国内最大

総合テニス専門サイト「テニス365」

tennis365.net

HOMEニュースTOP今日のニュース(一覧)今日のニュース(詳細)

全国選抜 武方駿哉と里菜央が優勝

全国選抜高校テニス大会
武方駿哉(柳川)、里菜央(相生学院)が優勝
画像提供: tennis365.net
高校テニス日本一の座をかけた大会、大正製薬リポビタン第45回全国選抜高校テニス大会(福岡/博多、博多の森テニス競技場、砂入り人工芝)は大会最終日の26日に男女個人戦(シングルス)の決勝が行われ、男子は武方駿哉(柳川)、女子は里菜央(相生学院)が優勝を飾った。

>>全国選抜高校テニス・男子団体組合せ<<

>>全国選抜高校テニス・女子団体組合せ<<

同大会は団体戦が21日から25日、個人戦が22日から26日にかけて開催され、25日に行われた団体戦決勝では男子は相生学院(兵庫)が4大会連続7度目、女子は四日市商(三重)が2年ぶり2度目の優勝を飾った。

個人戦には団体戦出場校のナンバー1登録選手の56名と都道府県別個人戦出場者48名の男女各104名が出場。団体戦に出場しているナンバー1選手は自校の団体戦が終了後から個人戦に出場するため、25日の団体戦決勝に出場した男女各2名の選手が最終日に登場した。

26日の午前9時から一斉に男女準決勝の4試合が行われ、男子は武方と山本夏生(相生学院)、女子は里と津田梨央(名経大市邨)が決勝に進出。

武方は山本に序盤から主導権を握られ、2-6, 2-5と崖っぷちに追い込まれる。山本が勝利を掴むかと思われたが、武方が持ち前の粘りのテニスで5ゲームを連取して1セットオールとする。ファイナルセットも山本がゲームカウント4-1とリードするも、武方は再び5ゲーム連取で逆転勝ちをおさめた。

女子決勝、ここまで圧倒的な内容で勝ち上がってきた昨年のインターハイチャンピオンの津田が持ち前のハードヒットで序盤から押し込むも、里がスライスを織り交ぜた緩急をつけたラリー戦に持ち込み、津田のミスを誘う。里は第1セットを7-5で先取すると第2セットも津田の反撃を封じて栄冠を掴んだ。

個人戦の決勝、準決勝の結果は以下の通り。

【男子個人戦】
■決勝 結果
山本夏生(相生学院)vs. 武方駿哉(柳川), 6-2, 5-7, 4-6

■準決勝 結果
山本夏生(相生学院)vs. 川上慶槇(大分舞鶴), 6-2, 6-3
武方駿哉(柳川)vs. 本山知苑(四日市工), 3-6, 6-3, 6-2

【女子個人戦】
■決勝 結果
里菜央(相生学院)vs. 津田梨央(名経大市邨), 7-5, 6-4

■準決勝 結果
林妃鞠(四日市商) vs. 里菜央(相生学院), 6-4, 2-6, 3-6
津田梨央(名経大市邨)vs. 上野梨咲(山陽女学園), 6-0, 6-0


準優勝・山本夏生(相生学院)[画像:tennis365.net]


準優勝・津田梨央(名経大市邨)[画像: tennis365.net]

20日に開会式が行われて幕開けした第45回全国選抜高校テニス大会は26日に全日程を終了した。




■関連ニュース

・全国選抜男子団体、相生学院が優勝
・全国選抜女子団体、四日市商が優勝
・第45回 全国選抜高校テニスが開幕

■おすすめコンテンツ

・テニス体験レッスン受付中
・無料ドロー作成ツール
・世界ランキング
(2023年3月26日18時43分)

その他のニュース

2月29日

「マレーが今年引退すると思わない」 (18時30分)

【告知】デミノーvsチチパス (17時59分)

西岡「身体の状態あまり良くない」 (17時32分)

清水悠太 第1シード撃破で8強 (16時34分)

チチパス、ツアー70度目の8強 (14時54分)

ATP サウジ政府系ファンドと提携 (14時32分)

負傷に苦しむ元世界6位 半年ぶり復帰へ (13時16分)

