- 国内最大の総合テニス専門サイト テニス365 - 錦織圭、フェデラー、ナダル、ジョコビッチなどテニスニュース満載。全豪オープン、ウィンブルドン、全仏オープン、全米オープンなどテニス大会特集も!

- 国内最大の総合テニス専門サイト -

HOMEニュースTOP今日のニュース(一覧)今日のニュース(詳細)

灼熱の全豪OP 新酷暑対策へ

テニスの全豪オープン(オーストラリア/メルボルン、ハード、グランドスラム)は27日に公式サイトで、さらなるエクストリーム・ヒート・ポリシー(酷暑対策ルール)が設定されると発表した。最先端の研究とテニス選手への暑さによるストレスが、どんな影響をおよぼすかテストした結果から決定された。

>>錦織らブリスベン国際 対戦表<<

>>錦織 初戦1ポイント速報<<

シドニー大学の人間工学実験室と協力し、オーストラリア・テニス協会医療スタッフによって行われたリサーチでは、全豪オープン・ヒート・ストレス・スケールの開発を導いた。

全豪オープン大会ディレクターのC・タイリー氏は、常に選手の状況をよくするための対策をチームと共に探していたと語った。

「全豪オープンで全ての選手の健康保護は、我々が最優先に考えていたことであり、何カ月にもわたるリサーチと検査の末、全豪オープン・ヒート・ストレス・スケールの開発に至った」

「全豪オープン・ヒート・ストレス・スケールは5段階に分かれ、それぞれの段階により具体的な提案が添えられている。1はプレーの状況を控えめにすることを示し、5は試合を中断させる。最新のルールのもと、男子シングルスにも10分間の休憩を初めて導入する」

「全豪オープン・ヒート・ストレス・スケールは、人間の体に高温が影響する最新の医学リサーチを活かしている。それには、安全にアスリートが耐えられる最上限の高温からのストレスや、その選手の発汗の度合いと体内温度なども含まれる」と語るのは全豪オープン医療部長のC・ブロデリック医師。

「そのスケールは、シニア、ジュニア、そして車いすそれぞれの選手の生理学上の違いからなり、同時に4つの気候要素からも成り立っている。気温、放射熱や日光の強さ、湿度、そして風速。それらは選手の体から熱を発散させる能力に影響を与える」

この4つの気候要素はメルボルン・パークの5つの場所でリアルタイムに正確な数値を計測する。この計測からはこれまで以上の情報を提供してくれる。

<2019年のエクストリーム・ヒート・ポリシーについて>

大会レフリーは、全豪オープン・ヒート・ストレス・スケールが試合前や第1・第2セットの途中で4を記録した場合、女子シングルスとジュニア・シングルスにおいて、第2セットと第3セットの間に10分間の休憩、車いすシングルスでは15分間の休憩を認めることができる。

男子シングルスでは試合前や第1セットから第3セットまでに全豪オープン・ヒート・ストレス・スケールで4を記録すると、第3セット後に10分間の休憩が許される。

もし全豪オープン・ヒート・ストレス・スケールで5を記録したら、大会レフリーは野外コートの試合を中止、試合中の全ての試合でそのセットのゲーム数が偶数になった時点で中断するか、タイブレークは終わらせてから中断する。

エクストリーム・ヒート・ポリシーが適応されている状況で、大会レフリーが残りの試合やその後の試合のために屋根を閉じる決断を下した場合、ロッド・レーバー・アリーナ、マーガレット・コート・アリーナ、そしてメルボルン・アリーナの試合はそのセットのゲーム数が偶数になった時点かタイブレークを終了した時点で一時中断する。

「全豪オープンテニス」
2019シーズン最初のグランドスラムとなる全豪オープンテニス。全米女王に輝いた大坂なおみ、そして錦織圭が頂点を目指す!現地の感動と興奮を生中継でお伝えする!

【放送予定】
2019年1月14日(月・祝)〜27日(日)連日生中継[第1日無料放送]
■詳細・放送スケジュールはこちら>




■ 関連ニュース

・錦織 酷暑「ルールあっても無理」
・ジョコ 酷暑ルール「最高」
・灼熱の全豪 どのくらいの暑さ?

■おすすめコンテンツ

・錦織掲示板
・選手フォトギャラリー
・世界ランキング
・スコア速報
(2018年12月30日12時11分)

オススメ記事
その他のニュース

6月16日

チチパス 初戦は世界29位と (18時34分)

地元V狙い決勝へ「うれしい」 (17時31分)

日比野 ストレート負けで4強逃す (16時47分)

今季2度目Vへ「ベスト尽くす」 (15時29分)

添田豪、快勝でCH4強へ (14時01分)

マレー 復帰戦のドロー決定 (12時04分)

フェデラー 初戦は世界56位に (10時55分)

棄権ラオニッチ「申し訳ない」 (10時05分)

6月15日

大坂らバーミンガム組み合わせ (21時41分)

アンダーソンら芝前哨戦出場一覧 (18時30分)

サーフェス変更も逆転勝ち (18時08分)

内山靖崇「残念」CH4強ならず (17時39分)

チョリッチMPしのぎ逆転4強 (16時58分)

ベルテンス 2試合制し4強 (15時52分)

添田豪 11本エースでCH8強 (14時51分)

MPしのぎ4強入り 激闘制す (13時51分)

フェデラーら レーバー杯参戦 (12時02分)

快勝ラオニッチ「良かった」 (11時22分)

ガスケ 1日2試合制し4強へ (10時52分)

6月14日

錦織に続きティームもハレ欠場 (20時09分)

好調ガリン 今季4度目8強 (19時10分)

モンフィス 激闘の末に敗れる (18時01分)

ズべレフ撃破 復活の兆し (17時09分)

完勝「全てがうまくいった」 (15時00分)

ハチャノフ 完敗で初戦敗退 (13時35分)

ズべレフ 今季初の芝は黒星 (12時02分)

チチパス 風に苦戦で初戦敗退 (11時29分)

錦織 ハレ大会を欠場 (10時33分)

6月13日

クヴィトバ けが癒えず欠場 (19時11分)

マクドナルド 手術成功を報告 (18時45分)

デ ミノー初戦突破で8強へ (16時48分)

ラオニッチ 激闘制し8強入り (13時19分)

サーフェス変更もシード撃破 (12時04分)

圧巻29秒キープも初戦敗退 (11時12分)

マレー、シングルス復帰へ希望 (10時44分)

マレー 復帰へ向け会場で練習 (7時35分)

←ニューストップへ
←前のページに戻る



テニスの総合ポータルサイトテニス365
テニスのことならテニス365へ。テニスの総合ポータルサイトテニス365はテニス用品の通販やテニスニュースからテニスコート、テニススクールなどのテニス施設を探す方まで、便利なテニスの総合ポータルサイト、テニス情報の検索サイトです。プレイスタイルやテニス歴など、テニス用品を様々な角度から探すこともできます。テニスの総合ポータルサイトをお探しなら、テニスニュースやテニス施設の情報が豊富なテニスの総合ポータルサイトのテニス365をお使いください。テニスの総合ポータルサイトのテニス365であなたのテニスをもっと楽しく!