- 国内最大の総合テニス専門サイト テニス365 - 錦織圭、フェデラー、ナダル、ジョコビッチなどテニスニュース満載。全豪オープン、ウィンブルドン、全仏オープン、全米オープンなどテニス大会特集も!

- 国内最大の総合テニス専門サイト -

HOMEニュースTOP今日のニュース(一覧)今日のニュース(詳細)

錦織 ブレーク後のキープ率上昇

錦織圭
世界ランク9位の錦織
画像提供: ゲッティ イメージズ
男子テニス協会のATP公式サイトは20日、世界ランク9位の錦織圭がランキングトップ10選手の中で2018年1番に輝いたデータがあることを報告した。

ATPが算出した2018年の統計によると、錦織は相手のサービスゲームをブレークした直後の自身のサービスゲームのキープ率が高まり、10選手の中でトップに立っていることが分かった。

錦織がサービスゲームをキープする確率は81.4%(784ゲーム中638ゲーム)と、トップ10の中で最も低いものだった。しかし、そのキープ率はブレークした直後に、5.9ポイント上昇して87.3%まで上昇する。この上昇率は他のどの選手にも見られなかった。

トップ10選手の中で8選手はブレークのあとのキープ率を上昇させたが、R・フェデラー(スイス)K・アンダーソン(南アフリカ)だけがシーズンを通した平均よりブレークした直後のキープ率を上げられていなかった。

今シーズンを通してのキープ率よりブレーク直後のキープ率が高かった2番目の選手がA・ズベレフ(ドイツ)で、3.6ポイントの上昇だった。ズベレフは先月、自身のテニス人生で最大のタイトルとなるNitto ATPファイナルズ(イギリス/ロンドン、室内ハード)で優勝を飾った。O2アリーナでの試合では、ブレークした直後の8ゲーム中7ゲームをキープする88%の確率だった。

世界ランク1位のジョコビッチは3.3ポイントの上昇率で3位だった。今シーズンのN・ジョコビッチ(セルビア)の最後の優勝は、ロレックス・上海マスターズ(中国/上海、ハード、ATP1000)で、その大会ではブレーク直後のキープ率が13ゲーム中13ゲームと100%だった。

以下は2018年シーズンの平均のキープ率とブレークした直後のキープ率

[左からATPランキング、選手名、ブレーク直後のキープ率、平均のキープ率、その差]

9位、錦織圭、87.3%、81.4%、5.9ポイント

4位、A・ズベレフ、86.5%、82.9%、3.6ポイント

1位、N・ジョコビッチ、90.5%、87.2%、3.3ポイント

2位、R・ナダル(スペイン)、89.6%、86.4%、3.2ポイント

8位、D・ティーム(オーストリア)、88.1%、85.2%、2.9ポイント

10位、J・イズナー(アメリカ)、96.0%、93.6%、2.4ポイント

7位、M・チリッチ(クロアチア)、89.1%、87.0%、2.1ポイント

5位、J・M・デル=ポトロ(アルゼンチン)、87.9%、87.6%、0.3ポイント

3位、R・フェデラー、88.6%、91.1%、-2.5ポイント

6位、K・アンダーソン、82.4%、89.1%、-6.7ポイント

「新シーズン開幕へ!錦織圭・大坂なおみ 勝負の年」
開幕直前のテニス2019年シーズンを松岡修造がプレゼン!錦織圭、大坂なおみらの活躍が期待される新シーズンの見どころを一挙紹介する。

【放送予定】
12月22日(土)午後3:50
■詳細・放送スケジュールはこちら>




■ 関連ニュース

・錦織らハワイOP組み合わせ
・錦織 ハワイ到着、22日初戦へ
・錦織のショット 大会ベスト候補に

■おすすめコンテンツ

・錦織掲示板
・選手フォトギャラリー
・世界ランキング
・スコア速報
(2018年12月21日12時35分)

オススメ記事
その他のニュース

6月17日

「今は続けたい」とマレー (19時08分)

錦織7位 17日付日本勢ランク (17時22分)

ガルシア 1日2試合を制し初V (16時24分)

「感謝」7度目挑戦で悲願の初V (14時54分)

添田豪 CH決勝進出ならず (13時46分)

大坂 1位キープで次戦へ (11時52分)

チリッチ 芝へ向けコーチ招へい (10時55分)

快勝で今季2度目V 「満足」 (10時07分)

錦織7位 6/17世界ランク (8時19分)

6月16日

チチパス 初戦は世界29位と (18時34分)

地元V狙い決勝へ「うれしい」 (17時31分)

日比野 ストレート負けで4強逃す (16時47分)

今季2度目Vへ「ベスト尽くす」 (15時29分)

添田豪、快勝でCH4強へ (14時01分)

マレー 復帰戦のドロー決定 (12時04分)

フェデラー 初戦は世界56位に (10時55分)

棄権ラオニッチ「申し訳ない」 (10時05分)

6月15日

大坂らバーミンガム組み合わせ (21時41分)

アンダーソンら芝前哨戦出場一覧 (18時30分)

サーフェス変更も逆転勝ち (18時08分)

内山靖崇「残念」CH4強ならず (17時39分)

チョリッチMPしのぎ逆転4強 (16時58分)

ベルテンス 2試合制し4強 (15時52分)

添田豪 11本エースでCH8強 (14時51分)

MPしのぎ4強入り 激闘制す (13時51分)

フェデラーら レーバー杯参戦 (12時02分)

快勝ラオニッチ「良かった」 (11時22分)

ガスケ 1日2試合制し4強へ (10時52分)

6月14日

錦織に続きティームもハレ欠場 (20時09分)

好調ガリン 今季4度目8強 (19時10分)

モンフィス 激闘の末に敗れる (18時01分)

ズべレフ撃破 復活の兆し (17時09分)

完勝「全てがうまくいった」 (15時00分)

ハチャノフ 完敗で初戦敗退 (13時35分)

ズべレフ 今季初の芝は黒星 (12時02分)

チチパス 風に苦戦で初戦敗退 (11時29分)

錦織 ハレ大会を欠場 (10時33分)

←ニューストップへ
←前のページに戻る



テニスの総合ポータルサイトテニス365
テニスのことならテニス365へ。テニスの総合ポータルサイトテニス365はテニス用品の通販やテニスニュースからテニスコート、テニススクールなどのテニス施設を探す方まで、便利なテニスの総合ポータルサイト、テニス情報の検索サイトです。プレイスタイルやテニス歴など、テニス用品を様々な角度から探すこともできます。テニスの総合ポータルサイトをお探しなら、テニスニュースやテニス施設の情報が豊富なテニスの総合ポータルサイトのテニス365をお使いください。テニスの総合ポータルサイトのテニス365であなたのテニスをもっと楽しく!