国内最大

総合テニス専門サイト「テニス365」

tennis365

tennis365.net

HOMEニュースTOP今日のニュース(一覧)今日のニュース(詳細)

ナダル「全く怒ってない」

テニスのウィンブルドン(イギリス/ロンドン、芝、グランドスラム)は4日、男子シングルス2回戦が行われ、第3シードのR・ナダル(スペイン)が世界ランク43位のN・キリオス(オーストラリア)を6-3, 3-6, 7-6 (7-5), 7-6 (7-3)で下して3回戦進出を果たし、2010年以来9年ぶり3度目の優勝へ前進した。

>>錦織vsジョンソン 1ポイント速報<<

>>錦織らウィンブルドン対戦表<<

この日、ナダルはキリオスにアンダーサーブでエースを取られるなど苦戦。さらに第3セットではアプローチショットを打ちネットへ出ると、キリオスに強烈なショットを正面へ打たれ、場内は騒然とした。

試合後の会見で、ナダルは当時について「僕がどう思うか思わないかの問題ではない。重要なのは、僕らが試合をプレーしていることへの尊敬と、試合中のフェアなプレーの問題だ」と語った。

「あのようにボールを打ったら危ない。僕にとってではなく、線審や観客にとってだ。あのように打ったら、ボールがどこに飛ぶか分からない。彼(キリオス)が才能ある選手なのは知っているけど、僕もプロだ。あのようなボールを打ったら、どこにでもいってしまう。今回は僕に当たったからよかった。僕もプロの選手だから、どうよけるか分かっている」

「全く怒っていない。僕はテニスの試合がしたいというだけ。時々このように難しくなってしまう」

ナダルは今年2月のアビエルト・メキシコ・テルセル(メキシコ/アカプルコ、ハード、ATP500)2回戦でキリオスからマッチポイントを握ったが逆転負けを喫していた。この日は第2セットを落とすも3時間4分の熱戦を制し、キリオスに雪辱を果たした。

3回戦では、世界ランク72位のJW・ツォンガ(フランス)と対戦する。ツォンガは2回戦で、同77位のR・ベランキス(リトアニア)をストレートで下しての勝ち上がり。

同日の2回戦では第2シードのR・フェデラー(スイス)、第8シードの錦織圭らが3回戦へ駒を進めた。第9シードのJ・イズナー(アメリカ)、第13シードのM・チリッチ(クロアチア)らは2回戦で姿を消した。

「ウィンブルドンテニス」
歴史と伝統を誇るウィンブルドンテニス。グランドスラム通算20勝のフェデラー、昨年の覇者ジョコビッチがさらなる記録へ挑む。錦織圭の試合も連日生中継!

【放送予定】
7月1日(月)〜14日(日)WOWOWにて連日生中継※7月7日(日)除く[第1日無料放送]

■詳細・配信スケジュールはこちら>




■関連ニュース

・試合放棄キリオス「酷かった」
・フェデラー、キリオスを支持
・錦織に惜敗 主審へ激怒も謝罪

■おすすめコンテンツ

・錦織掲示板
・選手フォトギャラリー
・世界ランキング
・スコア速報
(2019年7月5日10時07分)

ウインザーラケットショップ

>>動画をもっと見る<<




テニスの総合ポータルサイトテニス365
テニスのことならテニス365へ。テニスの総合ポータルサイトテニス365はテニス用品の通販やテニスニュースからテニスコート、テニススクールなどのテニス施設を探す方まで、便利なテニスの総合ポータルサイト、テニス情報の検索サイトです。プレイスタイルやテニス歴など、テニス用品を様々な角度から探すこともできます。テニスの総合ポータルサイトをお探しなら、テニスニュースやテニス施設の情報が豊富なテニスの総合ポータルサイトのテニス365をお使いください。テニスの総合ポータルサイトのテニス365であなたのテニスをもっと楽しく!