイツ/ミュンヘン、クレー、ATP250)は21日、シングルス決勝が行われ、第4シードのJ・シュトルフ(ドイツ)が第3シードのT・フリッツ(アメリカ)を7-5, 6-3のストレートで破り、ツアー大会シングルスでキャリア初優勝を飾った。男子プロテニス協会のATPは公式サイトにシュトルフのロングインタビューを掲載した。

>>シナー、アルカラス、西岡 良仁、ダニエル 太郎らマドリッドOP組合せ<<

>>大坂 なおみ、日比野 菜緒、シフィオンテクらマドリッドOP組合せ<<

25日には34歳を迎えるシュトルフは今大会、初戦の2回戦でB・ファン・デ・ザンスフルプ(オランダ)、準々決勝で第5シードのF・オジェ アリアシム(カナダ)、準決勝で第2シードのH・ルーネ(デンマーク)を下し決勝に進出。そして決勝ではフリッツを下し、シングルスでツアー初優勝を飾った。

また、33歳11ヵ月でのツアー初優勝は史上3番目の年長記録となった。

Q. ATPツアー初優勝の意味は?

「とても大きな意味がある。僕は33歳だけど本当に信じられない気持ちだ。とても嬉しいのと同時に、ついに初タイトルを獲得できて胸のつかえがとれたよ」

Q. 33歳で最高のテニスをしていることについて

「僕はまだ仕事を続けていて、決して諦めないことを示しているので、とても幸せだよ。33歳になってもいいテニスができるのは、チーム、フィットネスコーチ、フィジオのおかげで、テニスのコーチたちと同じく多大な努力をしてもらっていることに感謝している」

Q. 母国で偉業を達成したことについて

「まず第一にタイトルを獲得し、それをドイツで達成できたのはとても特別なことだ。(決勝に進出し準優勝だった)2021年のこの大会は観客がいなかった。昨年のシュトゥットガルトは、ティアフォーとの第3セットタイブレークの信じられないような戦いだった。だからこれは僕にとってとても特別なことだよ」

Q. あなたのキャリアにおいて、重要な存在は?

「まず第一に、僕の両親は両方ともテニスコーチだ。僕が幼い頃、彼らは僕をテニスに連れて行ってくれた。信じられない気持ちだよ。シングルスの後はあまり時間がなかったから、まだ話してないんだ。(チームの)カールステン、マーヴィン、ウーヴェ、彼らも僕と一緒に一生懸命働いてくれたし、僕の昔のコーチや家族も感謝しているよ」

Q. コート上で両親から学んだことは?

「彼らは常に、楽しんで、一生懸命努力し、決して諦めるなと言っていた。両親は僕にそれほどプレッシャーをかけなかった。彼らは『やるなら本気でやりなさい』とだけ言ってくれたよ」

Q. 憧れはP・サンプラス(アメリカ)だそうですが、影響を受けたことは?

「彼はサーブ&ボレーをたくさんしていた。僕もこのプレーが好きなんだ。彼は非常に攻撃的なゲームスタイルを持っていた。僕が彼を(憧れに)選んだのは、父が彼を大好きだったからで、当時まだハノーファーでATPファイナルズが開催されていた頃、実際に彼のプレーを観たからだ。彼はただ尊敬すべき偉大なテニス選手だった」

Q. 怪我など苦しい時間を乗り越え学んだことは?

「僕はまだ努力しなければならない。そして決して諦めなければ、夢に到達することは可能だ。これはとても重要な教訓であり鍵なんだ。そして、自分の周りにいる人たちを信頼すること。僕を助けてくれた医師たち、特にフィットネスコーチと理学療法士に対しては100パーセントの信頼を置いている。彼らは常に僕のために寄り添い、僕が健康になるために一生懸命働いてくれた」