幾多のピンチ乗り越え逆転勝ち (12時24分)

43分圧勝劇で父の記録に並ぶ コルダが8強へ (11時24分)

西岡良仁 世界50位に完敗で8強逃す (10時27分)

【1ポイント速報】西岡良仁vsドレイパー (9時04分)

珍記録?9セット連続タイブレーク (9時00分)

メド逆転勝ち「緊張しすぎ」も8強 (8時09分)

元世界1位マレー 今夏での引退を示唆 (6時47分)

2月28日

島袋将 今季初CH8強ならず (21時51分)

ディアドラ 春夏アイテム第1弾が勢揃い (20時55分)

トップ10復帰へ チチパス初戦突破 (19時50分)

元1位を逆転で撃破「クレイジー」 (19時02分)

再タッグ後初戦で白星「いい感じ」 (18時05分)

3時間超え死闘制し2回戦へ (17時07分)

波乱 ズベレフが初戦敗退 (16時14分)

干物プレゼント!初中級~中級 混合ダブルス大会開催 (15時44分)

干物プレゼント!初級 混合ダブルス大会開催 (15時31分)

西岡良仁、深夜終了に見解 (15時00分)

ポルトガルテニスのパイオニアが引退 (13時42分)

イレギュラーに不満「プレー不可能」 (12時39分)

派手な雄叫びに激怒「黙ってろクソ野郎」 (11時14分)

躍進の18歳 6試合で4人トップ50撃破 (10時06分)

本玉真唯 予選突破も世界43位に完敗 (8時40分)

メド初戦突破、元世界6位新コーチ帯同 (7時45分)

【1ポイント速報】本玉真唯vsシニアコバ (6時55分)

2月27日

モンフィスにリベンジ成功、次戦マレー (22時56分)

予選勝者コボリがオジェ撃破 (22時04分)

ダニエル太郎「ベストは尽くした」 (19時00分)

通算2度目 トップ10撃破の金星 (18時03分)

西岡良仁「なんとか乗り切った」 (17時06分)

3時間死闘制し6連敗阻止 (16時37分)

30年前の父の記録目指し2回戦へ (15時25分)

西岡良仁 逆転勝ちで初戦突破 (14時36分)

【1ポイント速報】西岡良仁vsボルジェス (14時05分)

ダニエル太郎 デミノーに完敗で初戦敗退 (13時48分)

【1ポイント速報】ダニエル太郎vsデミノー (12時09分)

エース1本で15万円の寄付を表明 (11時03分)

2度のMP凌ぎ3度のタイブレーク制して初戦突破 (9時56分)

2年ぶり出場へ ナダルがIWで練習開始 (8時13分)

マレー 史上5人目の大台到達「悪くないね」 (7時18分)

2月26日

ジョコらテニス界から5名ノミネート (22時13分)

日本勢トップ日比野菜緒 順位9上げる (19時38分)

準V全豪OP以来の出場 ポイント防衛へ (18時22分)

ダニエル64位 西岡は82位へ (14時38分)

西岡良仁 アカプルコ本戦入りならず (13時17分)

【1ポイント速報】西岡良仁vsモウ (11時17分)

本玉真唯 予選勝ち抜き「WTA500」本戦へ (10時02分)

ツアー5勝目で「ATP500」初制覇 (8時28分)

1日3試合 5時間戦いツアー単複2冠達成 (7時32分)

【動画】チリOPのイレギュラーバウンド (0時00分)

【動画】相手のガッツポーズに激怒「黙ってろクソ野郎」 (0時00分)

←ニューストップへ
←前のページに戻る


テニスの総合ポータルサイトテニス365
テニスのことならテニス365へ。テニスの総合ポータルサイトテニス365はテニス用品の通販やテニスニュースからテニスコート、テニススクールなどのテニス施設を探す方まで、便利なテニスの総合ポータルサイト、テニス情報の検索サイトです。プレイスタイルやテニス歴など、テニス用品を様々な角度から探すこともできます。テニスの総合ポータルサイトをお探しなら、テニスニュースやテニス施設の情報が豊富なテニスの総合ポータルサイトのテニス365をお使いください。テニスの総合ポータルサイトのテニス365であなたのテニスをもっと楽しく!