- 国内最大の総合テニス専門サイト テニス365 - 錦織圭、フェデラー、ナダル、ジョコビッチなどテニスニュース満載。全豪オープン、ウィンブルドン、全仏オープン、全米オープンなどテニス大会特集も!

- 国内最大の総合テニス専門サイト -

HOMEニュースTOP今日のニュース(一覧)今日のニュース(詳細)

秀明八千代と相生学院が頂点に

インターハイ
秀明八千代(上)と相生学院(下)
画像提供: tennis365.net
高校日本一の座を決めるインターハイ(平成30年度全国高等学校総合体育大会)は4日に団体の準決勝と決勝が行われ、男子は秀明八千代 (千葉) 、女子は相生学院(兵庫)が頂点に立った。

>>インハイ男子シングルス対戦表<<

>>インハイ女子シングルス対戦表<<

>>錦織らロジャーズ杯対戦表<<

>>錦織vsハーセ 1ポイント速報<<

この日、秀明八千代は準決勝で鈴木陸翔/ 加藤潤組のダブルスを落とすも、白石光と坂川広樹がシングルスでともにストレート勝ちをおさめ、昨年に続き決勝進出を果たした。

決勝では、名古屋(愛知)を2−1で振り切った早稲田実(東京)と激突。

鈴木/ 加藤組は藤岡凌大/ 増田健吾組にストレート負けを喫したが、坂川が渡部将伍に快勝してシングルス2を制し、望みをつなげた。

優勝がかかるシングルス1は白石が第1セットを先取するも、第2セットは丹下将太にリードを許す展開に。ここから粘り強いプレーで白石がエース対決を制し、秀明八千代の初優勝が決まった。

男子団体の準決勝と決勝の結果は以下の通り。

<準決勝>

秀明八千代(千葉) 2-1 大分舞鶴(大分)

[シングルス1]
白石光 6-4, 7-5 田口涼太郎

[シングルス2]
坂川広樹 6-3, 6-4 河内健

[ダブルス]
鈴木陸翔/ 加藤潤 1-6, 4-6 井上隆也/ 稲田康太郎


早稲田実(東京) 2-1 名古屋(愛知)

[シングルス1]
渡部将伍 6-2, 6-3 高羽蓮

[シングルス2]
藤岡凌大 2-6, 2-6 石榑元晴

[ダブルス]
丹下将太/ 増田健吾 6-2, 6-3 鈴木悠太/ 宮本貫太郎


<決勝>

秀明八千代(千葉) 2-1 早稲田実(東京)

[シングルス1]
白石光 7-5, 7-6 (7-2) 丹下将太

[シングルス2]
坂川広樹 6-2, 6-2 渡部将伍

[ダブルス]
鈴木陸翔/ 加藤潤 1-6, 4-6 藤岡凌大/ 増田健吾



準優勝:早稲田実(東京)



3位:大分舞鶴(大分)



3位:名古屋(愛知)



一方、女子決勝は相生学院(兵庫)が2度目の優勝を飾った。シングルス2の中島美夢が1勝目をあげて優勝に王手をかけると、伊藤さつきが押川千夏とのエース対決をストレートで制し、インターハイ制覇を決めた。

女子団体の準決勝と決勝の結果は以下の通り。

<準決勝>

相生学院(兵庫) 2-1 愛知啓成(愛知)

[シングルス1]
伊藤さつき 1-6, 3-6 阿部宏美

[シングルス2]
木本海夢夏 6-0, 6-1 浅野汐香

[ダブルス]
田中菜冴美/ 古賀麻尋 6-2, 4-6, 6-2 安井愛乃/ 日野有貴子


仁愛女子(福井) 2-0 野田学園(山口)

[シングルス1]
押川千夏 6-4, 6-1 倉橋奈摘

[シングルス2]
溝口英蘭 6-0, 6-0 宗和南波

[ダブルス]
吉田華菜子/ 吉田朋夏 打ち切り 南口亜美/ 山口みやび


<決勝>

相生学院(兵庫) 2-0 仁愛女子(福井)

[シングルス1]
伊藤さつき 6-2, 7-5 押川千夏

[シングルス2]
中島美夢 6-3, 6-2 溝口英蘭

[ダブルス]
田中菜冴美/ 古賀麻尋 打ち切り 吉田華菜子/ 吉田朋夏



準優勝:仁愛女子(福井)



3位:愛知啓成(愛知)



3位:野田学園(山口)


5日は男子シングルスと女子ダブルスの個人戦が行われる。

現在開催中の男子テニスATPワールドツアー500「ワシントンD.C.」をWOWOWメンバーズオンデマンドにて全日程無料配信!