Q. テニス以外の趣味は?

「サッカーだよ。ボルシア・ドルトムントの試合があるんだ。スコアを見ていないので、すぐに確認しなきゃ!」

「あとはテレビ番組を見るのも好きだね。サッカーなどスポーツ全般好きで、大ファンだ。他のスポーツイベントを見るのも好きだよ。それとコーヒー!」

Q. この節目の瞬間をどうお祝いするか

「今は少し時間がある。どうするかな。家族はもうすぐ出発してしまう。少し会って、ランチに行ったり、簡単な夕食を食べたり、明日はおいしい朝食を食べたりするかもしれない。分からないよ」

「テニスはとても早く、すぐに次の試合がある。このことを実感するのには少し時間が必要だろう。だから僕は少しの間、今をただ楽しんで、それからまた集中することにするよ」


【ディアドラ】3年ぶり日本再上陸
■公式ストアで最新シューズ&ウエア発売中>


■関連ニュース

・大坂 なおみ以来の珍記録
・錦織 圭 5月上旬大会に出場へ
・最高の選手は3人「おそらく私と…」

■おすすめコンテンツ

・テニス体験レッスン受付中
・無料ドロー作成ツール
・世界ランキング
(2024年4月23日17時53分)

その他のニュース

6月15日

デミノー、ラオニッチに快勝で4強 (12時56分)

大坂なおみ 次戦は17日開幕の独大会 (11時42分)

大坂撃破「本当に勝ちたかった」 (10時39分)

世界15位ルーネ、ジャパンOP出場へ (9時34分)

大坂なおみ 元世界4位に屈し4強ならず (2時59分)

6月14日

【1ポイント速報】大坂なおみvsアンドレースク (22時00分)

ナダル 7月クレーに19年ぶり出場 (17時31分)

ウィンブルドン賞金 10年で2倍に (16時24分)

フェデラー 特別上映会に出席 (14時09分)

世界400位が第1シード撃破の金星 (13時03分)

ベレッティーニ8強 シャポ撃破 (12時14分)

ラオニッチ 25本エースで8強 (11時26分)

ナダル ウィンブルドンを欠場 (10時17分)

6月13日

コレあの素材で出来てます テニスクラファン実施中 (18時55分)

錦織圭と大坂なおみ 五輪出場権獲得 (17時52分)

西岡良仁 2年ぶりトップ100陥落 (17時07分)

世界232位が元王者破る番狂わせ (15時58分)

ナダルとフェデラーに共通する価値観 (14時47分)

大坂と自身「似たようなキャリア」 (13時36分)

ナダルとアルカラス 五輪で複出場 (10時34分)

女王 ぶっつけ本番でウィンブルドンへ (9時09分)

大坂なおみ 芝のプレーに「自信」 (8時24分)

大坂なおみ 54分完勝で芝6年ぶり8強 (0時13分)

6月12日

【1ポイント速報】大坂なおみ リベマOP2回戦 (23時11分)

得意の芝で元世界6位が復帰 (16時18分)

元世界3位ラオニッチ 復帰戦の芝で快勝 (14時28分)

ズベレフ 疲労の蓄積で母国大会欠場 (12時39分)

柴原瑛菜 ラドゥカヌに屈し初戦敗退 (12時16分)

マレー 今季芝初戦で黒星 (11時37分)

島袋 ノリーにフルセットで敗れる (10時59分)

【動画】大坂なおみ撃破の瞬間!アンドレースクが熱戦制し4強 (0時00分)

←ニューストップへ
←前のページに戻る


テニスの総合ポータルサイトテニス365
テニスのことならテニス365へ。テニスの総合ポータルサイトテニス365はテニス用品の通販やテニスニュースからテニスコート、テニススクールなどのテニス施設を探す方まで、便利なテニスの総合ポータルサイト、テニス情報の検索サイトです。プレイスタイルやテニス歴など、テニス用品を様々な角度から探すこともできます。テニスの総合ポータルサイトをお探しなら、テニスニュースやテニス施設の情報が豊富なテニスの総合ポータルサイトのテニス365をお使いください。テニスの総合ポータルサイトのテニス365であなたのテニスをもっと楽しく!