【配信予定】
7月30日(月)〜8月5日(日)

■詳細・配信スケジュールはこちら>






■関連ニュース

・劇的勝利、白石光「紙一重」
・インハイ 秀明八千代が優勝
・インハイ 女子は相生学院がV

■おすすめコンテンツ

・錦織掲示板
・選手フォトギャラリー
・世界ランキング
・スコア速報
(2018年8月4日23時01分)

その他のニュース

10月14日

錦織とフェデラーが登場 (16時56分)

錦織 世界ランク9位へ後退 (15時00分)

スイトリナ 最終戦出場が確定 (14時50分)

マレー ヨーロピアンOP出場へ (14時26分)

杉田 ストックホルム本戦王手 (12時51分)

ズベレフ「彼は今、世界最高」 (10時54分)

大坂3位 10/14付の世界ランク (8時55分)

ガウフ初V「信じられない」 (7時23分)

10月13日

メドヴェデフ マスターズ2勝目 (23時17分)

メドヴェデフ 上海マスターズV (18時59分)

【1ポイント速報】メドヴェデフvsズベレフ (18時55分)

鉄人メドヴェデフ 次週も出場へ (15時31分)

ダルシスが引退計画を発表 (14時43分)

決勝へ「勢いを維持したい」 (13時30分)

快勝の15歳ガウフ 初Vに王手 (12時23分)

西岡良仁、初戦はアルボット (10時48分)

ズベレフ決勝へ「良い感じ」 (8時44分)

チチパス敗退「いい感触だった」 (7時04分)

10月12日

ズベレフ 上海マスターズ決勝へ (22時26分)

【1ポイント速報】準決勝2試合 (22時10分)

メドヴェデフ 6大会連続決勝へ (19時25分)

ケルバーとシャラポワが欠場 (16時00分)

15歳ガウフ、ベルテンス破り4強 (14時34分)

日比野/加藤組が決勝へ進出 (12時56分)

ティーム破りATP1000初4強 (11時29分)

4強へ「前だけを見ている」 (9時59分)

ジョコ撃破「難しかった」 (8時31分)

ジョコ「勝者にふさわしい」 (7時12分)

10月11日

フェデラー MPしのぐも敗退 (21時52分)

【1ポイント速報】フェデラーvsズべレフ (19時33分)

ジョコ撃破 チチパス最終戦確定 (18時29分)

王者ジョコ 準々決勝で姿消す (17時46分)

メドヴェデフ 初の4強進出 (15時33分)

フェデラーの相手はイズナー (13時15分)

フォニーニ「勝ててうれしい」 (12時18分)

立教ジュニアクリニック開催 (12時16分)

メドヴェデフ 序盤苦戦も8強 (8時50分)

ジョコ「いつも大きな挑戦」 (8時28分)

←ニューストップへ
←前のページに戻る
ウインザーラケットショップ



テニスの総合ポータルサイトテニス365
テニスのことならテニス365へ。テニスの総合ポータルサイトテニス365はテニス用品の通販やテニスニュースからテニスコート、テニススクールなどのテニス施設を探す方まで、便利なテニスの総合ポータルサイト、テニス情報の検索サイトです。プレイスタイルやテニス歴など、テニス用品を様々な角度から探すこともできます。テニスの総合ポータルサイトをお探しなら、テニスニュースやテニス施設の情報が豊富なテニスの総合ポータルサイトのテニス365をお使いください。テニスの総合ポータルサイトのテニス365であなたのテニスをもっと楽しく!